審美歯科と美容歯科の違いは?歯科矯正は受けられる?

審美歯科と美容歯科では施術内容の自由度に違いがあります


さまざまな歯の不具合を自然な見た目に仕上げる施術は審美歯科で受けることができ、お客様の望む歯や口元を実現するための施術は美容歯科で受けることができます。

審美歯科では、歯並びを整える歯科矯正にくわえて、歯を白くするホワイトニングや白いセラミッククラウンを使用した、目立たないように仕上げる施術を行う場合が多いです。

美容歯科ではさらに顔全体のバランスを考えながら、お客様の口元を希望する見た目に変える、美容面に特化した施術を受診できます。

美容歯科では理想の美しさを、審美歯科では自然な美しさを重視した施術が受けられます

美容歯科は自然に見せるための施術はもちろん、より美しくなりたいという希望にも、細かいところまでさまざまに対応できる自由度の高い施術が受けられます。

一方、審美歯科の場合は元々の口内の状態を生かした自然な美しさを取り戻す施術を行っています。

歯が抜けてしまったといった問題や歯並びを治したいなどの悩みをお持ちの方は、審美歯科での施術で健康的な美しい口元への改善を期待できます。

審美歯科や美容歯科で受けることの出来る施術には主にホワイトニング、セラミックを使った施術、歯科矯正、インプラントなどがあります。

ホワイトニングでは、たばこのヤニやさまざまな飲食物などで着色された歯に美しい白さを取り戻すことができます。

セラミックを使った施術とは、欠けた歯の形を治すためにセラミックでできた人工歯を張り付けて、自然な歯の形を形成したり、歯の隙間を改善したりするなど歯の形を矯正するための施術です。

歯科矯正は、歯のかみ合わせを改善するための矯正装置を装着して徐々に歯の位置を正しい場所に戻していく施術になります。

インプラントでは、抜けてしまった自分の歯の代わりに本物の歯のような見た目で自分本来の歯と変わらない使用感の人工歯をつけることができます。

気になる歯や歯並びを放っておくと身体全体の不調にもつながります


審美歯科の施術の中でも歯科矯正の場合は、突然歯が抜けたりなんとなく歯の着色が気になったりして受けるような施術とは違い、急に必要性を感じるということはあまり多くありません。

長いこと人生を共にしてきた歯並びですから、日々の生活を送る上で不都合がでてきた、美容面でも問題があるというように日々の積み重ねから施術を考える方が多いでしょう。

咬み合せが悪いと、食べ物をうまく噛む事ができず、歯磨きも充分にできていない場合があるため、虫歯や歯槽膿漏になりやすいなどのデメリットが生じます。

また、咬み合せが悪く一部の歯ばかりで噛んでいると顎の筋肉の偏った使われ方によって顎の筋肉に歪みが生じ、顔も歪みやすくなります。

このような顎に負担がかかる状況をそのまま放っておくと、あごが痛くなったり、口が開かなくなったりなどの症状が生じる顎関節症になってしまう可能性もあります。

さらに首や肩のコリ、全身の痛みなどの不調にも関係してくる場合があるため、歯並びや咬み合せの悪さが気になっている場合には、そのまま放っておかずにできるだけ早めに歯科矯正で咬み合せを治す必要があります。

体調に影響を及ぼす歯並びは審美歯科の歯科矯正で治すことが期待できます

体調不良の原因にもなる、歯並びを整えるための歯科矯正にはさまざまな種類があります。

歯科矯正は装置が目立つからつけるのに抵抗があるという方でも、周りに見えにくい矯正を選ぶことで矯正を行うことができます。

また、長い期間矯正装置をつけることは難しいという方には、数回の通院で矯正可能な方法もあります。

気になる前歯の歯並びだけを治したいという場合や短期間で矯正を行いたいという場合には、自分の歯の上にセラミッククラウンを被せるセラミック矯正での施術がおすすめです。

周りに装置をみられる心配もなく、美しく安定した咬み合せが期待できるでしょう。

また、顎変型症のように歯だけではなく顎の曲がりやズレによって咬み合せが悪くなっている場合には、セットバック法と呼ばれる外科的な施術で美しい顎のラインを取り戻すことも期待できます。

周りから見えにくい透明なマウスピース矯正は、歯磨き時などに取り外しができてお手入れが簡単というメリットがありますが、主に歯の小さな凹凸を治す場合に向き、矯正期間が長めになる場合もあります。

矯正期間や咬み合せの状態などから自分に合った矯正方法を選ぶことで、無理なく自分本来の健康で美しい口元になることができます。

(まとめ)審美歯科と美容歯科の違いは?歯科矯正は受けられる?

1.審美歯科と美容歯科では施術内容の自由度に違いがあります

審美歯科は歯列矯正などで自然な見た目にしながら歯の機能回復を行うための施術です。

美容歯科は口元の見た目をお客様の希望する形に変える美的要素を重視した施術というところに違いがあります。

2.美容歯科では理想の美しさを、審美歯科では自然な美しさを重視した施術が受けられます

美容歯科は、理想の口元をつくる施術を受けることができます。

一方、審美歯科では口元本来の自然な美しさを取り戻すという施術が主だとされています。

歯を白く改善する施術や失った歯を取り戻す施術などで、歯の機能を回復することが期待できるでしょう。

3.気になる歯や歯並びを放っておくと身体全体の不調にもつながります

審美歯科の歯科矯正は施術を後回しにしてしまいがちですが、歯並びや咬み合せの悪さから生じる体調不良は身体全体に及ぶこともあります。

咬み合せが気になっているときには、早めに矯正を受けることで体調が回復する場合もあります。

4.体調に影響を及ぼす歯並びは審美歯科の歯科矯正で治すことが期待できます

歯科矯正にはさまざまなものがあります。

一部分だけを矯正でき比較的短期間で施術が終わると言われているセラミック矯正や、顎の変形から治すことができるセットバック法と呼ばれる施術もあります。

自分の症状にあった適切な施術を選ぶことが大切でしょう。

6567
Return Top