歯科矯正にはどの位の年数がかかるの?

従来の歯科矯正は通常3~4年の年数がかかるとされています


歯科矯正の中でも、矯正器具を装着するワイヤー矯正は、少しずつ歯を移動させるため約3~4年もの年数がかかるのが一般的です。

一方で歯を削って作った土台に人工歯を被せるセラミック矯正だと、最短で約2ヶ月、長くても数ヶ月で終わります。

歯列が乱れたままにしておくと、体や口腔内の健康が損なわれる可能性があります。

そのため、なるべく早急に歯科矯正で治すことが大切と言えるでしょう。

矯正器具を装着するワイヤー矯正は、かなりの年数がかかるのが一般的です

歯科矯正というと、ブランケットという四角い矯正器具を歯に装着し、ワイヤーでつないで引っ張るワイヤー矯正を思い浮かべる方も多いでしょう。

基本的にワイヤー矯正は、ゆっくりと時間をかけて歯を移動させるため、矯正には結構な年数がかかります。

まず、カウンセリングや精密検査などの準備期間に2ヶ月程度、矯正器具の装着に1年~4年程度の年数を要することが多いです。

ただ、歯の裏側に矯正器具をつける裏側矯正は、器具の装着期間がやや長くなることがあります。

逆に部分矯正の場合は、半年から1年位と短くなることもあるでしょう。

さらに矯正装置を外して終わりではなく、歯が元の場所に戻ろうとするのを防ぐためにマウスピースなどの保定装置をつける期間が約1、2年かかります。

もちろん歯並びの程度によってかかる年数に個人差は出てきますが、トータルで短くても約3、4年、長いと6、7年もの年数がかかる可能性があるのです。

このように、ワイヤー矯正は完了するまでに長い年数がかかるのが一般的といわれています。

セラミック矯正なら短期間で施術が終わることができます


歯科矯正にはさまざまな種類があり、中でも主流になりつつあるのがセラミック矯正です。

セラミック矯正は、自分の歯を削って芯となる土台を作り、歯型を取ってセラミック製の人工歯を製作してもらいます。

そして人工歯を土台に被せて接着、固定することで歯列を整える方法です。

クイック矯正とも呼ばれる位、施術期間が短いのが特徴です。

施術本数が多かったり、虫歯が悪化して神経にまで到達しており、神経を抜く根管処置が必要だったりする場合は施術にはもう少し長い期間を要します。

しかしそれでも数ヶ月位で終わるとされています。

また、人工歯の素材として用いるセラミックは丈夫で劣化、変色しにくいためメンテナンスを行えば、長い期間きれいな状態が保てるのもメリットの一つです。

さらに、人工歯は形や大きさなども自由に変えられる上に、色の種類も豊富なので周囲の歯に合わせた色を選べ、より自然で審美性の高い仕上がりになります。

従来のワイヤー矯正よりも期間が短く、審美性にも優れたセラミック矯正を選ぶ方も増えています。

歯科矯正をしないまま放置すると、頭痛などの体の不調にもつながります

ワイヤー矯正なら数年という年数がかかりますが、セラミック矯正でも数ヶ月とやはり歯科矯正を完了させるには多少の期間は必要です。

ただ、普段の生活が忙しく、今はあまり支障がないということで歯列が乱れたまま、歯と歯の隙間ができたまま放置しているという方もいらっしゃるでしょう。

ですが、乱れた歯列をそのまま放置していると、口腔内や体にさまざまな不調が現れやすくなります。

まず、歯並びが乱れていると隙間に食べかすが詰まりやすくなり、歯ブラシではなかなか除去しきれず、雑菌が溜まって歯周病や虫歯になる可能性があります。

さらに噛み合わせがズレるので顎の筋肉にアンバランスな負荷がかかり、顔の左右で大きさが変わり輪郭が歪んだり、顎関節症になったりする場合もあるのです。

顎関節症になると、顎から首、肩にかけての筋肉が強張るほか、噛む筋肉は側頭筋にもつながっているため、頭痛や肩こりなどが起こりやすくなります。

また、しっかり噛めないため消化不良となって胃腸の調子が悪くなることもあり得ます。

そのほか、歯並びが乱れていたり、すきっ歯だったりすると見た目に自信がなくなって消極的になってしまうことや、歯の隙間から空気が抜けて発音が不明瞭になる可能性もあるでしょう。

(まとめ)歯科矯正にはどの位の年数がかかるの?

1.従来の歯科矯正は通常3~4年の年数がかかるとされています

歯に矯正器具をつけて人工的に歯を移動させるワイヤー矯正は、完了するまでに数年もの年数を要するのが一般的です。

ただ、矯正器具が不要なセラミック矯正だと長くても数ヶ月と、1年はかからないケースが多く、効率的と言えます。

2.矯正器具を装着するワイヤー矯正は、かなりの年数がかかるのが一般的です

歯科矯正の中でも、矯正器具を装着するワイヤー矯正は、時間をかけて歯をゆっくり移動させるので完了までに数年かかります。

さらに矯正後も歯の戻りを防止するために、保定装置をつける期間もあるので長期間を要するのが一般的です。

3.セラミック矯正なら短期間で施術が終わることができます

セラミック矯正は、矯正器具を装着しないで歯を削り、人工歯を被せる方法で歯列を整えるため、通常であれば数ヶ月で完了します。

しかもセラミック素材の人工歯は、耐久性にも審美性にも優れているためより自然な仕上がりが望めるという利点もあるのです。

4.歯科矯正をしないまま放置すると、頭痛などの体の不調にもつながります

歯科矯正はセラミック矯正でも数ヶ月を要します。

しかし矯正せずに放置すると虫歯や歯周病、顎関節症や肩こりなどの不調を招く可能性があるでしょう。

また乱れた歯並びは見た目にも悪く、すきっ歯は発音が不明瞭になるなどの悪影響を及ぼします。

1117
Return Top