八重歯は歯科矯正で治したほうがいいの?

八重歯は虫歯になりやすいなどの弊害につながるため、歯科矯正で治したほうがよいとされています


八重歯はそのままでも問題ないように思えますが、実は口の中でさまざまなトラブルを生じさせます。

歯列から外へ大きく歯がはみ出ているので、隣り合う歯と重なり隙間に汚れが溜まりやすく、虫歯や歯周病になりやすい傾向にあるのです。

しっかり磨けないので黄ばみやすく、八重歯の先が当たって口内炎ができたりもします。

八重歯は抜歯しなくても、セラミック矯正などできれいに治せる場合がほとんどです。

八重歯は汚れが溜まりやすいなど、口腔内の健康を損なう可能性があります

八重歯というのは、他の歯より極端に外側もしくは隣の歯と重なった状態で歯列からはみ出して生えている歯のことです。

主に八重歯は、前歯から数えて3番目の犬歯に起こりやすいとされています。

犬歯は、歯の根が長く永久歯からの生え変わりが他の歯と比べて遅いため、生えるスペースがないと歯列からはみ出してしまうことがあります。

下の歯に当たらず擦れないため、先が尖ったひし形をしているのが特徴です。

笑った際に口元に八重歯が見えると、可愛らしく見えるため一般的に印象はさほど悪いとは言えません。

しかし、歯磨きの際に複雑に入り組んだ窪みなどに歯ブラシが届きにくく、食べかすが溜まって虫歯や歯周病にかかるリスクが高まります。

さらに、外側に出ているので口が閉じにくく、口腔内が乾燥して唾液が減り、雑菌が繁殖して口臭の原因にもなるのです。

また、先端が尖っているので咀嚼時に頬の内側を傷つけやすく、口内炎ができやすいともされています。

そして、犬歯は正しい位置にあれば他の歯への負担を軽減してくれる役割があります。

しかし、八重歯となって歯列からはみ出していることで他の歯へ負荷がかかって歯茎が下がったり、腫れたりなどのトラブルが生じる可能性もあるのです。

このように八重歯を放置するとさまざまな弊害が生じるので、やはり歯列矯正で治したほうがよいと考えられています。

八重歯は、抜かなくても歯科矯正で治すことができると言われています


歯列から大きくはみ出した八重歯は、抜歯しなければいけないと思われがちです。

しかし、八重歯になりやすい犬歯は歯の寿命が長く、抜歯すれば健康な歯を失うことになります。

八重歯は抜歯しなくても、ほとんどの場合歯科矯正で歯列を整えることが可能です。

中でもセラミック矯正は、数ヶ月と短期間でできて歯や歯茎への負担も比較的軽いとされています。

八重歯周辺の歯を削って土台を作り、八重歯が入るようにスペースを確保しつつ、セラミック素材で作った人工歯を被せて固定します。

さらに、八重歯も削って芯を作り歯列に入るような大きさ、形で人工歯を作成し、芯にはめ込むことではみ出ていた八重歯も歯列に収まり、歯並びがきれいに整うでしょう。

歯科矯正というと、歯に矯正装置をつけてワイヤーで引っ張り、歯をゆっくり動かすワイヤー矯正という方法もあります。

ワイヤー矯正は完了までに平均3、4年もの長い年月を要し、矯正器具を外した後も歯の戻りを防ぐために、マウスピースなどの保定装置をつける必要があります。

矯正装置を付けている間は、食事中でも外せないので汚れが溜まりやすい上に、歯磨きで除去しにくいのでお手入れも大変です。

さまざまな面を考慮しても、セラミック矯正は効率的な上に、審美性や耐久性にも優れていると言えるでしょう。

八重歯は、顎の骨格や歯の大きさなどが原因で起こるとされています

そもそも八重歯はなぜできるのか、いくつかの原因が考えられます。

まず、先天的に顎の骨格が小さく、歯が生えるスペースが狭い場合に当てはまります。

犬歯は生え変わるタイミングが遅いため、犬歯が生え始めた頃には入るスペースがなくなるので、歯列からはみ出すしかなくなるからです。

さらに、永久歯が一般的なサイズより大きいと、顎の骨格が普通サイズでも歯がすべて生えそろうためのスペースが確保できない場合があります。

また、顎の骨格や歯の大きさは遺伝的要素が含まれているため、両親や祖父母の影響を受けやすいとも言われているのです。

ただ、遺伝以外にも幼少期からやわらかい物を好んで食べている場合、噛む力が備わらず顎の骨格や関節の成長に影響を及ぼすケースもあります。

そうなると、最終的に永久歯の生え変わり時期に顎の骨格は小さいままなので、犬歯が八重歯となる確率も高まるというわけです。

さらに後天的な要因としては、乳児期に乳歯を強引に抜歯したり、転倒で歯を打つなどして抜けたり折れたりした場合も八重歯ができやすいと言われています。

通常ならまだ生え変わるタイミングではない時期に乳歯を失うことで、永久歯が本来の場所からズレて生えてきてしまうことにより、歯の生えるスペースが狭くなるからです。

(まとめ)八重歯は歯科矯正で治したほうがいいの?

1.八重歯は虫歯になりやすいなどの弊害につながるため、歯科矯正で治したほうがよいとされています

八重歯は周辺の歯との隙間に汚れが蓄積し、虫歯になりやすい、先端が口の中を傷つけるなどの弊害をもたらすのです。

抜歯しなくても、基本的には歯科矯正で治すことができるとされています。

2.八重歯は汚れが溜まりやすいなど、口腔内の健康を損なう可能性があります

八重歯は主に前歯から数えて3番目の、生え変わるタイミングが遅い犬歯になりやすい傾向にあります。

先がとがっているので頬の内側を傷つけたり、他の歯を支える犬歯が歯列からズレることで、他の歯に負担をかけたりするなどの悪影響を及ぼすでしょう。

3.八重歯は、抜かなくても歯科矯正で治すことができると言われています

八重歯は抜歯しないで、歯科矯正で歯列内に収めることがほぼ可能だと言われています。

中でもセラミック矯正は短期間で、審美性の高い仕上がりになるのでよいとされているのです。

4.八重歯は、顎の骨格や歯の大きさなどが原因で起こるとされています

八重歯は遺伝により顎の骨格が小さい、永久歯が大きい事などが原因だと考えられています。

ほかにも、乳歯を早くに抜歯した場合、永久歯がズレた位置から生えることによりスペースがなくなることも要因とされています。

1661
Return Top