歯科矯正のメリットは?歯科矯正比較!

歯科矯正にはさまざまな種類があり比較して自分に適した矯正方法を受けられます


歯科矯正には矯正装置を使用する矯正と、矯正装置を使用しない矯正があります。

矯正装置を使用する歯科矯正にはブラケット矯正やマウスピース矯正などの種類があり、矯正装置を使用しない歯科矯正にはセラミック矯正やラミネートベニアなどの施術が挙げられるでしょう。

矯正の施術は数多くあるため、それぞれのもつ特徴を比較して、専門医と相談しながら歯並びの状態や希望に合う矯正を受けることができます。

矯正装置を使用する歯科矯正の特徴を比較してみましょう

歯と歯の間に隙間が空いているなどの歯並びの場合、審美的な問題が生じるほかにも、食べかすがはさまりやすくなるなど口の中を清潔に保ちにくくなる問題が生じます。

このような気になる歯並びを改善するための歯科矯正として、矯正装置を使用するものでは、ブラケット矯正と舌側矯正、マウスピース矯正などが挙げられます。

ブラケット矯正は歯の一つ一つにブラケットをつけて、ワイヤーで少しずつ歯を正しい位置に動かしていく以前からある矯正方法です。

歯並びの状態により矯正期間は2、3年程度かかり費用は80~120万円程度になります。

舌側矯正は歯の裏側にブラケットをつける矯正方法です。

歯の裏側に装置があるため舌がぶつかったり歯磨きがしにくかったりというデメリットはありますが、装置が周りに見えないように矯正をしたいという方には適しているといえます。

矯正期間は約3年で100~160万円程度の費用が必要です。

マウスピース矯正は透明なマウスピースを歯に装着する矯正方法で、矯正できる歯並びが軽度なものに限られます。

期間は1~2年、費用が60万~140万円程度と、歯並びの状態によっては費用が大きく異なることがあるようです。

装置を使用しない歯科矯正は期間や費用の面でメリットが大きい矯正方法です


仕事で人と接することが多い方などは、審美的な問題が気になることから、歯に矯正装置をつけられないという場合も考えられるでしょう。

そのような場合には、矯正装置をつける必要のないセラミック矯正やラミネートベニアなどの矯正方法が適しているといえます。

セラミック矯正とは歯並びの悪い部分の歯を削ってから、正しい歯並びや噛み合わせになるように、審美性の高いセラミッククラウン(陶器製の被せ物)を歯に被せる矯正方法です。

周囲の人に矯正中ということがバレることなく、歯並びだけでなく歯の向きや大きさ、色まで希望に合わせて改善することが期待できます。

矯正期間は1~4ヶ月程度で、セラミックの歯1本7~15万円程の費用がかかるといえます。

ラミネートベニアは、前歯の間に少しの隙間が空いているようなときなどの隙間を埋めるために適している矯正方法です。

歯の大きさを微調整したり歯の色を白くしたりするために、歯の表面を薄く削ってからネイルチップのようなセラミックの薄い板を貼りつける施術です。

矯正期間は短く2、3回の通院だけで完了する場合が多く、歯1本に5~15万円程度の費用がかかります。

顎の骨格から改善するためには外科的な施術を伴う歯科矯正が適しています

歯並びの悪い原因が顎の骨格にあり、歯を移動させたり被せ物をしたりする矯正方法のみでは歯並びや噛み合わせを改善できない場合には、外科的な施術を伴う、歯科矯正を行う必要があるでしょう。

顎に問題がある状態で歯科矯正を行うと、歯に負担がかかりすぎるという場合や、根本的な原因が解決できないことによって元の状態に戻ってしまう場合なども考えられるでしょう。
そのようなケースに対応するために行われる外科的な施術としては、上顎分節骨切り法(セットバック法)などの方法があります。

上顎と下顎の大きさのバランスが悪い場合に、大きすぎる顎の一部分を除去して上下の顎のバランスを整えるという方法がセットバック法です。

大掛かりな施術ではありますが、歯並びの問題だけでなく顎の骨に原因がある場合でも、歯並びの改善が期待できるという大きなメリットが期待できます。

また、正式に顎変形症と診断されている場合は、外科的施術を伴う歯科矯正の施術に保険が適用になるため、30~50万円ほどで施術を受けることができます。

自分のケースが保険適用になるのか気になるという場合は、専門のクリニックなどで相談してみましょう。

(まとめ)歯科矯正のメリットは?歯科矯正比較!

1.歯科矯正にはさまざまな種類があり比較して自分に適した矯正方法を受けられます

歯科矯正には矯正装置を試用するブラケット矯正などの矯正方法や、矯正装置を使用しないセラミック矯正などの矯正方法があります。

それぞれの歯科矯正の特徴を比較して自分の歯並びの状態や希望に合う矯正を受けることができるでしょう。

2.矯正装置を使用する歯科矯正の特徴を比較してみましょう

歯並びを改善するための矯正装置を使用する歯科矯正にはブラケット矯正と舌側矯正、マウスピース矯正などの矯正方法があります。

矯正の種類によって期間は1~3年、費用が60~160万円程で受けることができます。

3.装置を使用しない歯科矯正は期間や費用の面でメリットが大きい矯正方法です

矯正装置をつけられない場合には、矯正装置をつける必要のないセラミック矯正やラミネートベニアなどの矯正方法が適しているといえるでしょう。

何年も矯正に期間がかからず費用も矯正装置を使う矯正よりも費用が安くすむ場合も多いようです。

4.顎の骨格から改善するためには外科的な施術を伴う歯科矯正が適しています

歯並びの悪い原因が顎の骨格のもつバランスの悪さなどの場合には、歯並びだけでなく顎の大きさを調整するための外科的な施術をともなう歯科矯正が適しているといえます。

顎変形症の場合などは保険診療で歯科矯正を受けることができます。

1127
Return Top