湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯茎痩せは歯科矯正で治せる?

歯科矯正で歯茎痩せは治ります


歯茎痩せの原因はさまざまなものがありますが、噛み合わせや歯並びの悪さによって痩せることもあるため、そのような原因なら歯科矯正が効果的です。

痩せた歯茎を放置すると歯が露出する面が広くなるので歯が長く見え、見た目を気にしたり、細菌が付きやすくなって虫歯や歯周病になるリスクも上がったりします。

歯の健康状態に影響が出てしまいやすいので、歯並びを良くして改善していきましょう。

歯茎痩せは噛み合わせの悪さも原因です

歯茎痩せは「歯肉退縮」と呼ばれており、年齢を重ねるごとに発現しやすく、子供が8%である一方、50歳以上はほとんどの人が発現しているとされています。

高齢者が発現しやすいことから加齢が原因と捉えられやすいですが、ほかにも間違ったブラッシングや口内ケアが不十分であること、タバコの喫煙で歯垢が溜まっていること、歯周病の放置などが挙げられます。

そして、噛み合わせ・歯並びの悪さも歯茎を痩せさせてしまう原因の1つです。

噛み合わせが悪いと一部の歯に強い力が加わり続けるため、その歯を支える歯茎に大きな負担をかけてしまいます。

その負担で炎症が起き、歯茎を痩せさせてしまうのです。

また、歯並びが悪いと歯磨きをしても汚れを除去しづらく、汚れや歯垢が溜まりやすくなるので歯茎痩せの原因につながります。

歯科矯正で噛み合わせや歯並びを良くすることで、歯や歯茎に過大な力をかけることなく、口内ケアも丁寧に行いやすくなるので歯茎痩せの改善や予防になります。

また、正しいケアができれば虫歯や歯周病などの口内トラブルも予防できるので、歯の健康を守ることにもつながるでしょう。

歯茎痩せの放置は危険です


歯茎が痩せると本来は露出することがない歯根の部分が見えてしまい、健康な歯と比べると長い歯に見えてしまいます。

歯と歯の隙間が広くなるので、食べものが挟まりやすくなり、食後に不快感が残りやすいでしょう。

ほかにもさまざまなリスクがあるのでご紹介します。

虫歯

歯冠は硬いエナメル質で覆われているので、虫歯を引き起こす虫歯菌の酸に強い傾向があります。

しかし、普段歯茎に守られている歯根は歯冠よりも弱いので、そこに虫歯が発症するリスクを高めるでしょう。

歯根が虫歯になった場合、内部まで進行すると抜歯が必要です。

知覚過敏

冷たいものを口に含んだ時、歯がしみるような痛みを感じたら知覚過敏が疑われます。

歯根には象牙質という部分はあり、ここは歯の神経につながる穴が無数にあるので、歯茎が痩せると象牙質が露出し、冷たい刺激が神経に届きやすくなってしまうのです。

放置すればブラッシングでも痛みやすくなり、ケアが不十分になるのでより悪化させる可能性があります。

歯周病

歯周病とは歯茎が腫れてしまう炎症です。

歯茎が痩せて下がると、その部分まで歯ブラシの先を届かせるのは困難です。

そのため、ブラッシングが不十分となり汚れや細菌が溜まり、歯茎の炎症を引き起こしやすくしてしまいます。

歯周病が悪化すると歯周ポケットが深くなるので、歯がぐらついてくる可能性もあります。

また、歯周病は歯茎痩せを悪化させる原因なので、放置をすると悪循環を生んでしまうので早めに改善しましょう。

このように歯茎痩せの放置は歯や口内の健康を脅かすので、放置せずに改善した方がよいと言えます。

歯茎痩せを防ぐためにはセラミック矯正などの矯正施術がおすすめです

歯茎痩せを防ぎ、口内環境を健康に保つためにも、歯科矯正で噛み合わせや歯並びを改善することは大切と言えます。

しかし、普段の生活が忙しく専門のクリニックへ通う時間が作れないという方や、人前に立つことが多く、矯正器具をつけることへ懸念があるという方もいらっしゃるでしょう。

そのような方にはセラミック矯正という施術の利用をおすすめします。

セラミック矯正とは、審美性の高い被せ物であるセラミッククラウンを使って歯並びを改善するという施術です。

矯正器具を装着する必要が無く、かつ施術期間が短いという点が魅力の施術で、短い期間で歯並びを治したいという方であればその要望を満たすことができます。

また、最終的な被せ物であるセラミッククラウンが完成するまでの期間も、審美性を意識した仮歯を装着するため、見た目が気になることはありません。

そのため、普段から人前に立つようなお仕事の方でも気軽に受診できる施術と言えるでしょう。

歯並びの矯正にはそのほかにもラミネートベニアやコンポジットレジンなどの施術が利用できます。

どういった施術が適切かは人によって異なるため、まずは専門医による無料カウンセリングなどを受診してみるのもよいでしょう。

(まとめ)歯茎痩せは歯科矯正で治せる?

1.歯科矯正で歯茎痩せは治ります

噛み合わせの悪さが歯茎を痩せさせる原因の1つなので、そのような原因に対しては歯科矯正で治すことができます。

歯茎痩せは見た目が気になるだけではなく、放置すると口内トラブルを引き起こしやすくなるので、歯並びを正すことで予防にこうかてきです。

2.歯茎痩せは噛み合わせの悪さも原因です

歯茎痩せの原因はさまざまですが、噛み合わせが悪いと余分な力が歯茎にかかってしまうことから痩せやすくなります。

また歯並びが悪いとより口内ケアが不十分で、それも歯茎痩せの原因になるので歯列矯正で整えることが改善や予防で大事なことです。

3.歯茎痩せの放置は危険です

歯茎が痩せるとエナメル質に守られていない歯根や歯の神経とつながる象牙質が露出するので、虫歯や視覚過敏のリスクを高めます。

さらに、下がった歯茎はブラッシングが不十分になりやすく、歯周病になるリスクもあるため、改善して歯の健康を守りましょう。

4.歯茎痩せを防ぐためにはセラミック矯正などの矯正施術がおすすめです

口内環境の改善を考えるのであれば、セラミック矯正などの歯科矯正の利用をおすすめします。

セラミック矯正は審美性が高く施術期間も短いため、見た目が気になるという方や施術期間に対して懸念があった方でも気軽に利用できる施術と言えます。

760
Return Top