湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

仮歯の作り直しは可能?

仮歯は故障だけでなく噛み合わせの問題でも作り直してもらえる場合があります


削ったあとの歯に最終的な被せものを入れるまで、一時的に代わりの被せ物として入れておくものが仮歯です。

仮歯には、歯が削られて不自然な印象のままにならないようにする審美的な理由で入れるだけではなく、被せものの形を再現して噛み合わせなどの確認をするという役割を果たす場合もあります。

そのため、噛み合わせなどがどうしても合わないときには、相談して作り直しをしてもらえる可能性もあります。

仮歯が合わない場合の作り直しは被せものの完成に影響する場合もあります

仮歯は歯が抜けたあとに人工の歯を入れるインプラントの施術中や、歯の土台を作ってから被せものをする差し歯、ブリッジなどの施術中に一時的に使用する歯です。

セラミッククラウン(人工の被せもの)などを被せるために歯を削って土台を作ったあとには、日常生活で困ることがないように仮歯を被せます。

自費診療の場合には、基本的には完成した被せものを被せているときと同じように審美性の高い色や形の仮歯が作られる場合が多いです。

なぜなら、審美性の高い仮歯を利用することで、被せものができるまで歯の噛み合わせを確かめたり色や形に問題がないかなどを確認したりすることが可能となるからです。

また、審美性の高い仮歯であれば、仮歯を入れた段階で最終的な見た目に近い状態を自分で確認できます。

普段の生活でも実際に使用することができるので、被せものができるまでの期間も、不安なく過ごすことができるというメリットもあるでしょう。

さらに、歯の被せものは見た目だけでなく噛み合わせも重要です。

仮歯を入れたときに痛みを感じることがないか、違和感が生じていないかなどを確かめられるため、仮歯の期間に調整を行うことで、最終的な被せ物を調整する際にも役立てられるでしょう。

仮歯は一時的な被せものなので破損する可能性もあります


仮歯は長く使用するものではないため通常はやわらかいプラスチックでできています。

そのため仮歯をつけている期間には注意して生活しないと欠けたり割れたりしてしまうような場合もあります。

仮歯を入れたときには、仮歯が欠けたり割れるというアクシデントを避けるためにおせんべいなどの硬いものを食べないようにしたり、チューインガムなどくっつく食べものを避けるように注意しましょう。

また仮歯は被せものが完成したときに取り外すことになるため、土台への接着が弱くなっています。

硬い食べものを思い切り噛んでしまうなどの強い衝撃を与えると仮歯の接着が緩んで外れてしまうこともあるため、できるだけ仮歯で噛むことは避けておいたほうがいいといえます。

さらに、歯磨きのときに力を入れて磨く癖のある方の場合には、仮歯をごしごしと力いっぱい磨くことで仮歯が少しずつ削れてしまう可能性もあります。

そのため、あまり力をいれずに歯磨きをするよう気をつける必要があるといえるでしょう。

もし、仮歯が破損してしまった場合、可能な場合にはクリニックで修正することができますが、壊れ方がひどい場合には仮歯を作りなおす場合もあります。

保険診療で作製する仮歯は審美性が保証されていません

自費診療の場合には仮歯は被せものと同じ色や形に作られるのですが、保険診療の場合にはそうでない場合も多いでしょう。

そもそも仮歯には、歯の間に隙間が空いている状態を何日も放っておくことで、周りの歯が隙間の方に倒れてしまうため歯が動いてしまう、という問題を予防する働きがあります。

もし、被せものが完成するまでに歯の隙間に周囲の歯が倒れこんでしまうと、完成した被せ物が入らなくなってしまう場合があるからです。

そのため、保険診療の場合でも、基本的には仮歯を装着することになります。

しかし、保険診療では生活に支障がでるような問題がある際に、その問題を改善するための「機能性」を重視した施術を行っています。

そのため、自費診療のように審美性を保証する施術ではなく、仮歯の見た目に対しての希望などを取り入れてもらうことができません。

周囲の歯と色や大きさが違って違和感が生じているという審美性の問題が起きていても、保険診療の場合、仮歯を作り直してもらうことは難しいといえます。

仮歯の装着期間中も審美的な面を気にしたいという方の場合は、仮歯の見た目にもこだわった医院を受診するとよいでしょう。

(まとめ)仮歯の作り直しは可能?

1.仮歯は故障だけでなく噛み合わせの問題でも作り直してもらえる場合があります

仮歯は歯を削ったあとの歯に被せものを入れるまでの間被せておく、一時的に使用するものです。

審美性だけでなく歯の噛み合わせなどの確認をする場合もあるので、どうしても合わないというときには作り直しをしてもらえる可能性があります。

2.仮歯が合わない場合の作り直しは被せものの完成に影響する場合もあります

仮歯はインプラントや差し歯などの施術中に一時的に使用する歯です。

自費診療の仮歯は歯を削ったあとなどの日常生活に不便を感じないように入れるだけでなく、被せものを入れた見た目や噛み合わせの状態を確認できるため、被せものの調整にも役立ちます。

3.仮歯は一時的な被せものなので破損する可能性もあります

仮歯は長く使用するものではないためやわらかい素材でできていて、土台への接着も弱くなっています。

硬いものを噛んで仮歯が欠けたり割れたりするなど破損した場合には仮歯を作りなおすことになります。

4.保険診療で作製する仮歯は審美性が保証されていません

保険診療では機能性を重視した施術が行われるため、自費新調の場合と異なり審美性が保証されていません。

仮歯を装着している期間中も見た目を気にしたいという場合は、審美性にこだわった医院などを検討してみてもよいでしょう。

905
Return Top