歯茎が炎症をおこしていても仮歯をつけられる?

歯ぐきに炎症があるときに仮歯をつけることには問題ありません


セラミッククラウンなどを入れるときに歯茎に炎症がおきている場合、炎症がおさまる前にセラミッククラウンの型をとって歯に被せる施術を行うことはできません。

しかし、その間の期間に仮歯を入れることは可能です。

仮歯は一度入れてから歯の炎症の状態に合わせて作りなおすこともできます。

調整をしながら炎症の改善を待って、最終的にクラウンを被せるという流れで施術を行うことになるでしょう。

歯茎の炎症がおきているとすぐに被せものをするのは難しいといえます

歯が欠けたり抜けたりしてしまったときに歯を取り戻すための施術として、被せものをするセラミッククラウンや、インプラントなどの人工歯を入れる施術があります。

これらの施術を行うとき、歯茎に炎症がおきている場合にはすぐに被せものを被せることが難しいといえるでしょう。

セラミッククラウンは陶器製の被せもので、表面には汚れがつきにくく、着色の心配が少ないことや丈夫で長期間の使用が可能というメリットがあります。

しかし、その特徴のため一度完成してから継ぎ足しをするような調整をすることができず、歯の隙間や歯茎の幅などに変更が生じた場合にはすべて作りなおすことになります。

歯茎が炎症をおこした状態で、セラミックなど被せものを作ってしまうことは基本的にありません。

なぜなら、歯茎の炎症がおさまったときに、はじめに型を取っていた被せものが腫れのひいた歯茎に合わなくなるかもしれないという心配があるからです。

セラミックなどの最終的な被せものは、炎症がおさまった通常の状態で作るのが一般的です。

そのため炎症がおきている間には、調整が簡単にできる仮歯を入れておくことが多いといえます。

仮歯を入れないとさまざまな問題がおこる可能性があります


虫歯が進行したために歯が大きく欠けてしまった場合や歯を抜歯しなければならなくなった場合にはブリッジ、セラミックなど審美性が高く天然の歯に見えるセラミッククラウンを入れる施術が適しているといえます。

また、インプラントなどの施術の際に歯周病が発見され、歯周病が原因で歯茎が炎症をおこしていたときには、セラミッククラウンを被せるより先に歯茎の炎症のもととなっている歯周病の改善を行うことが一般的といえます。

歯茎の改善を先に行う場合でも、現在欠けている歯をそのままにしておくと、審美的な問題が生じます。

前歯はとくに歯の欠けが周りから見えやすく不自然な印象を与えることもあるでしょう。

また歯の欠けや抜けた歯のために歯と歯の間に隙間があると、周りの歯が隙間のほうに寄ってきたり倒れたりしてしまうなどで、歯が動いて噛み合わせが悪くなる可能性もあります。

歯茎が炎症をおこしていても、歯が動かないようにするためという理由や、歯茎が歯の欠けた場所に盛り上がってしまうような問題が生じないようにするため、仮歯は入れるほうがいいといえます。

仮歯のときにはいつもより注意して過ごした方が安心です

歯茎が炎症をおこしているときには仮歯を入れて通常よりも長い期間を過ごすときがあるのですが、仮歯を入れているときには注意しなければならないこともあります。

仮歯はセラミックなどを入れるまでの一時的な代わりの歯なので、調整をする場合もあり取り外しができるようにするため接着が完全ではありません。

そのため、ガムやキャラメルなど歯にくっつきやすい食べ物は、食べるときに仮歯が外れてしまうため気をつける必要があります。

また、仮歯はプラスチックでできているため強度があまり高くないことから、固い食べ物を噛んだときに欠けてしまう可能性もあるので食べ物に気をつけて食事をしなければならないといえます。

他にも歯磨きやフロスでケアを行うときに力を入れすぎて、仮歯が欠けたり外れたりしてしまわないように丁寧に行う必要もあります。

歯茎が炎症をおこしている状態では仮歯を入れている期間が長くなることがあるのですが、何ヶ月もの間調整をしないでいる場合には仮歯が磨り減ってしまうなどの問題が生じることもあります。

仮歯の状態が気になるという場合は、かかりつけのクリニックへ足を運んで、しっかり診てもらうことが大切です。

(まとめ)歯茎が炎症をおこしていても仮歯をつけられる?

1.歯ぐきに炎症があるときに仮歯をつけることには問題ありません

セラミッククラウンなどの被せものは歯茎に炎症がおきているときに行うことが難しいです。

一方、仮歯は歯茎の炎症の状態に合わせて調整することが可能なので、利用することができます。

2.歯茎の炎症がおきているとすぐに被せものをするのは難しいといえます

歯が欠けたり抜けてしまったときに失った歯を取り戻すために、歯に被せるセラミッククラウンは陶器製の被せものです。

丈夫で汚れがつきにくいというメリットがありますが、歯茎の腫れに合わせて調整ができないため腫れている間は仮歯になるといえます。

3.仮歯を入れないとさまざまな問題がおこる可能性があります

歯が大きく欠けたり抜けたりした場所で、歯茎が炎症をおこしていると被せものはできません。

また、歯茎が改善されるまでに歯の隙間をそのままにしておくと周りの歯が動いてしまう可能性があるため、一般的には歯の固定のために仮歯を入れておくといえます。

4.仮歯のときにはいつもより注意して過ごした方が安心です

歯茎が炎症をおこしているときには、通常よりも仮歯を入れている期間が長くなることがあります。

仮歯は一時的な歯なので接着が完全ではなく、食べ物や歯磨きなどで外れたりかけたりする可能性もあるため注意が必要です。

817
Return Top