仮歯は見えにくい奥歯にも必要なの?

仮歯には周りの奥歯を固定するという役割があります


それほど口を大きく開けなければ奥歯の状態は周囲に見えにくいといえます。

しかし、仮歯というものは、歯が抜けていることなどの審美的な問題を防ぐためだけの理由で入れているというわけではありません。

歯と歯の間に隙間がある状態では周囲の歯が徐々に動いて隙間がせまくなってしまう可能性があります。

そのため、仮歯には開いている隙間に入れることで歯の位置をおさえるという役割もあるのです。

奥歯の仮歯には見た目の改善以外にも役割があります

ブリッジやセラミック、インプラントなどを入れる場合には、歯の間の隙間をあけたままにしておくと周りの歯が動く可能性があります。

そのため、そういった事態を避けるために仮歯を入れるのですが、そのほかにも仮歯を入れるメリットは存在するのです。

たとえば、歯の無くなった部分は歯茎が厚くなりやすいです。

人工歯を入れるまでの間に歯茎が周りよりも盛り上がってしまうと、人工歯が入りづらい状態になってしまいますから、そうならないようにするための役割も仮歯にはあるのです。

そして、食事をするときに歯と歯の間に隙間が開いていると不便なのでその不便さを改善するためや、施術中の箇所に細菌がつかないように保護するという理由からも仮歯を入れることがあるといえます。

セラミックの施術で入れる仮歯は、先に作っておいた土台に通常の被せものと同様に被せてかるく接着します。

そして通常はセラミッククラウンが完成するまで仮歯を被せるといえます。

またインプラントの場合の仮歯は、インプラント体を埋め込んだあとにインプラント体が骨と定着するまでの期間に仮歯を入れます。

インプラントでは施術箇所に負荷をかけないために、仮歯を入れない場合もありますが、両隣の歯に接着したり仮の歯用インプラントで装着したりする場合、仮の入れ歯を使用する場合もあります。

仮歯に痛みなどが生じた場合には注意が必要です


セラミックの施術時には歯を削った土台に仮歯を被せるのですが、仮歯を被せた歯がズキズキと痛む場合には歯の神経に細菌が入り込んで炎症をおこしている可能性があります。

進行した虫歯の場合には細菌が歯の表面から徐々に歯の奥にある神経にまで入ってしまうことがあり、虫歯を改善したあとのセラミックの施術中にもまだ歯の根に細菌が残っていたときには、あとからその細菌が増殖して痛みが生じることもあります。

歯の根に細菌が入っていた場合には神経を除去して歯の根の奥まで消毒を行う根管治療が必要になることもあるので、早めに医師に診てもらうようにしましょう。

神経がない歯を削って土台にした場合に、歯に痛みがでたときにも、歯の根の奥に残っていた細菌が原因で炎症がおきている可能性があります。

細菌の増殖のために歯の根の奥に膿が生じている場合には、放っておくと歯茎にまで膿が溜まってしまうことがあります。

また歯を噛み合わせたときに痛みを感じるときには、仮歯がほかの歯よりも高いために仮歯に負担がかかりすぎている状態かもしれません。

その場合は、かかりつけの医院で噛み合わせを診てもらうようにするといいでしょう。

奥歯には噛み合わせ時に大きな力がかかるといわれています

一般的には歯を噛み合わせるたびに、奥歯に60キロ程度の力がかかるといわれています。

奥歯を失ったときにはその失った歯にかかるはずだった力が周りの歯にかかるため、周りの歯の負担が大きくなります。

仮歯はレジンという素材でできているため、奥歯に入れた仮歯で食べ物を強く噛むと仮歯が欠けてしまうことがあります。

また仮歯はあとから外せるように軽く接着しているだけなので強い力がかかると外れやすく、大きな力がかかりやすい奥歯の場合にはより注意が必要といえます。

また奥歯は歯ブラシが届きにくく、歯磨きなどのケアが不十分になりやすい場合もあります。

仮歯の周りは歯磨きする際に力を入れすぎず、丁寧に行って、仮歯の隙間から細菌が入り込まないように気をつけるようにしましょう。

奥歯のように大きな力のかかりやすい場所には、顎の骨にしっかりと固定できて自分の歯と同じ感覚で使用できるインプラントが適しているといえます。

インプラントは周りの歯に引っ掛けるブリッジよりもほかの歯にかかる負担が少ないため、ほかの歯の寿命を縮める可能性が少ないというメリットがあります。

(まとめ)仮歯は見えにくい奥歯にも必要なの?

1.仮歯には周りの奥歯を固定するという役割があります

奥歯は歯がなくなった状態でもそれほど目立つ場所ではありません。

しかし、歯がなくなって隙間が開いている奥歯の部分に仮歯を入れることで、周りの歯の位置がずれないように固定することができるようになります。

2.奥歯の仮歯には見た目の改善以外にも役割があります

奥歯の隙間があいたままにならないようにセラミックなどの施術中に仮歯を入れることが多いといえます。

仮歯を入れる理由には歯がなくなった部分の歯茎に厚みがでないようにするためや、食事中の不便さを改善するため、施術箇所を保護するためなどがあります。

3.仮歯に痛みなどが生じた場合には注意が必要です

セラミックの施術時に仮歯を被せている歯が痛む場合には、歯の神経に細菌が入り込んでいたために細菌が増殖して痛みが生じる可能性があります。

また噛み合わせの悪さで痛みを感じている場合もあるので、早めに医師に診てもらうようにしましょう。

4.奥歯には噛み合わせ時に大きな力がかかるといわれています

一般的には奥歯には噛み合わせ時に体重と同じ位の力がかかるといわれています。

仮歯はレジンでできていて接着も軽く行われているため、食べ物を噛むときなどには気をつける必要があります。

1312
Return Top