仮歯は強度が低い被せものなの?

仮歯は一時的に使用するためのものなので強度はそれほど高くないといえます


虫歯で歯に大きく穴が開いたり、歯が欠けたりした場合などの時、歯にセラミックの被せものをする施術を行う場合があります。

このセラミックの被せ物が完成するまでの間、一時的に歯に被せておくものが、仮歯です。

仮歯は被せものが完成したときに外してしまうものなので、基本的にはあとで外せるようになっています。

そのため、セラミックなどの丈夫で長期間使える素材ではなく、プラスチックで作られている場合が多いため、強度は比較的高くないと言えるでしょう。

仮歯には一時的に歯を保護するなどの目的があります

進行した虫歯のあとに被せものをするときやセラミック矯正などで歯を削ったあとに、被せものが完成するまでの間仮歯を被せておくことがあります。

被せものをする施術を行う場合、施術対象の歯を被せものの土台になるよう削ります。

しかし、歯を削ったあとにそのまま歯の土台だけが見えていると、不自然な歯並びに見えて審美的な問題が生じ、食事のときに不便になってしまうこともあるでしょう。

また削ったあとの過敏な状態の歯がしみないように保護するためなど、さまざまな目的で一時的に仮歯を歯に被せることがあるのです。

仮歯は最終的な被せものを入れるまでの数ヶ月の間、被せものをしたときの歯並びの状態を確認するために使用される場合もあります。

高さなどを調整しやすくするため、やわらかくて簡単に削ることができるプラスチックで作られています。

つまり、仮歯自体の強度は比較的高くはないといえるのです。

さらに仮歯の調整時や完成した被せものを被せるときなどには仮歯を外すこともあるので、仮歯と土台の間の接着は弱めに行われています。

食事のときに仮歯で自分の歯のときと同じように何でも気にせず噛んでいると、強度の低さから欠けたり外れたりする可能性があるため注意して生活する必要があるでしょう。

仮歯を入れているときには気をつけて過ごす必要があります


仮歯はセラミッククラウン、ブリッジなど審美的な人工歯の被せものができるまでの一時的な被せものです。

クラウンができるまでに白い仮歯を入れることができるため、セラミッククラウンなどの施術中に不便を感じることなく、日常生活を送ることができるようになるのですが、仮歯使用時には注意することもあります。

仮歯はやわらかいプラスチックでできているため、固い食べものを食べたり歯ぎしりをしたりすると仮歯が徐々に削られ、仮歯の端が欠けてしまうことがあるといいます。

また、仮歯はあとで外すことを前提としているので、コアへの接着が弱い状態です。

そのため、ガムやキャラメル、もちなどのくっつきやすい食べるのは避けた方がよいでしょう。

仮歯が食事や噛み合わせのたびに徐々に削られることもあり、長期間の使用で歯の噛み合わせにも影響がでる場合があるので仮歯に違和感を覚えたら早めに通院するほうがいいといえます。

さらに、仮歯を入れたまま過度な長期間通院できずにいると、汚れがついて変色を起こす場合や、臭いが発生して口臭の原因になることもあるため、注意は必要でしょう。

被せものは仮歯に比べ強度の高い素材で作られています

歯を削ったあとや歯がなくなったあとに被せる被せものの種類には保険診療で受けられる硬質レジンや銀歯のほかに、自費診療のセラミックがあります。

硬質レジンよりも強度があり、長年使用しても変色や汚れの心配が少ないというメリットがある素材がセラミックです。

さらに、セラミックは自然な色使いや、仮歯よりも十分な強度があるなどの魅力があり、かつ虫歯の心配もなく使用することができます。

そのため、とくに審美性が重要とされる前歯には、セラミックが適しているといえるでしょう。

奥歯に使用される場合が多い銀歯は、強度が高いけれどその銀色の見た目で審美的な問題が生じやすいことや長期間の使用で金属アレルギーになったり銀歯が腐食してしまったりする可能性があるというデメリットがあります。

噛み合わせるときに大きな力がかかる奥歯には強度の高い被せものを入れる必要があるので、表面は白く美しい歯に見えるセラミックで内側がアレルギーになりにくい貴金属になっているメタルボンドや、外側がセラミックで内側がジルコニア(人工ダイヤ)でできているジルコニアなどの強度の高い素材が適しているといえます。

(まとめ)仮歯は強度が低い被せものなの?

1.仮歯は一時的に使用するためのものなので強度はそれほど高くないといえます

仮歯は歯が欠けた場合などにセラミックの被せものをするとき、一時的に歯に被せておくものです。

あとで外すことになるなどの理由からプラスチックの強度の低い素材で作られています。

2.仮歯には一時的に歯を保護するなどの目的があります

進行した虫歯のあとなどに被せものをするセラミックの施術中には、歯を削ったあとに審美的な目的や歯を保護するために仮歯をいれます。

仮歯はセラミックの完成までに調整することもあるので削りやすく強度の低い素材でできています。

3.仮歯を入れているときには気をつけて過ごす必要があります

仮歯はセラミッククラウンなど最終的な被せものができるまでの一時的なものです。

そのため、外れやすく、長く使用すると削れてきたり変色や口臭の原因にもなったりするため、違和感を覚えたら早めに通院したほうがいいといえます。

4.被せものは仮歯に比べ強度の高い素材で作られています

被せものの種類には保険診療で受けられる硬質レジンや銀歯がありますが、強度が弱い、腐食の可能性があるなどのデメリットもあります。

セラミックは美しさと耐久性、強度があり、奥歯にもメタルボンドやジルコニアセラミックなどの適した素材があります。

911
Return Top