通常の仮歯とセラミック製の仮歯の違いは?

セラミック製の仮歯は審美性、強度に優れているなどの違いがあります


仮歯というと、通常はリーズナブルなプラスチック樹脂が素材として使われます。

しかし、セラミッククラウンなどの施術では、仮歯の段階でもセラミックを素材として用いることがあります。

セラミックの仮歯は、丈夫で破損しにくく、見た目にも綺麗なのが特徴で、煩わしい仮歯装着期間も快適な生活が送れます。

ただ、セラミック製なので仮歯といっても保険適用外となり、通常よりも高額になります。

通常の仮歯よりも丈夫で、見た目にも美しい仕上がりになります

仮歯は、虫歯の処置や歯並びを整えるために歯を削ってできたスペースに、本来の人工歯ができるまで応急的に入れるものです。

ただ仮歯というと、元からの歯と色や大きさが多少違ったり、歯並びもやや不自然であったりするかもしれませんし、とくに前歯の場合は見た目が気になるという方も多いでしょう。

さらに、外れやすいのでしっかり物が噛めず、装着期間は気になって憂鬱という方もいるかもしれません。

通常仮歯というと、柔らかくて加工しやすい、比較的安価なプラスチック樹脂を素材として用いるのが一般的です。

ただ汚れが付着しやすく、長期間放置するとすり減ってしまいます。

また、簡単には外れませんが、硬いものを噛んだりすると取れてしまうこともあります。

一方、セラミックというのは、瀬戸物に使われている陶磁器のことで、透明感があって色が綺麗なのが特徴です。

さらに強度が合って耐久性にも優れ、丈夫なので衝撃にも強いという性質があります。

また周りの歯の色や形、大きさなどに合わせてセラミック製の仮歯を作ることも可能だとされていますい。

そのため、たとえ仮歯といってもかなり見た目にも美しく、審美性に優れた仕上がりになるのも特徴です。

セラミック製の仮歯にすると、仮歯装着期間も快適な生活が送れるとされています。

セラミック製の仮歯は、自費診療となります


セラミック製の人工歯を被せるセラミッククラウンや歯列を整えるセラミック矯正などは、健康保険の適用対象外となる診療です。

こういったセラミックを用いた施術を行う際に、仮歯もセラミックで作られることが多いですが、このセラミック製の仮歯も実は保険適用外となります。

通常のプラスチック樹脂を用いた仮歯は、保険適用対象内の素材なので比較的安価なのが一般的です。

一方、セラミック製の仮歯は自費診療なので、どうしても通常の施術よりも費用が高くなります。

始めに提示されたセラミック施術の料金に、仮歯にかかる費用も含まれている場合もあります。

仮歯装着日に費用の支払いがあるかどうかは、クリニックによって異なるので確認しておきましょう。

ただ、別料金として提示してある場合は、セラミック製の仮歯は大体1本4000円から5000円前後が相場だとされています。

費用は確かに高くなりますが、本来の人工歯ができるまでの期間をより快適に過ごしたいという気持ちから、セラミック製の仮歯を望まれる方も多くなっています。

仮歯は、歯の移動を防ぐなどの目的で装着されます

仮歯には、見た目の問題だけではなく、日常生活をこれまで同様に不便なく過ごすためにも、無くてはならないものです。

仮歯を装着しないで、歯の間が空いた状態が続くと、歯は自然にスペースに向かって移動したり、歯茎が盛りあがって空間を埋めようとしたしたりする性質があります。

そのため、本来の被せものや人工歯が合わなくなるので、余分に歯を削ったり、作り直さなければならなかったりする場合もあるのです。

また、歯の外側は硬いエナメル質に覆われていますが、その内側にはやわらかい象牙質の層があり、痛みなどを感じる神経の枝葉がたくさん出ています。

エナメル質を削って、象牙質が剥き出しになると神経が刺激されて食べ物がしみたり、痛みを感じたりすることもあるのです。

さらに、空間には食べかすが詰まりやすく、きちんと歯磨きしないと細菌は繁殖して、虫歯や歯周病などの発症を招くリスクも高まります。

他にも、とくに前歯に仮歯がないと審美性にも問題がある上に、話す際に息が隙間から抜けてしまうので、発音が不明瞭になってしまいます。

仮歯には、口腔内を正常な状態に保つためのさまざまな役割を担っているのです。

(まとめ)通常の仮歯とセラミック製の仮歯の違いは?

1.セラミック製の仮歯は審美性、強度に優れているなどの違いがあります

通常のプラスチック樹脂ではなく、セラミック製の仮歯を入れることも可能です。

セラミック製の仮歯は耐久性に優れ、見た目にも綺麗ですが、自費診療となります。

2.通常の仮歯よりも丈夫で、見た目にも美しい仕上がりになります

セラミック製の仮歯は丈夫で耐久性にも優れている上に、仮歯といっても見た目が美しいのが特徴です。

憂鬱な仮歯装着期間も、外れにくく審美性の高いセラミック製の仮歯なら快適に過ごせます。

3.セラミック製の仮歯は、自費診療となります

セラミッククラウンなどのセラミックを用いた施術は、健康保険適用の対象外となるので、費用が高くなります。

セラミック製の仮歯も、同じく保険がきかないので通常の仮歯よりもやや高額になってしまいます。

4.仮歯は、歯の移動を防ぐなどの目的で装着されます

仮歯を入れるのは、歯がないと見た目に悪いだけではなく、歯が自然に移動して本来の人工歯がはまらなくなるのを防ぐからです。

さらに、歯を削った部分を刺激や細菌から守り、特に前歯の場合は発音しづらさを回避するためでもあります。

1723
Return Top