湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯科矯正にはどんな種類があるの?

歯科矯正の種類には、主に装置を装着する矯正と被せものをする矯正があります


歯科矯正と一言で言っても、実はさまざまな種類の施術があります。

たとえば、歯に矯正装置を装着し数年間かけて少しずつ歯を動かすマウスピース矯正にブラケット矯正などの矯正方法や、歯を削ってから削った歯の上に歯並びに合う大きさや形の被せものを被せて歯並びを矯正するセラミック矯正などの方法があります。

さらに、歯並びの悪さの原因が顎の骨格にある場合には、骨格のバランスを整えるための外科的な矯正方法が適しているでしょう。

歯科矯正には目立ちにくい矯正や短期間でできる矯正もあります

歯にブラケットをつけてワイヤーで歯を固定し少しずつ移動させて矯正する、従来のブラケット矯正は、矯正期間が2~3年程、費用はおよそ80万円以上かかる矯正方法です。

矯正装置が気になる場合には目立ちにくいように透明なブラケットやワイヤーを選ぶこともできます。

透明で見えにくいマウスピースを装着して、徐々に歯並びを矯正するマウスピース矯正はブラケット矯正よりも目立たない矯正方法です。

比較的軽度な歯並びの悪さを改善するときに適していて矯正期間は1年半から2年程、およそ80万円以上の費用がかかります。

矯正装置をつけないセラミック矯正はより目立ちにくく矯正期間の短い方法です。

歯並びが悪い部分の歯を削ってから、セラミッククラウンという丈夫で自然な色合いの陶器製の被せものを被せる方法がセラミック矯正です。

歯を削ったあとにはすぐに仮歯を入れるので、歯に装置をつける必要も歯が削られた不自然な状態のままになることもありません。

矯正にかかる期間は1~3ヶ月程度、費用は1本約7万円~が相場といえます。

セットバック法などの矯正方法が外科的な歯科矯正になります


顎の大きさとその顎に並ぶ歯の大きさのバランスが悪いときに歯並びが悪くなりやすいといえますが、歯並びが悪い原因が骨格にあった場合には外科的な矯正が必要になってくるでしょう。

通常上の前歯は下の歯に2mm程重なるといわれていますが、上下の歯の重なりが2mmではなく大きなズレが生じている場合には顎の大きさや位置がずれている顎変形症の可能性があります。

そのため病院で顎変形症と診断された場合には外科的な施術を伴う矯正を保険診療で行うことができるのです。

顎変形症では顎の骨格のズレにより出っ歯や受け口などの症状が多くみられますが、歯の噛み合わせに大きなズレがないようなときでも顎変形症の場合はあります。

顎変形症に適している外科的な矯正にはセットバック法などの矯正方法が挙げられるでしょう。

セットバック法は、大きすぎる顎の余分な骨を一部切除して後ろに下げることで、上下の顎のバランスを合わせる施術です。

この場合は、施術前矯正を1年半程行ってから外科的施術を受けて2週間程の入院ののち、術後の矯正を行うという流れになります。

費用は病院によりますが80万円~130万円程度といわれており、顎変形症と診断された場合には保険が適用になるので30万円~40万円程で矯正をすることができるようになります。

歯科矯正にはそれぞれメリットやデメリットがあります

歯科矯正のデメリットとして挙げられることが多いのが「矯正装置を長期間つけなければならない」「装置を装着していると痛みや違和感がある」という点です。

ブラケット矯正は歯に取り外すことのできないブラケットをつけて2、3年過ごす必要があるため、どうしても装置が気になるという方には難しいかもしれません。

また矯正装置をつけていると食べものが引っかかりやすく歯磨きがしにくいため、虫歯にかかりやすくなる、歯の並ぶスペースを空けるために歯を抜く必要があるという問題もあります。

ただしねじれた歯など複雑な歯並びの改善も可能というメリットがある矯正でもあります。

マウスピース矯正はブラケット矯正よりも見た目や装着時の違和感などが軽減されているのですが、比較的軽度の不正咬合(ふせいこうごう)の矯正しかできないというデメリットがあるのです。

セラミック矯正の場合は、セラミッククラウンを被せるために歯を削る工程が必要になります。
ただ、このように歯を削ってクラウンの土台を作ることで、どのような歯並びの場合でも対応ができるということや、クラウンの色合いを調整することができるというメリットもあります。

さらに装置を装着する必要がなく、矯正期間が2、3ヶ月という点も含めれば、メリットの多い矯正施術とも言えるでしょう。

このように、歯科矯正にはそれぞれメリットやデメリットがあります。

自分に合った施術を選択するためにも、専門医とカウンセリングなどで十分吟味するようにしましょう。

(まとめ)歯科矯正にはどんな種類があるの?

1.歯科矯正の種類には、主に装置を装着する矯正と被せものをする矯正があります

歯科矯正には歯に矯正装置を装着して少しずつ歯を動かす矯正方法や、歯に被せものをして歯の形や向きを改善して矯正する方法があります。

また顎の骨格に問題がある場合には外科的な矯正方法が適しているといえるでしょう。

2.歯科矯正には目立ちにくい矯正や短期間でできる矯正もあります

ブラケットとワイヤーで歯を矯正するブラケット矯正や、透明なマウスピースを装着するマウスピース矯正は1年~3年の期間に80万円以上の費用がかかります。

被せものをするセラミック矯正は数ヶ月で終了して1本7万円以上の費用がかかる矯正方法です。

3.セットバック法などの矯正方法が外科的な歯科矯正になります

顎の骨格に問題があるときには受け口や出っ歯などの症状がみられますが、セットバック法などの外科的施術で余分な骨を一部分切除することで顎のバランスを整えることができます。

顎変形症の場合には保険診療で矯正を受けられる場合もあります。

4.歯科矯正にはそれぞれメリットやデメリットがあります

歯科矯正の大きなデメリットは「矯正装置を長期間つけること」「装置で痛みや違和感が生じる」ことです。

マウスピース矯正は装置が目立たないが比較的経度な歯並びだけに適した方法で、セラミック矯正は装置が不要で矯正期間が短い施術です。

520
Return Top