歯科矯正の平均期間ってどの位?

歯科矯正の中でも、セラミック矯正なら平均2、3ヶ月の期間で施術できます


歯科矯正が完了するには、従来のワイヤー矯正なら長期間矯正器具を装着しなければならず、数年はかかるのが一般的です。

しかし、歯を削って土台を作り、セラミックでできた被せ物を利用して行うセラミック矯正は、平均2、3ヶ月位で終わるとされています。

歯並びの乱れを放置すると口腔内や体の健康が損なわれる恐れがあるので、多少期間がかかりますがきちんと歯並びを正しましょう。

セラミック矯正は早い人だと2ヶ月程度で施術が終わります

セラミック矯正は、歯の状態や施術本数、部位などによって施術にかかる期間は異なりますが、早ければ平均2ヶ月位で完了すると言われています。

手順としては虫歯や根管処置などを行い、歯を削って土台を作りますが、大体平均して2週間から1ヶ月の期間がかかるでしょう。

もし歯がすでにボロボロで、自分の歯で土台が作れない場合は金属やセラミック、人工ダイヤモンドのジルコニアで芯を作り、はめ込む処置が必要となる場合もあります。

歯型を取って仮歯を入れて固定しておき、その間にセラミックで人工歯を作成し、完成したら仮歯を外して土台に被せ、噛み合わせを調整して終了です。

人工歯が出来上がるまでに3週間から1ヶ月位かかるのが一般的なので、トータルすると最短2ヶ月程度で施術が完了することになるのです。

ただ順番に施術を行うので、歯の本数が多ければ、また虫歯などが悪化しており処置が複雑化すれば、施術期間が長くなります。

しかし数ヶ月もあれば、ほぼきれいに歯並びが整うと言われているため、そのメリットは大きいと言えるでしょう。

歯科矯正の平均施術期間は、矯正の種類によっても大きく異なります


歯科矯正に要する平均的な期間は、矯正の種類によって異なります。

従来の専用器具を装着するワイヤー矯正の場合、施術が完了するまでには少なくとも平均して約4、5年の期間がかかるでしょう。

まず精密検査や骨格のレントゲンなどを行い、施術プランを作成するのに約1、2ヶ月、実際に器具を装着する期間が約3年を要します。

ワイヤー矯正は、歯の表側に器具をつける場合、裏側につける場合がありますが、裏側矯正の場合はもう少し装着期間が長くなるでしょう。

それで器具を外して終わりではなく、矯正した歯はまた元の位置に戻りやすいので、戻りを防ぐためにマウスピースを装着する保定期間が約1年となっています。

部分的な矯正でも、大体半年から1年位は矯正器具の装着が必要となるでしょう。

また、マウスピース矯正だと約1年から3年位かかります。

こうしてみると、ワイヤー矯正は年単位の期間を要するため、セラミック矯正の数ヶ月というのはかなり短い期間であることがわかるでしょう。

歯並びの乱れや、すきっ歯は口腔内の健康を損なうリスクがあります

歯科矯正は施術期間が短いとされるセラミック矯正でも、やはり平均しても2ヶ月程度はかかります。

そうなると忙しかったり通院が面倒になったりして歯科矯正しない方もいますが、歯並びの乱れや、すきっ歯を放置するとさまざまなトラブルが生じます。

まず、見た目の印象が良くない上に、歯と歯の隙間に食べかすが詰まり、歯磨きだけでは除去しきれなくなるのです。

溜まった汚れに雑菌が繁殖し、虫歯や歯周病を招くリスクが高まります。

さらに、噛み合わせがズレるので顎の筋肉に負荷がかかり、顎関節症や首、肩のコリなど体の不調が起こったり、筋肉が歪んだりして姿勢が悪くなる可能性もあり得ます。

また、奥歯や前歯できちんと咀嚼できないので消化不良となり、胃腸の具合が悪くなる場合もあるのです。

ほかにも、とくに前歯がすきっ歯だと、言葉を話す際に隙間から息が抜けて発音が不明瞭になり、会話しづらくなるなどの影響が出ます。

そして、乱れた歯の角が頬の内側などに当たり、口内炎ができるなど口腔内や口元にケガをしやすい状態を作りだしてしまいます。

見た目の問題だけではないので、歯並びやすきっ歯はきちんと治すことが大事です。

(まとめ)歯科矯正の平均期間ってどの位?

1.歯科矯正の中でも、セラミック矯正なら平均2、3ヶ月の期間で施術できます

通常の矯正器具を歯につけるワイヤー矯正は、歯並びが整うまでに平均して数年の期間がかかります。

一方で、歯を削って芯を作り、人工歯を被せることで歯列を整えるセラミック矯正だと、短ければ平均2、3ヶ月で施術が終わるでしょう。

2.セラミック矯正は早い人だと2ヶ月程度で施術が終わります

歯科矯正の中でもセラミック矯正は、短い場合だと平均2ヶ月位で施術が終わる方もいます。

ただ、矯正する歯の本数が多い場合や、自分の歯が虫歯に侵され、人工芯を入れるなど複雑な施術が必要な場合は、もう少し時間がかかるでしょう。

3.歯科矯正の平均施術期間は、矯正の種類によっても大きく異なります

歯科矯正の中でも、専用器具を装着するワイヤー矯正の場合は歯をゆっくり移動させるため、準備から器具の装着、保定まで平均約4年の期間を要します。

さらに、マウスピースを装着矯正も平均1~3年程はかかるなど、年単位で長期間を要するのが一般的です。

4.歯並びの乱れやすきっ歯は、口腔内の健康を損なうリスクがあります

歯科矯正をしないで歯並びが乱れたまま放置すると、歯の隙間に食べかすが詰まって虫歯や歯周病を招いたり、噛み合わせがズレたままなので顎に負担がかかったりなどといった弊害が生じます。

また、見た目にも良くない上に、発音が不明瞭になるなどの影響も出ます。

1333
Return Top