インプラントで抜歯したら仮歯は入れてもらえる?

インプラントの施術で抜歯を行ったら仮歯を装着するのが一般的です


インプラントの施術では、はじめに抜歯を行い、そこにインプラント体を埋め込みます。

症状によっては歯茎が安定しインプラントが骨と結合するのを3~6ヶ月程度待つ必要があります。

その期間は歯のない状態で放置するのではなく、仮歯を入れるのが一般的です。

インプラントの施術における仮歯は大きな役目をもっていると考えられるでしょう。

インプラントの施術において仮歯は重要な役割をもっています

インプラントの施術では抜歯を行い、症状によってはインプラント体を埋め込んだあとに3~6ヶ月程度の期間を置く必要があります。

歯茎が安定しインプラント体と骨が結合したときにインプラントの人工歯を装着することになりますが、その間、歯がない状態で過ごすというわけではありません。

歯のない状態で起こり得るデメリットを避けるため、仮歯を装着するのが一般的です。

インプラントの施術において仮歯を入れることは大きな意味を持っているといえます。

まず、審美的な不具合を生じさせないという点です。

インプラント体は金属製ですから、その金属が見えないようにカバーする役割や歯の隙間を埋める役割を持っているといえます。

また、抜歯を行った箇所の周辺の歯並びを保つ効果もあると考えられています。

食事の際の食べかすや歯垢、細菌などから歯茎を保護する役目もあるといえるでしょう。

さらに、仮歯には咀嚼機能や顎の状態を安定させたり、歯槽骨の吸収を抑えたりする役目があると考えられます。

このように、仮歯を装着することで日常生活に支障をきたすリスクを軽減させることが可能です。

口の状態に合わせた仮歯を装着する必要があるため、歯科医の技術も求められるといえます。

インプラントの施術は順序を追って進めていきます


インプラントの施術では、抜歯のあとすぐにインプラントを埋め込む「抜歯即時埋入法」と期間を置いてからインプラントを埋め込む「抜歯待時埋入法」とがあります。

前者は施術期間を短縮できるメリットを持ちますが、どんな人でも受けられる方法ではないのがデメリットとされています。

条件としては、虫歯や歯周病などで骨にダメージがないこと、骨に十分な厚みがあることなどが挙げられます。

抜歯即時埋入法を受けられる条件に該当しない場合、後者の抜歯待時埋入法を受ける形となります。

ここでは、抜歯待時埋入法の施術の流れについてご説明します。

  1. 前処置として、虫歯や歯周病などの施術を行い、抜歯後6ヶ月程度期間を置きます
  2. 麻酔を行い抜歯をします
  3. 歯槽骨に穴を開け、インプラント体を埋め込みます
  4. インプラントと骨が結合するのを3~6か月程度待ちます
  5. 人工支台部を装着し、人工歯の型どりを行います(必要であれば、このとき歯肉整形を行う場合もあります)
  6. 仕上がった人工歯を装着します

以上が抜歯待時埋入法の流れです。

このようなインプラントの施術を終了したあとも、定期検診を行うことが推奨されています。

インプラントは費用が高い分大きなメリットがあります

失った歯を取り戻す施術には、インプラントのほかにもブリッジや入れ歯などの方法が挙げられます。

ここでは、インプラントの施術とブリッジ、入れ歯との違いやそれぞれのメリットデメリットなどをご説明していきます。

インプラントは保険適用外の施術です

ブリッジや入れ歯は、基本的には保険適用される施術となります。

ブリッジや入れ歯の相場が一万円以内で収まるのに対し、インプラントの相場は30~40万円となっています。

ただし、費用が高くなる分、得られるメリットは非常に大きなものと考えられます。

ブリッジや入れ歯は将来的に歯を失う可能性があります

ブリッジや入れ歯の施術では、健康な歯を削る必要があります。

そのため、将来的に自分の歯が残る可能性が低くなります。

また、一般的な入れ歯は金属のバネを周囲の歯に引っ掛ける必要があるため、周辺の歯に負担をかけるリスクが高まります。

それぞれの施術で寿命が異なります

3つの施術方法では装着する歯の寿命にも違いがあるといわれています。

まず、インプラントは9割の確率で10年後も使用を継続することが可能です。

ブリッジの寿命は7~8年程度、入れ歯の寿命は4~5年程度と考えられています。

(まとめ)インプラントで抜歯したら仮歯は入れてもらえる?

1.インプラントの施術で抜歯を行ったら仮歯を装着するのが一般的です

インプラントの施術では抜歯を行ったところにインプラントを埋め込み、その後3~6ヶ月期間を置くことがあります。

歯のない状態はさまざまなデメリットを生みます。

そのため、施術中は歯のない状態というわけではなく、仮歯を装着することになります。

2.インプラントの施術において仮歯は重要な役割をもっています

インプラントの施術では、抜歯をしてインプラント体を埋め込んだあと、人工歯を装着するまでの期間に仮歯を入れるのが一般的です。

仮歯を入れることは、審美的な不具合や歯並びのずれなどのリスクを避ける効果があると考えられています。

3.インプラントの施術は順序を追って進めていきます

インプラントの施術には「抜歯即時埋入法」と「抜歯待時埋入法」の二種類があるとされています。

抜歯即時埋入法の方が施術期間が短いですがいくつか条件があります。

どちらの方法でも仮歯装着の期間は必要で、順序を追って施術を進めていくことになります。

4.インプラントは費用が高い分大きなメリットがあります

失った歯を取り戻す施術のインプラントやブリッジ、入れ歯にはメリットやデメリットなどで違いがあります。

インプラントは保険適用外ですが寿命が長く、ブリッジや入れ歯は保険適用になる物の寿命が短いといわれています。

1342
Return Top