仮歯の状態でそのまま放置しておくとどうなるの?

仮歯の状態でそのまま放置しておくと、歯並びの悪化が起こるリスクが高いです


仮歯には歯が抜けている部分を埋め、歯が移動するのを防ぐ目的があるとされています。

しかしながら仮歯はプラスチックでできており耐久性が低いため、時間の経過によって摩耗していくと考えられます。

そのため、仮歯を長期間そのままにしておくと、仮歯がもつ本来の意味が失われてしまい、歯並びが悪くなる可能性があります。

施術期間が長くなってしまう場合は、その都度クリニックで仮歯を交換してもらいましょう。

仮歯は歯の移動や菌の感染から歯を保護する目的で使用されます

仮歯はプラスチックの素材でできていることが大半で、審美的に難点はないと考える方もいます。

そのため、仮歯をそのままの状態で長期間放置してしまうケースが多いのですが、それにはさまざまなリスクが考えられます。

歯並びの悪化

仮歯には歯が抜けている部分を埋めることで周辺の歯の移動を防ぐ役割があるとされています。

セラミックに比べてプラスチックは耐久性が低いため、長時間の使用で摩耗していくと考えられます。

すり減った仮歯は本来の意味を失い、周辺の歯は移動を始めてしまいます。

それにより噛み合わせが変化し、歯並びが悪化してしまう可能性が高まります。

虫歯や歯周病

口内には虫歯や歯周病の原因菌が存在しており、仮歯にはそれらの菌から歯を保護する役割もあると考えられています。

しかしながら、仮歯は最終的な被せ物とは異なるため、外しやすいように接着されています。

長期間、仮歯をそのままにしておくことで隙間から菌が侵入するリスクは高くなるでしょう。

虫歯や歯周病にかかってしまうと、本歯の型どりからやり直しになってしまうだけでなく、歯の寿命が短くなる可能性もあります。

仮歯がないと日常生活に支障をきたす恐れがあります


仮歯は最終的な歯を入れる前に使用する仮の歯です。

この仮歯は歯科の施術においては非常に重要なものとされており、仮歯がないことには多くのデメリットがあると考えられます。

例えば、虫歯の治療で神経が残っている歯を削った場合、歯の象牙質が剥き出しの状態になっています。

仮歯がなければ冷たいものや熱いものなどがしみたり、ブラッシング時の刺激を受けたりするでしょう。

また、仮歯があることでしっかり食べ物を噛むことができ、胃や腸で正常に消化を行うことができるといえます。

歯の隙間があるとサ行やタ行の発音が不正になりやすいですが、仮歯で隙間が埋まれば発音に不自由を感じることは少なくなります。

そのため、仮歯がないと本来歯が持つ「咀嚼」や「発音」という機能を回復できなくなり、日常生活に支障をきたす恐れがあります。

万が一仮歯が取れてしまったり欠けてしまったりしたときは、速やかにかかりつけの歯科に作り直してもらいましょう。

仮歯の状態が悪いと、最悪の場合、完成した歯が隙間に入らなくなってしまうこともあるため、施術期間が長引く場合は仮歯の交換を行う必要があるでしょう。

仮歯は口臭の原因になると考えられています

プラスチックの素材には小さな穴が空いており、水分を吸収しやすい性質があるため、長期間使用することで悪臭が発生する可能性が高いといわれています。

また、仮歯と仮歯の隙間から食べカスや歯垢などが入り込んでしまうと、歯磨きでは取り除くことが難しくなります。

残ったままの食べカスや歯垢などが腐敗することも悪臭を発生させる原因となります。

以上のことからも、仮歯をそのままにしておくことは口臭の原因になると考えられます。

一方、セラミックの歯は吸水性がなく劣化しにくい性質を持っているため、長期間使用しても口臭の原因になることはほとんどないでしょう。

ただし、セラミックの歯を使用していても日々のブラッシングを怠ってしまうと、歯と歯の隙間に食べカスや歯垢が蓄積し口臭が発生することはあります。

仮歯が取れて本物の歯が入ったあとも、歯磨きなどのオーラルケアをしっかりと行うことが大切です。

自身の歯磨きだけで除去できない汚れには、歯科で行っている歯のクリーニングで対応することが可能です。

(まとめ)仮歯の状態でそのまま放置しておくとどうなるの?

1.仮歯の状態でそのまま放置しておくと、歯並びの悪化が起こるリスクが高いです

仮歯を入れる目的の一つに、抜けた歯のスペースを埋め歯の移動を防止することが挙げられます。

プラスチックでできている仮歯は耐久性が低く、長期間そのままにしておくことで摩耗し、歯並びを悪化させる原因となります。

2.仮歯は歯の移動や菌の感染から歯を保護する目的で使用されます

仮歯をそのままにしておくことにはさまざまなリスクがあると考えられます。

一つは、仮歯の摩耗による歯並びの悪化です。

そしてもう一つは、菌の侵入による虫歯や歯周病への感染です。

これらのリスクは、仮歯がプラスチック製であることから起こるといえます。

3.仮歯がないと日常生活に支障をきたす恐れがあります

仮歯には神経が残っている歯や象牙質を保護する役目や咀嚼機能、発音機能などの回復を行う役目などがあると考えられます。

そのため、仮歯がないと日常生活に不便を感じやすく、最終的に出来上がった歯が隙間に入らなくなる恐れもあります。

4.仮歯は口臭の原因になると考えられています

プラスチックの素材には劣化が早いことに加え吸水性がある性質を持つことから、長期間使用すると口臭の原因になると考えられています。

セラミックの歯は耐久性が高く吸水性はないため、オーラルケアをしっかり行えば口臭の原因となる可能性は低いといえます。

1526
Return Top