仮歯を入れるのにレントゲン撮影を行うのはなぜ?

仮歯を入れるのにレントゲン撮影するのは歯の内部の状態を見るためです


歯科矯正では、仮歯を入れる前にレントゲン撮影を行います。

レントゲン撮影のタイミングは医師の判断によって異なりますが、仮歯を入れるのにレントゲン撮影を行うのは、歯の内部の状態を見るためだと言ってよいでしょう。

レントゲン写真では虫歯の進行度だけでなく、歯の根元、骨の状態まで確認することが可能なため、歯科矯正では重要性が高いといえます。

レントゲン写真で歯の内部の状態を把握します

歯科矯正ではセラミックなどの被せ物が装着される前に、仮歯を入れるのが一般的です。

仮歯を入れる前にレントゲン撮影を行う理由としては、レントゲン写真を見れば歯の内部の状態がわかるからだといえるでしょう。

では、歯科医は具体的にどのようなことを見ているのでしょうか?

虫歯の進行度

虫歯は初期段階では痛みがないこともあります。

そのため、本人が気がついていない虫歯が発生している可能性もあるでしょう。

また、元々被せ物が装着されていたとしても、隙間から侵入した細菌によって炎症を起こしたり虫歯が進行したりすることもあります。

虫歯は歯の根元に起こることもあり、歯周病に進行するケースも少なくありません。

レントゲンではそういった虫歯の状態を確認することができます。

噛み合わせや骨の状態

歯科矯正は歯並びを改善することを目的とされています。

そのため、矯正前の噛み合わせや骨の状態を把握しておく必要があるでしょう。

レントゲンの種類によっては顔や歯、顎のズレを確認することができるものもあります。

場合によっては、歯並びを改善するために顎の骨を削る施術が必要となるのです。

歯並びが悪い原因を調べるためにもレントゲン撮影は重要といえます。

歯科矯正ではセファログラムが用いられます


歯科ではさまざまなレントゲンが用いられていますが、歯科矯正においてよく用いられているのが「セファログラム」と呼ばれるものになります。

セファログラムは「頭部X線規格写真」ともいい、口内だけでなく顎を含めた顔全体のレントゲンを撮影することができるものです。

正面、側面、斜面からの撮影が可能となっており、歯の生え方や上下の顎の形状やズレなど口元全体のバランスを調べることが可能です。

歯科矯正を行う前に行えば、現状の把握をしたり施術目標を立てたりするのに役立つのはいうまでもありません。

施術期間中、施術終了時にも撮影を行うことで、段階的な変化を見ることもできます。

歯並びが悪い原因が、不正咬合と呼ばれる「出っ歯」や「受け口」「開口」などの症状にある可能性も考えられます。

これら不正咬合は骨格性の問題で生じることがあり、歯列矯正だけで噛み合わせを改善しきれないケースも出てきます。

歯科矯正を進める中でどのような施術を行うのがベターなのか、医師が判断する上でもセファログラムは必要不可欠といえるのです。

歯科で用いられているレントゲンにはいくつか種類があります

歯科では目的や用途に応じてさまざまな種類のレントゲンが使い分けられています。

パノラマレントゲン

口腔内全体を撮影するレントゲンです。

一般的な虫歯施術やインプラント、親知らずの抜歯などで使用されます。

歯の状態や虫歯の有無、骨の内部や神経などを見ることが可能ですが、詳細部まで映し出すことができないというデメリットがあります。

デンタルレントゲン

口腔内の一部分を撮影するレントゲンです。

パノラマレントゲンのように全体を写し出すことはできませんが、より鮮明さが増した画像を見ることが可能となります。

症状によっては複数枚撮影する場合もあります。

パノラマレントゲン同様、二次元のデータ処理とされています。

CTスキャン

三次元のデータ処理が可能なレントゲンです。

パノラマレントゲンやデンタルレントゲンよりも解像度が高く、精密な診断ができるというメリットがあります。

歯や顎などの一部分を撮影するためのもので、根管施術や炎症、悪性腫瘍、歯周病の発見などに役立つといわれています。

歯科矯正を正確かつスムーズに行うにはCTスキャンが必要とも考えられるでしょう。

(まとめ)仮歯を入れるのにレントゲン撮影を行うのはなぜ?

1.仮歯を入れるのにレントゲン撮影するのは歯の内部の状態を見るためです

歯科矯正で撮影するレントゲン写真では、虫歯の進行度や歯の根元、骨の状態など歯の内部を確認することができます。

仮歯を入れるのにレントゲン撮影を行うのは、施術を進めていく上で必要不可欠といっても過言ではありません。

2.レントゲン写真で歯の内部の状態を把握します

歯科矯正では仮歯を入れる前にレントゲン撮影を行いますが、虫歯の進行度や噛み合わせ、顎の骨の状態などを確認するためだと考えられています。

そのため、レントゲンには歯科矯正を行う上で非常に重要な意味合いがあるといえるでしょう。

3.歯科矯正ではセファログラムが用いられます

歯科矯正ではセファログラムというレントゲンが用いられることが多く、歯の生え方や上下の顎の形状、ズレなどを把握することが可能となります。

とくに不正咬合の施術において重要性が高く、骨格性の症状かどうかを判断するためにも必要といえます。

4.歯科で用いられているレントゲンにはいくつか種類があります

歯科では口腔内全体を撮影するパノラマレントゲンや、一部分を撮影するデンタルレントゲン、より精密な診断が可能なCTスキャンなどさまざまな種類のレントゲンが用いられています。

679
Return Top