湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

仮歯はどのようにお手入れすればいい?

仮歯はこまめに磨き、歯間ブラシやデンタルフロスで隙間もお手入れしましょう


仮歯にプラスチック状の樹脂が使われている場合、汚れが内部に吸収されたり、付着したりしやすく変色する場合もあります。

仮歯を清潔に、きれいに保つために、食後は優しく丁寧な歯磨きをこまめに行うことが大事です。

さらに仮歯の隙間にも食べかすが詰まりやすいので、歯間ブラシやデンタルフロスも併用したお手入れがオススメです。

仮歯のお手入れを怠ると、虫歯などを招くリスクもあるので気をつけましょう。

仮歯は優しく丁寧に磨き、歯間ブラシで隙間もきちんとお手入れしましょう

仮歯は主に、プラスチック状の樹脂を材質としています。

唾液などの水分や食べかすなどを吸収し、汚れが付着しやすいので、食後は丁寧なケアを行う必要があります。

また仮歯はいずれは外すことを考えて、食事などに困らない程度に接着してあるだけなので、強い力がかかると外れることがあります。

そのため、毛先のやわらかめな歯ブラシを選んで、優しく小刻みに動かしながら磨くのがポイントです。

さらに、仮歯と隣り合う隙間にも食べかすは詰まりやすいため、歯間ブラシを使ったお手入れをすると効果的です。

歯間ブラシには、T字型とI字型があるので好きなほうを選びましょう。

また、ブラシのサイズもさまざまですが、仮歯に負荷をかけないように知るためには、ブラシが小さめなものがよいでしょう。

前歯の場合は、そのまま隙間に差し込んでゆっくり前後に動かします。

奥歯の場合、I字型の歯間ブラシは毛先の部分を折り曲げてT字にすると使いやすいです。

口をやや閉じて「い」の形にしたら、歯間ブラシを頬の内側を押し出すように差し込んで前後に数回動かします。

汚れが取れたら口を漱いで、歯間ブラシはきれいに洗い乾かしましょう。

入りにくい所にはムリに入れず、ワイヤーで歯や歯茎をごしごし強くこすると仮歯を傷めるので気を付けましょう。

また、ブラシやワイヤーが痛んだら交換しましょう。

仮歯のお手入れには、デンタルフロスが効果的です


仮歯の隙間お手入れには、デンタルフロスも効果的です。

使い方は、まず40㎝位に切ったデンタルフロスを左手中指に3回位巻き付き、間が10から15㎝位開くように、右手中指にも巻き付けます。

さらに、両手の親指と人差し指でフロスをつまんで、長さが1、2センチになるようにピンとはります。

上の前歯には、右手の人差し指と左手の親指で、上の奥歯には両手の人差し指で上向きにフロスを押さえます。

下の奥歯には、下向きに両手の人差し指でフロスを押さえます。

そして、左手は歯の内側、右手は歯の外側に入れ、斜めに動かしながら隙間に入れます。

前後にゆっくり動かしながら歯茎に近い所まで来たら、今度は優しく引き上げていきます。

フロスを抜くときは、上もしくは下に引っ張ると仮歯に負荷がかかるので、片方の指からフロスを外して手前に引き抜きましょう。

次の歯のケアを行う時は、フロスの使用部をずらして未使用の部分を出し、同じようにケアを行います。

フロスは基本的に使い捨てなので、次回は新しく糸をカットして使いましょう。

仮歯や隙間に汚れが溜まると、変色や虫歯などの原因となります

お手入れが不十分で、仮歯に汚れが付着したままだと黄ばんだり、茶色く変色したりすることもあり、見た目にも美しくありません。

さらに前歯だと、他の歯との違いが顕著で目立ってしまいます。

また、仮歯の材質としてよく使われるプラスチック状の樹脂はしなやかで成形しやすい反面、歯と歯が当たることや、食事の際の咀嚼などによってすり減ります。

見た目にはあまりわかりませんが、徐々に隙間が生じることもあります。

隙間ができると食べかすが詰まりやすく、蓄積した汚れに細菌が繁殖して、新たに隣の歯が虫歯になったり、処置を終えた患部の虫歯が悪化したりすることもあります。

また、歯周病菌が歯茎に入り込み、炎症を起こして歯周病を発症する可能性も考えられます。

そうなると新たに歯を削ったり、場合によっては神経を抜く根管処置が必要となると歯や神経を失ったり、施術に費用や時間が余分にかかってしまうことにもなりかねません。

仮歯の劣化や変色を防ぎ、患部や隣り合う歯を守るためにもこまめなケアを怠らないようにしましょう。

(まとめ)仮歯はどのようにお手入れすればいい?

1.仮歯はこまめに磨き、歯間ブラシやデンタルフロスで隙間もお手入れしましょう

仮歯は材質の性質により、汚れが付着しやすいので変色を防ぐためにも、こまめな歯磨きを行う必要があります。

また食べかすが詰まりやすい隙間には、歯間ブラシやデンタルフロスを使うと、虫歯予防にもなるのでオススメです。

2.仮歯は優しく丁寧に磨き、歯間ブラシで隙間もきちんとお手入れしましょう

仮歯は素材の性質により、汚れを吸着しやすいのでこまめなお手入れが必要です。

やわらかめな歯ブラシで優しく磨いたり、食べかすが詰まりやすい隙間には歯間ブラシを使ったりすることをオススメします。

3.仮歯のお手入れには、デンタルフロスが効果的です

仮歯の隙間には食べかすが詰まりやすいので、デンタルフロスを使うのもオススメです。

デンタルフロスは、部位によって使い方が異なるので、仮歯を傷めないように正しい使い方をマスターしましょう。

4.仮歯や隙間に汚れが溜まると、変色や虫歯などの原因となります

仮歯がきちんと手入れされずに、汚れが付着したままだと時間の経過とともに変色する可能性があります。

また、仮歯がすり減って隙間ができると食べかすが詰まりやすく、細菌が繁殖して虫歯や歯周病を招くリスクも高まります。

387
Return Top