セラミッククラウンではどの段階で仮歯が入るの?

セラミッククラウンでは歯を削って支柱を作ったあと、仮歯を装着します


セラミッククラウンの施術では、歯を削って土台となる支柱を作ると、その分空間ができます。

その後、被せる人工歯が出来上がるには時間が必要なため、歯がない状態を回避し空間を埋めておくために、仮歯を装着します。

仮歯の素材はプラスチックなどが用いられることが多いので、汚れやすいため、丁寧に歯磨きを行い清潔に保つことが大事です。

セラミッククラウンでは人工歯ができるまでの期間、仮歯で過ごすことになります

セラミッククラウンというのは、形の悪い差し歯、歯の欠損部分などをセラミックで作成した人工歯で被せる施術法です。

施術では、まずお客様の理想としている歯の形や色などを伺い、噛み合わせや顎の関節などを検査し、歯や歯茎などの状態を把握します。

次に、根っこの部分だけを残すようにして自分の歯を削り、土台となる支柱を作ります。

自分の歯が残っていない場合は、合成樹脂であるレジンやグラスファイバーなどで作られた人工の支柱、コアを埋め込む場合もあります。

そして人工歯を作るための歯型を取ってから、仮歯を装着します。

人工歯は約1、2週間で完成しますが、その間は仮歯で日常生活を送ることになります。

その後仮歯を外して、人工歯を支柱にはめ込んで固定し、噛み合わせや色合いなどをチェックして問題なければ施術は完了です。

セラミッククラウンの場合、人工歯の色や形状、大きさなどの周りの歯に合わせて選べるので、自然な仕上がりになり、乱れた歯列を整えることもできます。

また、セラミックは丈夫で劣化しにくいため、長期的にきれいな状態を保てるという特徴もあります。

仮歯は細菌が溜まりやすいので、丁寧なケアなどが必要です


セラミッククラウンでは、人工歯ができるまでは仮歯で過ごすので、日常生活では色々と気を付けたいことがあります。

仮歯はセラミックで作られることもありますが、安価なプラスチック状の樹脂が素材として用いられるケースが多いとされています。

そのため、汚れや付着しやすく、食べかすなどが溜まって虫歯菌などが繁殖しやすい状態にあります。

歯磨きなどを丁寧にこまめに行い、清潔な状態を保つ必要があります。

また、セラミック製の人工歯よりは丈夫ではないので、強い衝撃を受けると破損する可能性もあります。

さらに、仮歯はあくまで一時的なものなので、頑丈に接着してしまうと逆に必要な時に外れなくなってしまいます。

日常生活に困らない程度に、外れないように接着してあるだけです。

そのため、固焼きせんべいやするめなどかなり固い食べ物や、キャラメルなどの強い粘着性のある食べ物を仮歯で噛むと、思いがけず破損したり、外れたりするという可能性もゼロではありません。

仮歯装着中は、こういった食べ物は控えたほうが良いと言えます。

仮歯のまま放置すると、すり減ってしまうので必ず最後まで通院しましょう

仮歯が歯に合っていて、日常生活に支障が出なくなると満足される方もいるでしょう。

また通院が面倒になって、或いは忙しくて時間が取れず、施術を途中でやめてしまうという方も中にはいるかもしれません。

しかし、仮歯はあくまでも応急的な処置に過ぎないため、装着期間が長引くと特に色々なトラブルが生じます。

まず、毎日のように食事で物を噛んだり、無意識の歯ぎしりなどで仮歯を擦り続けたりしていると、少しずつですが次第に仮歯が摩耗していきます。

歯はできた隙間に向かって少しずつ自然に移動するという性質があるので、すり減った仮歯周辺の歯並びに変化が見られます。

すると、せっかく作った人工歯がはまらなくなり、また再度歯を削ったり人工歯の作成をし直したりする必要もでてきます。

そうなると本来であれば削らなくても良い歯を削ることになったり、費用がより嵩んだり、施術期間が長引くなどのデメリットが生じます。

人工歯が思いがけず外れてしまったのに、そのまま受診しないで長期間放置してしまった場合も当てはまります。

施術を中断しないで、最後まできちんと完了させるようにしましょう。

(まとめ)セラミッククラウンではどの段階で仮歯が入るの?

1.セラミッククラウンでは歯を削って支柱を作ったあと、仮歯を装着します

セラミッククラウンを行う際、歯を削って支柱を作ったあとの段階で、仮歯が装着されます。

一時的なものなので、仮歯はプラスチックなどの素材で作られることが多く、汚れやすいため丁寧なケアが必要となります。

2.セラミッククラウンでは人工歯ができるまでの期間、仮歯で過ごすことになります

セラミッククラウンでは、歯を削って土台となる支柱を作り、人工歯が出来上がるまで、一般的には約1、2週間の間は仮歯を装着することになります。

セラミッククラウンを行う歯の本数や、歯の状態などによって仮歯を入れる期間が長くなることもあります。

3.仮歯は細菌が溜まりやすいので、丁寧なケアなどが必要です

仮歯はセラミックで作られることもありますが、主に素材はプラスチック状の樹脂を用いるのが一般的です。

汚れが付着しやすく、食べかすが溜まって細菌などが繁殖しやすいので清潔に保てるようにケアをしっかり行いましょう。

4.仮歯のまま放置すると、すり減ってしまうので必ず最後まで通院しましょう

仮歯のままで、通院を中断してしまうとさまざまなトラブルが生じます。

仮歯がすり減って噛み合わせがズレたり、空間ができて歯が移動し、本来の人工歯が入らなくなったりしてしまうこともあるので必ず最後までやり遂げましょう。

1014
Return Top