インプラント期間中、仮歯は装着してもらえるの?

インプラントで歯を削ったあと、仮歯の装着を行う場合が多いとされています


インプラントで歯を削り人工歯根という芯を埋め込むと、骨に定着するまでは人工歯を被せることができません。

その間は歯がない状態となるので、仮歯を作って被せておくケースがほとんどです。

仮歯がないと歯が自然に動いて噛み合わせがズレたり、患部がむき出しの状態になって口腔内の細菌や刺激などによりダメージを受けたりする可能性があります。

インプラントでは細菌から患部を守るためなどの理由で、仮歯が必要となります

インプラントは、歯の欠損部に人工の歯根を埋め込み、その上に人工歯を被せるという施術方法です。

顎の骨に人工歯根を埋め込んだあと、人工歯根が骨にしっかり定着するまでは人工歯を被せることはできません。

そしてこの期間は、2ヶ月~半年ほどかかるのが一般的です。

その間歯が欠損した状態では口内でさまざまなトラブルが起こる可能性があるため、トラブルを避けるためにも仮歯や入れ歯で欠損部分を補う場合がほとんどです。

もし仮歯がないと、口内には無数の細菌は生息しているため、弱った患部へ侵入し炎症を起こしてしまう場合もあります。

さらに食べ物を噛む際の圧力が患部にダイレクトにかかり、熱さや冷たさなどの刺激が受けやすい状態になります。

すると、隣り合う歯が動いて歯列が乱れたり、噛み合わせや顎の骨がズレたりしてしまうリスクが高まります。

また、食べかすなどが詰まりやすく歯磨きがしっかりできないと、汚れが溜まって隣り合う歯が虫歯に侵される可能性もあります。

そして、特に前歯だと歯がない状態では見た目にも良いとは言えず、口を開けた際に、人工歯根が目立ってしまうので仮歯が必要となります。

仮歯は施術段階で歯や歯茎の状態に応じて修正されます


インプラントの施術後、骨と人工歯根が定着するまでに期間、歯が抜けた状態にしておくのではなく、仮歯が装着される場合がほとんどです。

仮歯の装着時期としては、人工歯根をはめ込む施術後にすぐ入ることもあります。

特に前歯の場合は、歯のない状態で日々を過ごすことは、見た目が気になる方にとっては苦痛になります。

しかし、本来であれば人工歯根を固定後、抜歯まで2週間位経過したあとに装着するのが良いと考えられています。

人工のものを歯茎に埋め込んでいるので、歯茎が炎症を起こすなど不安定な状態にあるため、仮歯を入れることで過度な負荷がかかってしまう可能性があるからです。

また、施術の段階に応じて修正や修復を繰り返し、歯列や歯茎の状態によって最も適した仮歯が入ります。

口の中の状態は、施術後に徐々に変化していくため、同じ仮歯では噛み合わせがずれて、人工歯根の入った患部に負担がかかるリスクが高まるからです。

また、骨の結合状態によっては奥歯であれば目立ちにくいため、仮歯を入れないという判断がなされる場合もあります。

いずれにせよ、仮歯がないと見た目や食事など日常生活にかなり不都合が感じるということなら、専門医に相談してみましょう。

仮歯のままで通院をやめると、歯や歯茎などにトラブルが生じるリスクがあります

インプラントの施術期間は、骨の状態や施術を行う本数などによって違いがあります。

たとえば歯の欠損から3ヶ月以上経過し、人工歯根を入れるのに十分な骨の厚みがあれば、2、3ヶ月ほどの期間となります。

しかし、骨の厚みが不足している場合は他の部位から削った骨を埋め込んで、骨の再生を行う必要があるので約7ヶ月から9ヶ月程かかるとされています。

そうなると、仮歯が入っているなら大丈夫だろうと通院がつい面倒になったり、忙しかったりで中断してしまう方もいるかもしれません。

しかし、インプラントの仮歯はあくまでも仮の歯なので、素材はプラスチックなどが使われており、すり減ったり変色を起こしたりする場合があります。

長期間そのままにしておくと、噛み合わせがズレてインプラントに強い力が加わり、抜け落ちるリスクもゼロではないとされています。

また、プラスチックは臭いを吸収しやすいので、口臭の原因となる可能性もあります。

長期的な施術となるので、都合により施術をどうしても中断しなければならない時は、早めに専門医に相談しましょう。

継続できる場合は、途中で通院をやめないできちんと最後まで施術を行いましょう。

(まとめ)インプラント期間中、仮歯は装着してもらえるの?

1.インプラントで歯を削ったあと、仮歯の装着を行う場合が多いとされています

インプラントで歯のない状態になったら、ほとんどの場合仮歯を装着するのが一般的です。

仮歯がないと、患部が食べ物の刺激や細菌によりダメージを受けたり、噛み合わせや歯並びがズレてしまったりする可能性があるでしょう。

2.インプラントでは細菌から患部を守るためなどの理由で、仮歯が必要となります

インプラントの施術で歯がない部分に仮歯を入れるのは、食べ物からの刺激や雑菌から患部を守るためだとされています。

さらに、歯が自然に動いて歯列が乱れたり、噛み合わせがズレたりすることを防ぐという目的もあります。

3.仮歯は施術段階で歯や歯茎の状態に応じて修正されます

仮歯は人工歯根を入れたあと、骨に定着して人工歯が入るまでの期間に装着します。

施術の段階に応じて、歯や歯茎の状態が変化してくるため、その都度調整を行い、適した仮歯が装着されます。

4.仮歯のままで通院をやめると、歯や歯茎などにトラブルが生じるリスクがあります

インプラントの施術は長期間かかるので、仮歯のまま途中で中断してしまうとさまざまなトラブルを招きます。

仮歯は一時的なものなので、長期間入れたままにすると劣化したり、口臭の原因にもなったりするので必ず最後まで施術を行うことが大事です。

927
Return Top