仮歯とはどういう意味?

仮歯は一時的に入れる代わりの歯を意味します


仮歯はセラミック矯正やインプラントで最終的な被せ物が装着される前に使用するのが一般的です。

つまり、仮歯は施術の途中で一時的に入れておく代わりの歯という意味になります。

しかしながら、仮歯は矯正施術において必要性が高く、本来の機能を果たせなければ歯並びや噛み合わせが悪化してしまう恐れがあると考えられています。

仮歯はほとんどがプラスチックで作られています

矯正施術において、仮歯は文字どおり「仮の歯」という意味を持っています。

セラミック矯正ではセラミッククラウンが、インプラントでは人工歯が完成するまでの期間、最終的な被せ物を装着するまで代わりに入れておくために用いられています。

仮歯はほとんどの場合プラスチック(即時重合型アクリル系樹脂)で作られており、最終的な被せ物とは異なる材質となります。

プラスチックの歯はセラミックなどに比べると耐久性や強度が低く、長期間使用すると変色が起きやすい傾向にあります。

2週間程度で取り除かれる、もしくは交換となるのが一般的とされています。

仮歯は固いものを食べることで割れてしまう可能性があり、外すことを前提としているため取れやすくなっているので注意が必要です。

万が一の時は、クリニックで装着し直してもらうようにしましょう。

これらのことからも、見た目に問題がないからといって、仮歯の状態で施術を中断するのは望ましくありません。

仮歯はあくまでも一時的なものと考え、最終的な被せ物が装着されるまではきちんと施術を続けるようにしましょう。

仮歯は歯の移動を防ぐ目的で使用されています


仮歯には審美面の回復という重要な役割があるとされています。

とくに前歯の場合、仮歯がないことで見た目に大きな影響を与えるといってもよいです。

しかしながら、矯正施術において、仮歯を入れる目的はそれだけではないと考えられています。

まず、大きな目的とされているのが歯の移動を防ぐことです。

セラミック矯正やインプラントでは、最終的な被せ物を入れるまで、施術中の歯と両隣の歯の間にスペースが空いてしまうことになります。

このスペースをそのままにしておくと、周辺の歯が移動したり、歯茎の形が広がってしまったりする可能性が高いでしょう。

放置しておく期間が長ければ長いほどリスクは高まりますし、短期間でも移動してしまう可能性は十分にあります。

歯が移動した結果、最終的な被せ物が入らなくなってしまえば、作り直す必要が出てくるでしょう。

そうなると、時間や費用が余分に発生してしまうことになります。

また、最悪の場合、歯並びや噛み合わせが悪化してしまう恐れもあります。

そのため、仮歯は矯正施術において必要性が高いといえるのです。

仮歯には歯の元々もっている機能を回復させる役割があります

仮歯には他にもさまざまな役割があると考えられています。

二次虫歯の予防

私たちの口腔内には無数の細菌が存在していると考えられています。

象牙質が露出した歯は虫歯菌への抵抗力が低いとされているため、仮歯がないと虫歯菌に汚染されやすいといえるでしょう。

仮歯には二次虫歯を防ぐ役割もあるといえます。

外部刺激からの保護

セラミック矯正で歯を削った際、外部からの刺激が神経に伝達されやすくなっています。

熱いものや冷たいものに触れると痛みを感じるのはそのせいだといえます。

仮歯にはそういった温熱刺激や、歯ブラシからの刺激、食べかすや汚れなどから施術中の歯を保護する役目もあると考えられています。

咀嚼・発音機能の回復

歯が揃っていないと、食事の際にきちんと噛むことができなくなります。

食べ物をしっかり咀嚼されないうちに飲み込んでしまうと、消化不良の原因となってしまうでしょう。

また、歯が1本抜けているだけで音が漏れやすくなり、発音に支障をきたす恐れがあります。

仮歯には本来歯が持っている機能を回復させるという役割もあるのです。

仮歯が本来の役割を果たさなければ水の泡となってしまうので、仮歯に違和感がある場合や外れてしまった場合などはすぐにクリニックで相談しましょう。

(まとめ)仮歯とはどういう意味?

1.仮歯は一時的に入れる代わりの歯を意味します

仮歯は一時的に入れる歯のことを意味し、主に最終的な被せ物が入る前に使用します。

仮歯はセラミック矯正やインプラントにおいて、歯並びや噛み合わせの変化を防ぐ目的もあるとされています。

2.仮歯はほとんどがプラスチックで作られています

仮歯はセラミック矯正やインプラントなどでセラミッククラウンや人工歯を装着する前に、一時的に使用するものです。

材質はプラスチック製で耐久性や強度が低いため、長期間使用することを前提とはされていないことが大半です。

3.仮歯は歯の移動を防ぐ目的で使用されています

仮歯は審美性の回復以外にもさまざまな目的で使用されています。

施術中の歯と両隣の歯の間にスペースがあると、歯の移動や歯茎の広がりが起き歯並びが悪化する可能性があります。

しかし、仮歯があることでそれを防ぐことができるのです。

4.仮歯には歯の元々もっている機能を回復させる役割があります

仮歯には二次虫歯の予防や外部刺激からの保護、咀嚼・発音を正常に行うことなど、元々歯が持っている機能を回復させる役割もあるとされています。

仮歯に違和感がある、外れてしまったという場合はクリニックに相談すべきでしょう。

1844
Return Top