歯科矯正はどんな手順で行われるの?

歯科矯正を受ける場合の手順は矯正についてのカウンセリングから始まります


歯科矯正は、事前にカウンセリングを受けて歯科矯正の種類やその特徴などの説明を聞いてから、まず現在の歯並びの状態を確認します。

その後、自分の希望と歯並びの状態に合う矯正方法を、医師とともに決定するという手順で行われるのです。

矯正方法の施術内容や矯正にかかる費用、期間などからどの矯正方法を行うかを決定したら、その矯正方法の流れに沿って歯科矯正を始めることになります。

歯科矯正は矯正前の準備、矯正、矯正後の保定という手順で行われます

歯科矯正はまず病院に相談するところからはじまります。

病院によっては初診時に無料カウンセリングを行っているので、無料で現在の歯並びの状態を確認して適した矯正方法について大体の内容や期間、費用など気になるところを説明してもらうことができる場合があります。

歯科矯正について詳しく確認をする場合には、X線撮影などを行う精密検査を受けてからになりますが、より正確に必要な矯正内容などを確認することも可能です。

歯科矯正の方法を決めて矯正を受けるときには、歯のクリーニングを行ってから歯科矯正の施術が始まります。

歯に矯正装置をつけたり被せものをしたりなど受ける矯正方法によって内容は異なりますが、数ヶ月から3年程かかる矯正期間には定期的な通院や段階を追った施術を受けながら矯正を行います。

装置をつける方法では矯正後にしっかりと定着させないと歯の位置が戻ってしまう可能性があるため、矯正後には保定装置の装着を数ヶ月から1年程装着し、歯が安定した時点で歯科矯正が完了です。

被せものをする矯正方法ではこの保定期間が不要なので、保定の必要な矯正よりも矯正完了までの期間が短くなるでしょう。

歯科矯正の種類によって矯正の手順が異なる場合があります


歯科矯正には矯正装置をつける方法と歯に被せものをする方法、外科的な施術を伴う矯正方法などがあります。

透明なマウスピースを装着するマウスピース矯正やブラケットを歯につけるブラケット矯正のような装置をつける矯正方法では、矯正期間はおよそ1年から3年かかるといわれます。

矯正期間中に定期的に通院をして徐々に移動する歯の位置に合わせた調整を行うことで、歯並びの改善が期待できるでしょう。

そしてこの矯正方法では歯並びの改善後に保定が必要になります。

セラミック矯正は歯並びに問題がある部分の歯を削ってから審美性の高いセラミッククラウンを被せて歯並びを矯正する方法で、ラミネートベニアは歯の表面をわずかに削ってから薄いセラミックのチップを、歯を削った上から貼りつける方法です。

歯の位置を動かす方法ではないため保定する期間が不要で、早ければ1ヶ月から3ヶ月で矯正が完了します。

また外科的な施術とは顎の骨格のバランスが悪いなど骨格から改善が必要な場合に適している施術で、術後には2週間程の期間入院をします。

歯並びの状態によっては外科的施術の術前や術後にも矯正を行って歯並びを整えることもあるでしょう。

歯並びの状態に合わせた歯科矯正を選んで歯並びを改善することができます

不正咬合(ふせいこうごう)といわれる悪い歯並びには主に歯がデコボコに生えている「叢生(そうせい)」や歯の間に隙間が空いている「空隙歯列(くうげきしれつ)」、上または下の歯が前に出ている上下の「前突(ぜんとつ)」などがあります。

叢生や前突の歯並びは、歯の大きさに比べて顎の隙間が足りないために生じる場合が多いので、装置を装着する矯正方法では歯を抜いて隙間を作ってから矯正を行います。

セラミック矯正では歯を抜く必要はありませんが、矯正する部分の歯を削ってから歯の大きさや向き、形など歯の噛み合わせに合わせて作られた被せものを被せて矯正していくのです。

空隙歯列の歯並びは、歯の大きさや向きなどを矯正できるセラミック矯正の施術で気になる隙間の部分の歯だけを矯正することで歯並びの改善が期待できます。

歯の隙間が小さい場合には、歯の横幅を少しずつ大きくすることが可能なラミネートベニアの施術で隙間を埋めることも可能です。

装置を使用する矯正方法では時間をかけて歯を移動し隙間をなくしますが、その後の保定までしっかりと時間をかけて行わないとまた後戻りする可能性があるので注意が必要です。

矯正の手順は矯正方法によっても異なるので、良く確認してから自分に適した歯科矯正を選ぶようにするといいでしょう。

(まとめ)歯科矯正はどんな手順で行われるの?

1.歯科矯正を受ける場合の手順は矯正についてのカウンセリングから始まります

歯科矯正は事前のカウンセリングや検査などから、まず現在の歯並びに適している矯正方法を確認します。

その後矯正の内容や費用、期間など自分の希望に合った矯正を選び、その矯正方法の流れに沿って行われるのです。

2.歯科矯正は矯正前の準備、矯正、矯正後の保定という手順で行われます

歯科矯正では最初にカウンセリングや精密検査を行ってから自分に合った矯正方法を決定します。

歯科矯正期間中は定期的な通院や施術で歯の矯正を行い、矯正完了後には保定期間が必要になる場合もあるでしょう。

3.歯科矯正の種類によって矯正の手順が異なる場合があります

歯科矯正には矯正装置をつけて数年かけて歯を少しずつ移動する方法と、歯を削って被せものをして歯並びを改善する方法があります。

そのほかにも、顎の骨格のバランスを整える、外科的な施術を伴う矯正方法などがあります。

4.歯並びの状態に合わせた歯科矯正を選んで歯並びを改善することができます

「叢生」や「前突」の歯並びには、主に歯を抜いてから装置を装着する矯正や、被せものを被せるセラミック矯正などでの改善が適しているといえるでしょう。

その他の歯並びも対応できる矯正方法ごとに手順まで確認してから希望に合う矯正方法を選ぶといいでしょう。

1110
Return Top