審美歯科で受け口も治せるの?

審美歯科でも受け口に対応することができます


審美歯科で矯正もしくは外科的な施術で受け口に対応することができます。

受け口の大部分は矯正によって改善しますが、骨格に原因がある場合は外科的な施術が必要です。

審美歯科では歯のゴールデンプロポーションやEラインを手に入れることを目指した施術を受けることができます。

セラミック矯正など、日常生活に負担が少ない矯正もあるので、まずは医師に相談しましょう。

受け口は矯正、もしくは外科的な施術で改善します

前歯は通常、上の歯が外に下の歯が内側になって嚙み合わせるようになっています。

しかし、これが反対になっていることがあり、このような状態を受け口、反対咬合と呼びます。

受け口の原因はさまざまです。

下あごの過度な成長や、上あごの成長不足といった骨格を原因とするもの、もしくは上の歯が内側に傾き、下の歯が外側に飛び出すというような歯を原因とするものがあります。

受け口やしゃくれの大部分は矯正で改善することができるでしょう。

例えば、上あごが小さくて前歯が内側に入ってしまったケースなどでは前歯を広げるだけでも受け口ではなくなります。

下あごが飛び出している場合も、下の奥歯を抜き内側に矯正すれば受け口は治るでしょう。

お客様の希望や歯の状態を見て問題がなければ、部分的な矯正だけで済むこともあります。

ただし、下あごの大きさや形が原因で受け口になっている骨格性反対咬合の場合は外科的な施術が必要です。

下あごをカットして後ろに下げるという施術を行うことで改善が期待できるでしょう。

必要となる施術は人によって違います。

受け口がコンプレックスの人も、一度歯科医院のカウンセリングを受けてみましょう。

受け口の矯正でバランスのとれた口元を目指すことができます


骨格は顔の印象を大きく左右します。

特に重要とされるのがEラインです。

Eラインとは横顔の鼻と顎先を結んだ線の中に、上唇と下唇がある状態のことを言います。

受け口やしゃくれた輪郭の場合は、この線から下唇が飛び出してしまうのです。

Eラインは美人の条件とも言われ、事実Eラインが整っていると目鼻など他のパーツも際立って美しく見えます。

歯の施術とは快適な食事や発音など、機能的な側面の回復を目指すものです。

一方で、審美歯科ではきれいな歯並びやバランスが良い口元など美的な側面を満たす施術を行います。

美容整形をしないと手に入らないと考えがちなEラインですが、矯正でも目指すことが可能です。

矯正は噛み合わせや歯並びを整えるという機能的な側面だけでなく、見た目、容姿にも影響を与えます。

ダイエットや化粧など自分で目指すことができる美しさもありますが、歯科に関しては専門家の手腕が必要です。

口元にコンプレックスを抱えている、小さいころから歯並びが気になっているという人は医師に相談しましょう。

セラミック矯正は施術期間が短く、すぐに見た目の効果があらわれる矯正法です

受け口を矯正したいが、あまり歯科医院に通う時間がないという人は少なくありません。

実際、矯正に数年かかる場合は異動や引っ越しなどで歯科医院に通い続けるのが困難なケースもあるでしょう。

また、矯正器具をつけることに抵抗がある人もいるかもしれません。

そのような悩みを持った人に選ばれているのがセラミック矯正です。

セラミック矯正では施術の初期で、気になる部分の歯を削って仮の歯を入れます。

とった歯型を使って長さや色味を見ながら、お客様の希望に添ったセラミックのかぶせ物を作成してきます。

セラミックのかぶせ物は歯の色に近く、自然な仕上がりです。

歯並びを矯正するとともに、受け口を整えたり、出っ歯や色が悪くなった歯をケアしたりすることがセラミック矯正では可能です。

さらに陶器なので金属アレルギーの人でも不安なく使用できる、人に優しい素材なのも特徴でしょう。

セラミック矯正はワイヤー・ブラケット矯正と比較して、短い期間で終了するのもポイントです。

施術の初期段階で見た目がきれいになるため、就職活動や新生活を始めるという人でも融通が利きます。

それぞれの理由で歯の矯正を断念していた人もセラミック矯正で長年の悩みを解決できるかもしれません。

(まとめ)審美歯科で受け口も治せるの?

1.審美歯科でも受け口に対応することができます

受け口には歯が原因のものと骨格が原因のものがあります。

審美歯科ではその両方に対応することが可能です。

歯の矯正、もしくは外科的施術で悩みだった受け口を改善しましょう。

2.受け口は矯正、もしくは外科的な施術で改善します

受け口は骨格もしくは歯が原因で下の歯が上の歯よりも外側に出た状態を言います。

歯だけの問題であれば、矯正だけでも受け口は改善します。

骨格が原因の場合は外科的な施術が必要です。

まずはカウンセリングで医師に相談しましょう。

3.受け口の矯正でバランスのとれた口元を目指すことができます

Eラインとは口元の美しさの基準です。

鼻とあご先を結んだ線の中に、上下の唇がある状態が理想的とされています。

審美歯科では機能的な回復だけでなく、見た目の美しさにもこだわった施術が可能です。

口元に悩みがあるという人は相談してみましょう。

4.セラミック矯正は施術期間が短く、すぐに見た目の効果があらわれる矯正法です

セラミック矯正では、施術の初期で歯を削って仮歯を入れます。

見た目ですぐキレイになるとともに、生活での負担も少なくすみます。

歯の矯正をするとともに、色や形など理想の歯を目指すことがセラミック矯正なら可能です。

2344
Return Top