安い仮歯でも心配はない?

医師の指示にしたがって生活していれば安い仮歯でも心配は要りません


仮歯はセラミック矯正などにおいて、最終的な被せ物が完成するまでの仮の歯とされています。

そのため、そのまま検診を休む、仮歯のまま長期間過ごす、歯に過度な負担をかけるといったことは望ましくありません。

しかしながら、原則的には安い仮歯でも医師の指示にしたがって利用していれば問題はないでしょう。

ただ、審美性に問題がある素材の場合もあるため、見た目にこだわりたいという場合はクリニックに相談したり、クリニック選びを工夫したりする必要があるかもしれません。

仮歯は歯科矯正において重要な意味を持っています

仮歯はセラミック矯正などにおいて、最終的な被せ物が入るまでの一時的な歯と考えられています。

しかしながらその必要性は高く、仮歯がない状態で長期間を過ごすとさまざまなデメリットが生じるといえます。

仮歯がないと歯並びが乱れる可能性がある

仮歯には一時的に見た目を整える機能があると考えられていますが、長期的な意味でも同じ機能を持っているといえます。

なぜなら、仮歯の役割の一つに、施術中の歯周辺の歯並びを維持するといったことが挙げられるからです。

仮歯を装着していないと、周りの歯並びが乱れてしまう可能性があるでしょう。

インプラントの施術をスムーズにする

仮歯はインプラントの施術にも用いられることがあります。

インプラントにおいての仮歯は「プロビジョナルクラウン」と呼ばれており、施術をスムーズに進める上で大切なものとされています。

最終的な人工歯を作成する前の模擬的な歯が仮歯であり、噛み合わせの具合に合わせてサイズの微調整などを行っていきます。

また、インプラントの人工歯は歯茎にとって異物となるため、順応力を高めるためにも仮歯は必要と考えられています。

仮歯は使い方によって機能が低下することがあります


仮歯は値段に関わらず、医師の指示通りに使用していれば大きな問題が生じるということはありません。

しかしながら、医師の指示を無視した使用法を実践してしまうと、使用上支障が起きてしまう可能性はあるでしょう。

仮歯は短期間使用するもの

まず、仮歯は歯科矯正において重要でありながらも、短期間の使用が前提とされています。

そのため、検診を休んだり、仮歯のまま長期間過ごしたりすると仮歯の機能が十分に発揮されなくなると考えられます。

とくに、プラスチックの素材は劣化しやすい特徴があり、時間の経過によってすり減っていきます。

すり減った仮歯の使用を続けることで、歯並びの悪化や虫歯の進行を招く可能性があるのです。

歯に過度な負担をかけない

仮歯はセラミックや銀歯などよりも強度が低いため、硬いものを噛むことでヒビ割れたり、欠けたりしてしまうことがあります。

煎餅やするめ、リンゴなどを食べるのは極力控えましょう。

また、仮歯は取り外しやすいようなセメントで接着されているため、ガムやキャラメルなどを食べると取れてしまう恐れがあります。

仮歯の期間中は食事にも十分注意が必要です。

審美性にこだわった仮歯を提供しているクリニックもあります

仮歯は保険診療内の場合、費用の負担は500円程度となります。

しかしながら、物によっては審美性に問題がある素材もあります。

歯科矯正とは異なり、施術中の歯のスペースを埋めることが主な目的とされているためでしょう。

一方、自由診療の仮歯は、3000円~10000円程度が相場となっています。

歯科矯正では施術期間中に複数回仮歯の調整や取り替えなどを行うケースもあり、最終的な被せ物に近づける必要があるからだと考えられます。

またクリニックによっては、仮歯の色が不自然、形状が不適切、サイズが大きいといった不具合を感じることがあるでしょう。

仮歯には歯並びを維持する大切な役割があるため、安かろう悪かろうでは仮歯を装着する意味が失われてしまいます。

とくに、施術期間が長引く場合は仮歯の重要度が増すといってもよいです。

そのため、求める状態やケースによっては、審美性にこだわった仮歯を選択するという方法もいいでしょう。

色や形状、サイズが最終的な被せ物と同程度の仮歯を提供しているクリニックもありますので、まずはカウンセリングなどを利用して気軽に相談してみましょう。

(まとめ)安い仮歯でも心配はない?

1.医師の指示に従って生活していれば安い仮歯でも心配は要りません

仮歯は価格が安くても医師の指示に従って生活していれば問題のないことがほとんどです。

しかし、最終的な被せ物とは素材が異なるため、仮歯のまま放置しておくことや歯に負担をかけることは避けましょう。

2.仮歯は歯科矯正において重要な意味を持っています

仮歯は一時的に装着する歯ではありますが、単に見た目を整えるだけで使用されているとは限りません。

たとえば、仮歯がないと歯並びが乱れる可能性がありますし、インプラントの施術において施術をスムーズに進められなくなることもあるでしょう。

3.仮歯は使い方によって機能が低下することがあります

仮歯は医師の指示通りに使用していれば問題は起きませんが、誤った使用法により機能が低下する恐れがあります。

仮歯を短期間の使用を前提とすること、過度な負担をかけないことが大切です。

4.審美性にこだわった仮歯を提供しているクリニックもあります

仮歯は保険適用内のものの場合、審美性に問題がある場合があります。

クリニックによっては、色や形状、サイズなど審美性にこだわった仮歯を提供しているところもあるので、まずは相談してみましょう。

873
Return Top