仮歯だと見栄えは悪くなるの?

技術や材質が改良され、仮歯の見栄えも良くなってきています


仮歯というと色が悪い、噛みにくいといった印象が持たれがちです。

しかし、以前よりも仮歯の材質が改良されてきたので、自然に近い色合いが出せるようになりつつあります。

さらに、技術も上がり、微調整などもきちんと行える審美歯科医なら歯並びも美しく、見栄えよく仮歯を入れてもらうことも可能です。

より質の高い、見栄えのきれいな仮歯を望むならセラミック製のものを選ぶこともできます。

仮歯の品質は向上され、見栄えもきれいになったとされています

本来の人工歯や被せものが仕上がるまでの間の暫定的な措置として、空間を埋めるために仮歯が入ります。

応急的なものなので、仮歯にすると色や歯並びなども不自然になって見栄えが悪くなると思われがちです。

以前は技術力や材質などもあまりよいとは言えず、見栄えも良くない仕上がりになってしまうこともあったかもしれません。

しかし、研究や品質向上が重ねられた結果、仮歯に用いられるプラスチック状の樹脂も、改良が進んでいるのです。

これまでの仮歯と比べると、強度が少しずつ増し、プラスチックであっても自然の歯に近い色味が出せるようになってきました。

また、仮歯を作成する技術も向上して、微妙な噛み合わせや歯並びをきちんと調整し、違和感を覚えにくい仕上がりにすることが可能になってきています。

周囲の自分の歯により近い色、形状で仮歯を作り、装着角度などもよりベストに近い状態で接着できるようになったとされています。

そのため、以前に比べると仮歯であっても見栄えよく仕上がり、見た目にも周囲の歯に馴染んで違和感がなくなってきたと言えるでしょう。

より見栄えの良さにこだわるなら、セラミック製の仮歯がオススメです


一般的に、仮歯はプラスチック状の樹脂で作られることが多いです。

透明感があって、周囲の歯と色などを合わせ、やわらかいので形状も変えやすいため仮歯には適した材質だと言えます。

しかし、長期間使用することで劣化、変色しやすい、強い衝撃には耐えられないといった弱点もあります。

プラスチック状の樹脂よりも、見栄えが良く耐久性にも優れたセラミックでも仮歯を作成できます。

セラミックは透明感があって色の種類も豊富なため、見た目には自然の歯とほぼ見分けがつかない位、見栄えのよい仮歯に仕上がるとされています。

また、硬くて強度があるのである程度の衝撃にも耐えられ、汚れも付着しにくいので黄ばみなどの変色も抑えられる素材だと言われています。

プラスチック状の樹脂よりも、さらに高い審美性、見栄えの良さを希望されるならセラミック製の仮歯を検討してみましょう。

ただ、セラミック製の仮歯は保険対象外の施術となるため、費用が通常よりも高額になることも念頭に置いておきましょう。

見栄えのよい仮歯でも、施術を中断してしまうのは危険です

仮歯であっても、きちんと噛み合わせを調整して違和感がなく、形や色合い、歯並びなどの見栄えがきれいに仕上がると満足感があります。

仮歯であることを忘れてしまい、快適な生活が送れるとつい通院を中断してしまう方も中にもいます。

しかし、いくら生活に不便が無くても、やはり仮歯なので長期的な装着には耐えられません。

次第に磨り減ったり、接着剤のセメントが溶け出したりして隙間ができ、食べかすが詰まって口臭や虫歯ができることもあります。

また、歯はできた隙間を埋めようとして自然に移動したり、歯茎が盛り上がってしまったりして、空間の広さが変わってしまう可能性があります。

そうなると、歯型を取って作った被せものや人工歯が入らなくなり、歯を削る場合や、作り直しが必要となる場合もあるでしょう。

さらに、プラスチック状の樹脂の仮歯だと、時間の経過と共に徐々に汚れがついて変色したり、劣化して破損しやすい状態になったりします。

また、旅行先などで思いがけず仮歯は外れてしまうリスクも高まります。

仮歯で放置するとさまざまなトラブルが起こるので、きちんと通院して本来の被せものを装着してもらいましょう。

(まとめ)仮歯だと見栄えは悪くなるの?

1.技術や材質が改良され、仮歯の見栄えも良くなってきています

今の仮歯は材質が改良されて、色合いや強度なども以前よりはだいぶ改善されています。

そのため、見栄えのいい仮歯になりつつありますが、さらに審美性を求めるならセラミック製の仮歯を入れるという選択肢もあります。

2.仮歯の品質は向上され、見栄えもきれいになったとされています

以前と比べると仮歯に使われている材質が改良され、また歯科医の技術も向上してきたので、仮歯であっても見栄えがだいぶ良くなったとされています。

微妙な調整がきちんとなされれば、違和感なく快適に仮歯で過ごせます。

3.より見栄えの良さにこだわるなら、セラミック製の仮歯がオススメです

従来のプラスチック状の樹脂ではなく、費用はかかりますがセラミック製の仮歯にすると見栄えがかなり良くなります。

さらに、セラミックは耐久性にも優れているので、仮歯であっても劣化や変色、破損しにくいとも言われています。

4.見栄えのよい仮歯でも、施術を中断してしまうのは危険です

仮歯の見栄えが良くても、仮歯は一時的なものなので長期間使用すると劣化し、脆くなります。

隙間ができて虫歯や歯周病が悪化したり、歯が移動して被せものが入らなくなったりするリスクもあるので、施術は最後まで行うことが大事です。

706
Return Top