仮歯には汚れがつきやすい?

仮歯は一時的に使用するものなので汚れがつきやすい場合もあります


仮歯は一時的に使用するもので、やわらかいプラスチック素材でできています。

自費診療の仮歯の場合、審美性が高く周りの歯に違和感なくなじむよう作製されるでしょう。

しかし、表面に汚れのつきやすい素材のため、長い期間使用していると着色が生じることもあるのです。

セラミック(陶器)などの素材であれば、水分をはじくため汚れがつきにくく着色がほとんどないと言われています。

一時的に使用するための仮歯は長期間の使用に向いていないといえます

進行した虫歯やケガなどが原因で歯を削ったあとや歯を抜歯したあとなどには被せものを入れる場合、セラミックやインプラントなどの施術が適しているといえます。

セラミックの施術は歯を削って土台を作ってから、セラミッククラウン(陶器製の被せもの)を被せる施術です。

施術は一度歯の型をとってから歯を削り、セラミッククラウンが完成するまでの間に仮歯を入れて生活します。

その後、セラミッククラウンが完成したときには仮歯とクラウンを交換するという流れになります。

仮歯は最終的な被せものができるまで一時的に使用するための歯です。

長い期間使用していると汚れがついたり変色してしまったりする可能性があります。

ただセラミックの施術は短ければ2、3ヶ月で完了し、インプラントの施術も通常1年かからずに施術が完了するのであまり長くならない程度であれば、それほど変色も生じないといえます。

また通常の日常生活に困るほどの問題は生じないと言えるでしょう。

ただ、仮歯は基本的に強度が弱いものです。

硬いものを食べると仮歯が欠けてしまう場合もあるため、仮歯を入れている間は固い食べ物や歯磨きなどに気をつけて生活する必要があるといえます。

仮歯には細菌からクラウンの土台となる歯を守る働きもあります


歯を削ったあとなどに仮歯を入れるのには、歯の間に削った分や歯が抜けた分の隙間が開いている状態が周りから見えないようにするためなどの審美的な理由があります。

しかし、実はそのほかにもさまざまな理由がありのです。

通常は最初に歯の型をとってから歯の隙間に合うようなセラミッククラウンなどの作製をします。

ですが、その作製中の期間に歯と歯の間の隙間が開いたままになっていると、周囲の歯が開いている隙間の方に少しずつ移動して、歯の位置がずれてしまう場合があるのです。

するとセラミッククラウンが完成したときにその隙間に入らなくなる場合もあるため、仮歯には歯を固定させるという役割があります。

そして、クラウンをつけるために歯を削ってできた土台が、口内の細菌によって虫歯になってしまった場合、被せものができなくなってしまうこともあるのです。

土台をしっかりとカバーして保護するという役割や、歯と歯の隙間の部分が開いたままになっているとそこの歯茎が厚くなってくるためそれを防ぐという役割もあります。

歯茎の腫れが生じている場合などにも仮歯で過ごすことで、腫れがおさまるまで歯茎の腫れの状態に合わせて調整が可能といえます。

セラミックの歯は汚れがつきにくいという特徴があります

一時的な仮歯はやわらかくて微調整がしやすい素材でできていますが、セラミックは汚れがつきにくく着色がほとんど生じない素材です。

希望する歯の形や大きさ、色などに合わせて被せものを入れて自然で透明感のある美しい歯並びへ改善する施術がセラミック矯正の施術です。

歯に被せるセラミッククラウンは水や汚れに強く長い期間歯の着色の心配をせずに過ごすことができ、丈夫で仮歯のように簡単に歯が欠ける心配がないというメリットもあります。

セラミッククラウンには、オールセラミックやメタルボンド、ジルコニアセラミックなどの種類があります。

すべてセラミックでできていて、透明感があり自然で審美性の高いオールセラミックはよく前歯の被せものに使用され、メタルボンドは外側がセラミックで内側は金属でできているためオールセラミックよりも強度が高く奥歯にもよく使用されます。

内側に金属ではなく強度の高いジルコニアを使用して強度と審美性を高めたジルコニアセラミックは、前歯にも奥歯にも適した素材です。

ジルコニアはその強度の高さから歯を削る面積が少なく済むというメリットがあります。

(まとめ)仮歯には汚れがつきやすい?

1.仮歯は一時的に使用するものなので汚れがつきやすい場合もあります

仮歯は一時的に使用するものとしてやわらかいプラスチック素材でできています。

自費診療の仮歯は審美性が高く見た目に違和感もないのですが、セラミックなどの素材とは異なり汚れがつきやすく長期間の使用で着色する可能性があります。

2.一時的に使用するための仮歯は長期間の使用に向いていないといえます

歯を削ったあとや抜歯のあとにはセラミックなどの施術が適しているといえます。

セラミックなどの施術でクラウンが完成するまでの数ヶ月は仮歯を入れて日常生活を送りますが、仮歯でいる期間が長くなると汚れや変色が生じる可能性があります。

3.仮歯には細菌からクラウンの土台となる歯を守る働きもあります

歯を削ったあとなどに仮歯を入れるのは、審美的な理由だけではありません。

仮歯には、クラウンを被せる歯の土台が虫歯にならないように保護する役割や、隙間が開いている場所の歯茎が盛り上がらないようにするなどの役割があるのです。

4.セラミックの歯は汚れがつきにくいという特徴があります

セラミックでは透明感があり審美性が高い歯を入れることができます。

セラミッククラウンは丈夫な陶器でできているため、長期間使用していても汚れがつきにくくほとんど着色しないという特徴があります。

1320
Return Top