歯科矯正で歯を抜くのはどうして?どの歯を抜くの?

歯科矯正で歯を抜く場合には主に小臼歯を抜くことが多いといえます


抜歯を行う必要がある歯科矯正は、顎の大きさに対して歯の大きさが合っていない歯並びの場合に行われることが多いです。

顎が小さく歯が大きいなどの理由から歯がデコボコに生えている場合などに、顎のスペースに歯が並ぶようにするため歯を抜いてから歯科矯正を行うときがあります。

歯を抜くときには基本的には噛み合わせに影響の少ない小臼歯が抜かれます。

歯科矯正では歯を抜く必要がある場合と歯を抜かなくてもよい場合があります

歯科矯正で抜歯が必要になるのは、歯がデコボコに生えている「叢生(そうせい)」や、上下の前歯が前に出ている「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」、「下顎前突(かがくぜんとつ)」などの歯並びを矯正する場合です。

顎が充分に発達していないなどの理由から、生えてきた永久歯の大きさに比べて顎が狭いため、歯がきれいに1列に並べないという状態が歯科矯正時に抜歯が必要な歯並びといえるでしょう。

抜歯をして歯の並ぶスペースを作ってから矯正を行うことで、歯が移動しやすくなり、ブラケット矯正やマウスピース矯正などの歯科矯正後にも歯がもとに戻ろうとする可能性が少なくなるといわれています。

逆に顎の大きさに対して歯が小さい場合などには、歯と歯の間に隙間ができて歯並びが悪くなることがあります。

歯を並べるスペースがある状態なので、抜歯をしない歯科矯正で歯並びの改善が期待できるでしょう。

歯の隙間をなくすためには、ブラケット矯正などの歯を移動させる歯科矯正のほかに、小さい歯を大きくすることが可能なラミネートベニアなどの矯正も、比較的手軽にできるため適しています。

歯に被せものをするセラミック矯正は、歯の大きさを調節できるので抜歯と非抜歯の歯科矯正どちらにも適しているでしょう。

歯科矯正の抜歯のときには主に抜く歯が決まっています


歯科矯正で抜歯をするときには、基本的には抜く歯が決まっているのです。

ただ歯並びがデコボコになっている部分の歯をそのまま抜くわけではなく、通常は前から5番目の第二小臼歯を抜くケースが多くみられます。

前から4番目の第一小臼歯と5番目の第二小臼歯は抜歯後の噛み合わせへの影響が大きくなりにくいといわれているので、歯の状態によっては第一小臼歯を抜く場合もあります。

また永久歯の数が通常よりも多いときには、過剰に生えている歯を抜くことになり、それ以外の歯の場合でも進行した虫歯などがある場合にはその歯を抜くことになるでしょう。

噛み合わせや見た目で重要な役割をもつ歯は歯科矯正時の抜歯で抜くことができません。

前から1番目の歯と2番目の歯は前歯の中でも食べ物を噛みきるために重要な役割をもつ歯で、見た目にも大きな影響を与えるため通常抜くことはありません。

また3番目の歯(犬歯)は八重歯などのようにはみ出して生えやすい歯ですが、特徴のある見た目をしていて丈夫な根を持っているため、抜歯する歯には選ばれにくいそうです。

前から6、7番目の奥歯は噛み合わせにも大切な歯で、位置的に矯正の移動にも役立てにくいため矯正時の抜歯の可能性はほとんどないでしょう。

歯科矯正のために抜歯をすることで生じるデメリットもあります

悪い歯並びを良くするために行う歯科矯正ですが、歯科矯正に伴う抜歯をすることで生じるデメリットもあります。

矯正のための抜歯は、高齢になってから健康な歯の数が減ることを考えると、現在進行した虫歯でも欠けているわけでもない健康な歯を抜くという点で将来的には問題が生じる可能性があるといえます。

また永久歯の数が減ることで以前よりも歯を噛み合わせる力が落ちることになりかねません。

歯が並ぶためのスペースを確保するために抜歯を行ってから歯科矯正を始める流れになるのですが、抜歯した歯の部分が大きく開いている状態から歯科矯正で徐々に歯を動かすことになると、抜歯しない歯科矯正よりも歯を移動させる距離が長くなるといえます。

ただ、抜歯をしないで矯正をすると、顎にきれいに歯が並べず歯が前に出る出っ歯の状態になる場合もあります。

顎や歯並びの状態により歯全体に影響が出るなどの理由からどうしても抜かなければならない場合には、抜歯をしなければならないといえますが、抜歯の必要がない場合には歯を抜かない矯正方法を行うほうがよいでしょう。

(まとめ)歯科矯正で歯を抜くのはどうして?どの歯を抜くの?

1.歯科矯正で歯を抜く場合には主に小臼歯を抜くことが多いといえます

歯科矯正の抜歯は顎と歯の大きさのバランスが悪い場合に必要となります。

顎が小さい場合や歯が大きい場合など、歯が並ぶには狭い顎にスペースを空けるために行われるのです。

通常は影響の少ない小臼歯が歯科矯正の抜歯時に抜かれることになるでしょう。

2.歯科矯正では歯を抜く必要がある場合と歯を抜かなくてもよい場合があります

抜歯を伴う歯科矯正は、歯がデコボコに生えている「叢生」などの歯並びの場合に行われます。

抜歯をしてから歯科矯正を行うため歯が移動しやすくなるなどのメリットがあります。

歯が小さく歯の間に隙間があるような歯並びの矯正において、基本的に抜歯は不要です。

3.歯科矯正の抜歯のときには主に抜く歯が決まっています

歯科矯正で抜歯をするときには、基本的には前から5番目の第二小臼歯を抜くことになるでしょう。

小臼歯が通常抜歯をする歯になっていますが、虫歯などで状態の悪い歯がある場合にはその歯を抜く場合もあります。

4.歯科矯正のために抜歯をすることで生じるデメリットもあります

歯科矯正のために健康な歯を抜くことは将来的に残る歯の数が少なくなる可能性があり、抜歯により永久歯の数が減ったときには歯を噛み合わせる力が小さくなるというデメリットも生じます。

1587
Return Top