歯を抜かない歯科矯正にはどんなものがある?

歯並びの状態によって歯を抜かないで歯科矯正をすることができます


永久歯と顎の大きさのバランスが悪く、顎に歯が並びきれない場合には顎のスペースを空けるため矯正前に抜歯を行うことが多いといえます。

抜歯をせずに歯が並べるスペースを作るためには、歯を奥へ移動させてスペースを作る方法や、歯を削ったり被せものを被せたりなど歯の大きさや形などを変えることで、歯を抜かない矯正が期待できます。

歯を抜かずに行う歯科矯正にはさまざまな特徴があります

日本人には小さい顎の方が多く、顎が小さいとすべての永久歯がきれいに並ぶことができずデコボコに並んで生えることなどがあるといわれています。

歯並びが悪い不正咬合(ふせいこうごう)のなかでも顎の大きさが足りないという歯並びの場合には、抜歯をして顎のスペースを空けてから歯科矯正を行うことが多いといえます。

歯を抜かない歯科矯正は医院によって矯正方法や対応できる不正咬合の症状が異なるため、病院の選び方にも気をつけましょう。

抜歯をしないで顎にスペースを空ける施術には、歯を全体的に口の奥に移動する方法や歯を少しずつ削って隙間を空ける方法、歯を削って被せものを被せるセラミック矯正などの施術があります。

歯を奥に移動する方法は、歯並びの状態によってはあまり奥まで移動できない場合があり、時間もかかるでしょう。

歯を削る方法では、主に奥歯の歯と歯の間を少しずつ数本程削って歯の間に隙間を作ります。

歯の表面のエナメル質を削りすぎると虫歯になりやすく、しみやすくなるので、1本の歯はほんのわずかしか削ることができません。

必要な隙間の大きさによって削る歯の本数を増やすことになるでしょう。

セラミック矯正は基本的には抜歯をせずに審美性の高い歯並びへの改善が期待できます


セラミック矯正は、歯並びの悪い部分の歯を削ってから、周囲の歯並びや噛み合わせに合うように作られた審美性の高いセラミッククラウン(陶器製の被せもの)を被せる施術です。

ブラケット矯正などのように歯を動かす歯科矯正とは異なり、被せものを被せることで元々の歯の大きさや形、歯の向きを整えるため、さまざまな状態の不正咬合の改善が期待できます。

通常抜歯が必要になる歯並びには、歯がデコボコに生えている「叢生(そうせい)」や歯が前に出ている出っ歯と呼ばれる「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」などがあります。

顎に対して歯が大きいことで歯がまっすぐ生える隙間がないため、歯が顎から押し出されるような生え方が特徴です。

叢生の場合では、八重歯のように歯の生えている位置が通常よりもかなり外れている場合に抜歯が必要になる可能性があります。

しかし上顎前突などの場合には、前に出ている歯の数本に、まとめて歯の向きを変えるようにセラミッククラウンを被せることで矯正を行う場合もあるでしょう。

セラミック矯正では歯が並ぶ隙間がない場所にでも抜歯の必要なく歯並びを整えることができるといえます。

歯を抜かない歯科矯正にはメリットとデメリットがあります

歯を抜かない歯科矯正にはさまざまなメリットとデメリットがあります。

まず歯科矯正のときに健康な歯を抜かなくてすむという点が大きなメリットといえるでしょう。

高齢になってからも健康な歯の数を多く維持するためには歯を残すということはとても望ましいことです。

抜歯をすると、これまでより歯の数が減ることで噛む力が落ちるという心配もあります。

歯の数が減ると1本1本の歯にかかる負担も大きくなるのですが、歯の数が変わらない場合にはその心配は低くなるといえます。

歯を抜かない場合、抜歯をして空くほどの大きな隙間が生じないことが多いので歯科矯正が完了するまでの期間が抜歯を伴う矯正のときよりも短くなるでしょう。

抜歯をしないことで生じるデメリットには、顎のスペースに歯が並びきれない場合に歯が前に突出した状態になりやすいという問題があります。

セラミック矯正では被せものによって歯の向きまで改善が期待できるのですが、歯を移動する場合には矯正完了後にも歯の向きが気になるということにならないように、きれいに歯が並べるスペースの確保ができるかどうか事前にしっかり確認しておく必要があります。

(まとめ)歯を抜かない歯科矯正にはどんなものがある?

1.歯並びの状態によって歯を抜かないで歯科矯正をすることができます

永久歯と顎の大きさのバランスが悪いため顎にすべての歯がきれいに並びきれない場合には、抜歯をしてから歯科矯正を行う場合が多いでしょう。

また抜歯をせずに顎のスペースを空けたり歯の大きさや形を変えたりして行う歯科矯正もあります。

2.歯を抜かずに行う歯科矯正にはさまざまな特徴があります

顎の大きさが足りないために永久歯がきれいに並ぶことができず不正咬合になっている場合には、抜歯をして歯が並ぶスペースを作ってから歯科矯正を行います。

また、歯を奥に移動したり数本程歯を削ったりしてスペースを空けてから矯正を行うことも可能です。

3.セラミック矯正は基本的には抜歯をせずに審美性の高い歯並びへの改善が期待できます

セラミック矯正は歯並びの悪い部分の歯を削ってから、歯並びや噛み合わせに合ったセラミッククラウンを被せて噛み合わせや歯並びを改善するための施術です。

歯の大きさや形を調整して、抜歯をせずに顎の大きさに合わせて歯を矯正することが可能といえるでしょう。

4.歯を抜かない歯科矯正にはメリットとデメリットがあります

歯を抜かない歯科矯正では大切な歯を抜かなくてすみ、また歯の数が減ることで生じる歯への負担もなく、今ある歯の並び方の改善が期待できます。

セラミック矯正では問題がないのですが、顎のスペースが足りないときには前歯が突出する可能性もあります。

1099
Return Top