湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

仮歯を入れると歯茎が変色することがある?

仮歯を入れたときにはさまざまな原因から歯茎が変色することがあります


仮歯を入れたときに歯茎が変色したと感じる原因にはさまざまなものがあります。

たとえば、仮歯を被せる元となる歯の根の色が原因という場合があるでしょう。

神経がなくなった歯の根の色が、施術を行ったことで目立つようになって、変色したと感じる場合や歯の根の部分を金属のものにすることで、金属の色が透けて見えるなどの場合などが考えられます。

そのほか、金属を使用した土台や被せ物から金属イオンが溶け出して色素が沈着する場合もあるため、気になる場合は金属を使用しない素材を選ぶなどするとよいでしょう。

金属を使用する被せものでも歯茎が変色する場合があります

被せものなどが原因で、歯茎が変色しているように見える可能性もあります。

変色した歯根の色が歯茎から透けて色が見えているため歯茎が変色して見えるように、仮歯を被せる土台(コア)が金属でできている場合にも土台の金属の色が歯茎から透けて見えることがあります。

セラミックなど歯の被せものをするときに歯の根がしっかり残っている歯の場合には、被せものの土台は変色していない歯の周りを削るだけで完成するので、その上に仮歯をいれた場合でも歯茎が変色して見えることはないといえます。

変色した歯は濃い色に変色してしまうのですが、神経のある歯は変色しないため、歯茎に変色後の色が移ることがなく、歯茎が変色することもないでしょう。

神経をなくした歯の根を土台にする場合には、歯の根の中にまで細菌が入り込んでいる可能性があるため歯の根の中を消毒してから補強をして人工の土台を作ります。

その土台を金属でできたメタルコアにしたときには、表面の歯茎から金属の色が透けて見える場合があり歯茎が変色したように感じるといえます。

そのほか、土台を作っているときに生じる細かい金属粉が歯茎の中に入り込んで歯茎を変色させてしまうこともあります。

歯茎の変色時には歯肉整形などの施術が適しているといえるでしょう。

歯茎が変色する原因にはさまざまなものがあります


歯茎が変色しているように見える場合、実際の歯茎への色素沈着や歯周病による歯茎の炎症などの原因もあります。

喫煙をしている方の場合には特にタバコ中のニコチンやタールなどの成分によってメラニン色素が歯茎に沈着して歯茎に黒ずみが発生しやすくなります。

また口呼吸をする癖があるために口の中が乾燥しやすくなり、口内の粘膜が弱くなって歯茎が黒ずみやすくなる場合もあります。

このようなメラニン色素の沈着による歯茎の黒ずみの場合には、歯茎の表面についている色素を除去する歯茎のホワイトニングの施術が適しているといえます。

また歯周病にかかっているときにも歯茎が変色することがあります。

歯周病にかかっていると細菌により歯茎が炎症を起こして腫れが生じてしまいます。

歯茎の炎症が進むと歯茎が赤紫色になったり黒っぽくなったりすることもあり、ひどくなると歯茎の変色だけでなく歯が抜けてしまう可能性もあるのです。

歯周病が原因となる歯茎の変色は、歯周病を治すことで改善が期待できるでしょう。

オールセラミックは歯茎が変色しにくい素材です

歯茎の変色は金属を使用している土台や被せものなどが原因で起きる可能性があります。

仮歯そのもので歯茎が変色する可能性は少ないため、金属を使用しない土台やオールセラミックを選んだ場合にも歯茎が変色しにくいといえます。

被せものなどによって歯茎が変色する場合には、口内の水分で被せものに使用されている金属の金属イオンが年数が経つにつれ溶け出して歯茎に沈着するという場合が考えられるでしょう。

保険診療の被せ物は表面は白く見えていても裏側が金属になっているので、その金属部分から金属イオンが溶け出すことで歯茎が着色される可能性があります。

仮歯は最終的な被せものを入れるまでに一時的に使用するものです。

そのため、噛み合わせの調整がしやすい白いプラスチック素材で作られています。

仮歯そのものには金属が使用されていないので、金属イオンが生じ歯茎が変色することはありません。

被せものに使用される素材の中でも、金属を使用していないオールセラミッククラウンなどの被せものなら、歯茎の着色の原因になりにくいため歯茎の色が気になる場合は検討してみてもよいでしょう。

(まとめ)仮歯を入れると歯茎が変色することがある?

1.仮歯を入れたときにはさまざまな原因から歯茎が変色することがあります

仮歯を入れたときに歯茎が変色したと感じる場合、歯の根の色が透けて見えている可能性が考えられます。

また、金属を使用した素材から金属イオンが溶け出し、変色の原因になる場合もあるため、金属を使用しない素材を利用する事も検討してみましょう。

2.金属を使用する被せものでも歯茎が変色する場合があります

変色した歯の根が歯茎の裏にあることで、歯茎が変色して見えることがあります。

さらに、人工の歯の土台が金属でできている場合にもその色が透けて見える場合があるでしょう。

土台作製時に金属粉が歯茎に入って変色を起こしていることもあります。

3.歯茎が変色する原因にはさまざまなものがあります

歯茎の変色の原因には、ニコチンやタール、乾燥などによるメラニン色素の沈着や歯周病による歯茎の炎症などがあります。

歯茎の色素沈着には歯茎のホワイトニングの施術が適しているといえます。

4.オールセラミックは歯茎が変色しにくい素材です

歯茎の変色は金属を使用している土台や被せものが原因の可能性もあります。

土台や被せものの金属部分から金属イオンが溶け出して歯茎に沈着すると変色の原因になるので、気になる場合は金属を使用しないオールセラミックなどが適しているといえます。

220
Return Top