歯科矯正で上下の噛み合わせのズレを改善できる?

歯科矯正では出っ歯や受け口などといった上下の噛み合わせのズレを改善することができます


上下の歯の噛み合わせがずれている場合には、いわゆる出っ歯と呼ばれている上顎前突や受け口と呼ばれる反対咬合などの噛み合わせが悪い不正咬合などがみられます。

また顎の大きさのバランスが悪い骨格性上顎前突や骨格性下顎前突のように、顎の骨格が原因でなる出っ歯や受け口もあります。

これらの症状には、それぞれに合う歯科矯正の方法で噛み合わせの改善が期待できるでしょう。

上下の噛み合わせの改善に適したさまざまな歯科矯正があります

出っ歯や受け口など上下の噛み合わせがずれている歯並びの場合には、前方に突出している歯と反対側の歯を歯科矯正でバランスのいい位置に動かすことで噛み合わせの改善が期待できます。

噛み合わせを改善するための矯正方法には、数年間矯正装置を装着して歯を少しずつ動かし歯並びを改善していく「ブラケット矯正」や透明なマウスピースの矯正装置を装着して数年かけて歯を少しずつ動かす「マウスピース矯正」などがあります。

また歯並びを改善させるために歯を削ってからセラミッククラウンなどの被せものをする「セラミック矯正」もあり、このセラミック矯正では数ヶ月という短期間で矯正が完了できるのです。

上下の歯が前突している場合には歯が並ぶ隙間がないために歯が前方に突き出している場合が多く、ブラケット矯正などで歯の向きを前突から正常に変えるためには先に歯を抜いてから行う矯正が適しているといえます。

セラミック矯正では通常、歯を抜くことはありませんが、生えている角度や歯の大きさに問題の生じている部分の歯を削ってから噛み合わせが改善するような形や大きさのセラミッククラウンを被せます。

歯並びだけでなく、歯の色や大きさをバランス良く改善することも期待できる施術といえるでしょう。

骨格に問題がある場合には外科的な歯科矯正が必要です


上の歯や下の歯の噛み合わせ位置が上下で異なり、前後にずれているような状態が上(下)顎突といわれます。

さらに顎の骨格に問題がある骨格性上顎前突や骨格性下顎前突などの場合には、生じている顎のズレが大きいことも多いといえます。

上下の顎のどちらかが大きすぎるなど、骨格的な問題から顎に前突が生じている場合には外科的な歯科矯正が適しているでしょう。

外科的な歯科矯正には余分な顎の骨を除去してから、前に出ている顎を後ろへずらして上下の顎の位置を矯正する「セットバック法」などの施術があります。

セットバック法通常の流れでは、施術前に術前矯正を行い、施術後には2週間の入院としばらくの安静が必要になるでしょう。

このセットバック法を利用する事で、顎の骨格のバランスに大きなズレが生じていても噛み合わせの改善が期待できます。

歯並びだけ矯正したところで、噛み合わせに改善が見込めないという状態であっても対応が可能です。

また、セットバック法などの外科的施術は、顎変形症のために上下の顎の噛み合わせが合わないという場合には保険が適用になることもあります。

上下の歯の噛み合わせが悪いと体調不良になりやすいといえます

上下の歯の噛み合わせが悪い不正咬合には、ほかにも奥歯が噛み合うのに前歯が噛み合わない状態の「開咬(オープンバイト)」や上の歯が下の歯に大きく被っている「過蓋咬合」などがあります。

上下の歯の噛み合わせが悪いと審美性に問題があるだけでなく、食事のときに食べものを良く噛んで食べることができないため胃や消化器官に負担がかかりやすくなるのです。

また口を常に閉じていることが難しいため口の中が乾きやすいといえます。

口の中を清潔に保つ唾液が少なくなることで口内に細菌が増殖しやすい環境になり虫歯や歯周病にかかりやすくなったり、口臭が発生したりする可能性が高くなるでしょう。

長い間歯の噛み合わせを放っておくと、顎の筋肉や首、肩の筋肉に負担がかかり続けてツライ「顎関節症」にかかることがあります。

顎関節症にかかると口を開けにくくなるほか、顎が痛くなる、顎がカクカク音を出すなどの症状が出てきます。

さらに顎関節症が進行すると頭痛やめまい、肩こり、腰痛など身体全体に不調が表れ、顎の痛みのストレスから精神面の不調も生じる場合があるので、噛み合わせが気になるときには早めに医師に相談するようにしましょう。

(まとめ)歯科矯正で上下の噛み合わせのズレを改善できる?

1.歯科矯正では出っ歯や受け口などといった上下の噛み合わせのズレを改善することができます

上下の歯の噛み合わせがずれている場合には出っ歯や受け口などといわれている不正咬合の場合があります。

また顎の骨格が原因の不正咬合の場合もあります。

それぞれに合う歯科矯正の方法で噛み合わせの改善が期待できるでしょう。

2.上下の噛み合わせの改善に適したさまざまな歯科矯正があります

出っ歯や受け口などで噛み合わせがずれている歯並びを改善するためには、いくつかの矯正施術があります。

たとえば、隙間を空けるために歯を抜いてから数年かけて歯を移動する矯正方法や歯を削って審美性の高いクラウンを被せる方法などが代表的でしょう。

3.骨格に問題がある場合には外科的な歯科矯正が必要です

上下の歯の位置が大きくずれているような、顎の骨格が原因で噛み合わせに問題が生じている場合には外科的な歯科矯正が適しているといえるでしょう。

セットバック法などの外科的施術は顎変形症の場合には保険が適用される場合があります。

4.上下の歯の噛み合わせが悪いと体調不良になりやすいといえます

上下の歯の噛み合わせが悪い不正咬合にはほかにも「開咬」などがあります。

噛み合わせが悪いと審美性に問題が生じ、胃や腸に負担がかかる、虫歯や歯周病にかかりやすくなるのです。

ひどくなるとツライ顎関節症にかかるので注意が必要です。

1220
Return Top