湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯科矯正で歯周病を改善できる?

歯周病を改善するための歯科矯正があります


歯科矯正は歯周病の改善として切り離せない方法です。

歯科矯正は、一般的に歯を正しい位置に戻したり、歯を健康に保ったりするための施術として取り入れられていますが、歯科矯正による噛み合わせや歯並び、歯周組織が正常の位置や状態になることによって歯周病を改善させることができます。

歯に加わる力も正常化し、周辺の組織との調和も取りやすくなります。

歯科矯正によって歯周病リスクも改善されます

歯科矯正というと、歯並びを矯正し美しく見せるための施術というイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。

あくまでも見た目を良くするための施術のように感じられますが、実際には歯周病対策として歯科矯正が取り入れられる場合もあります。

たとえば、歯周病を改善したいと悩んでいる方の口腔内を見ると歯と歯の間に隙間があったり、歯が傾いていたりとあまり歯並びが良くないケースもみられます。

この場合、歯周病の原因でもある歯垢(プラーク)が歯と歯の間に挟まっているにも関わらず、歯磨きをしても歯並びが悪いせいでうまく歯ブラシの毛先が入り込まず、歯周病につながってしまっている可能性が高いです。

ですから、歯周病の改善とともに歯科矯正によって歯並びを良くすることで、施術後は歯ブラシがしやすくなり歯周病の再発を予防することができます。

基本的に歯周病施術を行って歯周病菌を取り除いてから、歯周病施術と歯科矯正の同時進行に移っていきます。

歯周病対策はもちろん、歯並びも美しくなるのでどちらも悩んでいる方にはおすすめの施術だといえるでしょう。

歯科矯正で歯周病が悪化することがあります


歯周病の施術を行う場合、まずは口腔内をチェックして歯垢や歯石を取り除き、歯肉の炎症を抑えることから始めていきます。

必要であればすでに歯周病によって溶けてしまった骨や弱ってしまった歯肉の改善に努めます。

万が一、歯周病のリスクを持ったまま歯科矯正を行ってしまった場合、どうなってしまうのでしょう。

実は歯周病の施術をしないまま、歯科矯正を行ってしまうと、歯の周りの骨が溶けてしまい歯周病が悪化してしまう可能性があるのです。

歯周ポケットが深い状態のまま歯科矯正によって歯の位置を移動させてしまうと、さらに歯周ポケットが深くなってしまいます。

また、歯肉が弱っている状態で歯科矯正が行われると歯のぐらつきが見られるため、結果的に矯正器具を付けていても意味のない状態となってしまいます。

最悪の場合、歯が抜けてしまう可能性も考えられるので注意が必要です。

また、歯周病ですでに骨がなくなっている場合は、骨を再生させる施術を行ってから歯科矯正を行わなくてはなりません。

このように歯周病が悪化する可能性も秘めているので、歯科矯正は歯周病のリスクを抑えてから開始する必要があります。

歯周病ケアと同時に矯正をするなら、セラミック矯正がおすすめです

歯周病のリスクを抑えるためにも歯科矯正は同時に行っておく方がよいと言えます。

しかし、なかなか仕事や家事・子育てなどが忙しく、歯科矯正と歯周病を同時に行っていくことが難しいと懸念されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような方におすすめしたいのが、セラミック矯正という施術方法です。

セラミック矯正では歯並びを改善したい歯、またはその周辺の歯にセラミッククラウンという被せ物をすることで矯正することができる施術になります。

矯正施術というと矯正器具を取り付けて数年間保持し、メンテナンスを行わなくてはならないというイメージを持たれている方もいらっしゃるかと思います。

しかし、セラミック矯正の場合は早くて2ヶ月、長くても数ヶ月程度で矯正期間を終わらせることができるのです。

そのため、数年間頻繁に通うことはできないという方も短期間で満足できるでしょう。

また、セラミック矯正は歯周病の施術を同時並行で進められます。

歯周病をケアしながらセラミック矯正で歯並びを良くし、今後歯周病にならないための対策を行っていきましょう。

歯周病や矯正について悩んでいるという方は、専門医への無料カウンセリングなどを活用してみてはいかがでしょうか。

(まとめ)歯科矯正で歯周病を改善できる?

1.歯周病を改善するための歯科矯正があります

幼少期から歯が正しい位置にない場合は歯科矯正で歯を適切な位置に移動させる必要があります。

歯周病の度合いによっては、きちんと歯周炎がコントロールされている状態でなければ歯科矯正できない場合もあります。

2.歯科矯正によって歯周病リスクも改善されます

歯周病の原因が、歯並びの悪さによるものであるというケースもあるでしょう。

その場合は、歯周病施術と並行して歯科矯正を行うことで、歯並びの良さだけではなく歯周病改善後の再発リスクを防ぐことができると言えます。

3.歯科矯正で歯周病が悪化することがあります

軽度の歯周病は歯茎が腫れる程度ですが、重度になると歯を支える骨が溶けてなくなってしまう場合があります。

一度失われてしまった歯を元に戻すことはできないので、歯周病の度合いを見ながら歯科矯正することがおすすめです。

4.歯周病ケアと同時に矯正をするなら、セラミック矯正がおすすめです

歯周病のリスクを抑えるためにも歯科矯正を同時進行で行うべきですが、短時間で済ませたいという方にもおすすめなのがセラミック矯正です。

セラミック矯正と歯周病ケアの両方を行う場合は、専門医の無料カウンセリングなどを活用してみましょう。

445
Return Top