矯正装置などが目立たない歯科矯正はあるの?

目立たない歯科矯正にはセラミック矯正などがあります


仕事などで人と接する機会が多い方など、長い期間目立つ矯正装置をつけて日常生活を過ごすことが難しいという方もいらっしゃるでしょう。

その場合には、目立つ装置をつける必要がなく歯並びの改善が期待できる矯正を選ぶことがおすすめといえます。

歯科矯正をしていることが目立たないメリットがあり、かつ短期間で歯並びの改善が期待できる矯正の施術としては、セラミック矯正などが挙げられるでしょう。

目立たない矯正装置を使用する歯科矯正などもあります

口を開けたときに見える矯正の装置を、長い間つけて生活するのは審美的に問題が多くあります。

そのためなるべくそのような矯正を行いたくないという方は少なくないでしょう。

そのような方に適している、周りに気づかれにくい歯科矯正には、裏側矯正(舌側矯正)、マウスピース矯正、セラミック矯正などがあります。

裏側矯正やマウスピース矯正などは目立たない矯正装置を使用する歯科矯正です。

裏側矯正は歯の裏側にブラケットをつける矯正方法で、周りから矯正装置はほとんど見えないのですが、舌にブラケットがぶつかりやすく歯磨きがしづらいため虫歯になりやすいという問題があるのです。

また通常のブラケット矯正と比べて1.5倍の費用と完了までに3年程の期間がかかります。

歯に透明なマウスピースをつけて歯の位置を少しずつ移動させるマウスピース矯正という方法もあります。

まったく矯正装置が見えなくなるわけではなく近くからはマウスピースが多少見える状態です。

矯正期間は2年程になるのですが、歯磨きや食事のときには外して歯や装置のケアをすることができます。

歯に被せものをして歯並びをきれいにするセラミック矯正は仮の歯を被せるため、周りに矯正中ということがわかりにくく数ヶ月という短い期間で矯正が完了できます。

セラミック矯正やラミネートベニアなら目立たず短期間で歯並びの改善が期待できます


セラミック矯正は歯を削ってから「セラミッククラウン」という丈夫な陶器製の被せものを歯に被せる施術です。

長い期間をかけて歯を移動させる必要がなく、デコボコに生えている歯でも削り方を変えることで歯並びの改善が期待できます。

審美性の高いセラミックの被せものなので、周りの歯に馴染みやすい色や形に整えることが可能といえるでしょう。

歯を削った後にはすぐに仮の歯を入れることが可能なので、仕事や学校などで通常の生活を送っていても歯の矯正をしていることが周りに気づかれにくいというメリットがあります。

歯を削ってからセラミッククラウンが完成して歯に被せるまでには数ヶ月程、早ければ2ヶ月位で施術が完了できて通院の回数も少なくすむため、忙しい方でも行いやすい矯正です。

歯を移動させる施術ではないので、他の矯正のように歯の位置が後戻りを起こす心配はないのですが、セラミッククラウンを被せるためには歯を削らなければならないというデメリットがあります。

歯と歯の間に小さな隙間が空いている程度の歯並び矯正の場合には、ラミネートベニアの施術も適しているといえます。

ラミネートベニアは歯の表面を薄く削ってから、セラミックのネイルチップのようなベニアを被せて歯の隙間や小さなデコボコを改善する施術です。

歯並びが悪い状態は身体のさまざまな不調の原因になります

歯並びが悪い場合には虫歯や歯周病などになりやすいという問題も生じますが、歯並びが悪い状態を放っておくと、肩こりや頭痛などの症状がでることもあります。

その他にも、食べかすが歯の間に挟まりやすくなったり、歯ブラシで歯の隙間まできれいに清掃することが難しくなったりなど、衛生的な問題も発生しかねないでしょう。

また、歯の上下の噛み合わせが合っていない場合は、唾液が少なくなり口の中の清浄作用がうまく働きにくいといえます。

口の中に汚れが残ったままの状態でいると細菌が増殖しやすいため、これも虫歯や歯周病の原因になってしまうのです。

また噛み合わせが悪いと、噛みやすいところだけを使って食べ物を噛むようになって顎の筋肉のバランスが悪くなったり、顎の筋肉が緊張し続けることで頭痛が生じたりすることもあります。

噛み合わせの悪さは顎から首や肩の筋肉の緊張や頚椎の歪みにもつながり、肩こりや腰痛、顎の痛みが生じる顎関節症、自律神経失調症などの原因にもなるのです。

歯並びの悪さから歯が抜けやすくなることもあり、それによってまた身体全体の不調が生じるので歯並びの悪い状態は目立たない歯科矯正で早めに改善したほうがいいといえます。

(まとめ)矯正装置などが目立たない歯科矯正はあるの?

1.目立たない歯科矯正にはセラミック矯正などがあります

人と接する機会が多く、長期間の間目立つ矯正装置をつけるのが難しい方もいるでしょう。

その場合には、目立たずに歯並びを整えるためのセラミック矯正などの矯正方法が適しているといえます。

2.目立たない矯正装置を使用する歯科矯正などもあります

周りから見える矯正装置を長い間つけて生活するのは難しいという方もいらっしゃるでしょう。

その場合は、裏側矯正やマウスピース矯正、セラミック矯正などがおすすめです。

中でもセラミック矯正は施術期間が短いという特徴があります。

3.セラミック矯正やラミネートベニアなら目立たず短期間で歯並びの改善が期待できます

セラミック矯正は歯を削ってからセラミッククラウンを歯に被せて歯並びを整える施術です。

クラウンの完成まで仮歯をつけることができ、数ヶ月、数回通院するだけで矯正が完了するので忙しい方でも行いやすいといえます。

4.歯並びが悪い状態は身体のさまざまな不調の原因になります

歯並びが悪い状態は虫歯や歯周病の原因になります。

また、噛み合わせの悪さから顎の筋肉のバランスが悪くなることで頭痛や肩こり、顎関節症や自律神経失調症などを引き起こす場合もあるのです。

速やかに歯科矯正などで改善を行うようにしましょう。

1167
Return Top