審美歯科でも若返りやアンチエイジングはできるの?

審美歯科だからできる若返りがあります


歯の若さは見た目年齢だけでなく、脳や全身の健康にも影響を与えています。

認知症や生活習慣病の予防にも歯並びが重要と言われ、噛むことは脳を活性化させる行為です。

加齢とともに歯茎が下がって歯並びが悪くなったり、黄ばみが目立つようになったりという悩みを抱える人は増えていきます。

審美歯科で自分に合った口元の若返りを目指しましょう。

噛むことで肉体的にも精神的にも若返ります

若返りと言えば、整形外科やエステサロンのイメージがあるかもしれません。

しかし、口の健康が身体全体の健康を左右するということは広く知られています。

特に注目されているのが、噛むことによる健康への効果です。

噛むという行為は脳に信号を送り、認知症や生活習慣病を予防するとも言われています。

歯と歯を噛み合わせたときの刺激は歯根から脳に伝わって、脳の感覚や運動、思考などをつかさどる部位の活性化につながります。

ある研究では高齢者の歯の残存数と認知症には関連があると言われ、歯がなくなることで脳の刺激がなくなり、脳の働きにも影響を与えることがわかっています。

さらにマウスを使った実験では、歯を無くしたマウスに歯の施術を施すことで記憶力が回復した例もあります。

このことからインプラントや差し歯であっても、正しい噛み合わせが脳の刺激になると考えられています。

噛むということは口元の筋肉にも作用します。

正しく噛むことで口元が引き締まり、笑顔も美しくなります。

口元の若返りは見た目だけでなく、脳や生活など精神的にも若返り効果が期待できるのです。

歯茎が下がり、歯が黄ばむことで老けて見えてしまいます


年を重ねるにつれて、見た目にも身体の機能としても衰えを感じることが増えていきます。

見た目にすぐわからなくても老化があらわれやすいのが口元です。

ある調査では加齢によって歯茎が下がって歯が長く見える女性とそうでない女性を比較すると、歯茎が下がった女性は約10歳年上に見えるという結果が出ています。

若い間は歯茎の手入れをしなくても、あまり気にならないかもしれません。

しかし、歯茎は10年で2ミリも下がると言われています。

20代の女性と50代の女性を比較すると、6ミリも歯茎が下がるということです。

歯茎下がった分だけ歯が長く見えてしまい、その結果老けて見えてしまいます。

歯茎が長く見えるのには加齢のほか、歯周病や間違った歯磨きなども原因となるため、医師にも相談しましょう。

年齢を重ねることで、歯の黄ばみも目立ちます。

歯の表面を覆うエナメル質は白くて透明ですが、その中にある象牙質は黄色です。

エナメル質が薄くなると、下の黄色が透けて見えるようになり、歯が黄ばんだように感じられるのです。

歯にもエイジングケアは必要です。

審美歯科で笑顔に自信が持てる歯を手に入れましょう。

歯の状態に合わせた施術を選択することで審美歯科でも若返り効果が期待できます

審美歯科で受けられる施術には悩みに応じてさまざまなものがあります。

その中でも若返り効果を得たいという人に人気の施術を紹介します。

セラミック

セラミックの施術では、セラミックでできたかぶせ物で歯を覆います。

元の歯をセラミックでカバーするため、形を整える施術と歯を白くする施術を同時にすることができます。

セラミックは白くて透明感があり、見た目にも美しくさらに耐久性も兼ね備えています。

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは歯の表面にラミネートベニアという素材を貼り付ける施術です。

セラミックよりも歯を削る量が少なく、施術も短期間で済みます。

歯並びによってはできないこともあるので医師と相談しましょう。

ホワイトニング

歯を削らずに美しい白い歯を手に入れる方法がホワイトニングです。

ただし、ホワイトニングの効果は時間とともに薄れ、徐々に元の歯の色に戻っていきます。

自宅でのケアや歯科医院での定期的なメンテナンスも必要です。

人によって歯に抱えている事情は違います。

歯を白くするだけならホワイトニングだけでも十分ですが、歯並びや形のケアをするならセラミックを使った施術も検討しましょう。

(まとめ)審美歯科でも若返りやアンチエイジングはできるの?

1.審美歯科だからできる若返りがあります

噛むことは脳に刺激を与えて、口元の筋肉を引き締めます。

加齢によって歯茎が下がって筋肉が衰えると、表情からもハリが奪われてしまうでしょう。

最近鏡を見て覇気のなさを感じる人は審美歯科に相談してください。

2.噛むことで肉体的にも精神的にも若返ります

噛むという行為は脳に刺激を与えています。

ある研究では正しく噛むことで脳が活性化すると言われ、噛むことによる認知症への効果も期待されています。

さらに噛むことは口元の筋肉を引き締めるため、肉体的にも精神的にも若返り効果があるのです。

3.歯茎が下がり、歯が黄ばむことで老けて見えてしまいます

他のパーツと同様に、歯も加齢とともに衰えます。

加齢によって下がった歯茎や黄色くなってきた歯は老けた印象を人に与えるでしょう。

自宅でも歯磨きやマッサージで健康的な口元をキープしてください。

4.歯の状態に合わせた施術を選択することで審美歯科でも若返り効果が期待できます

審美歯科での若返りを目的とした施術にはセラミックやラミネートベニア、ホワイトニングなどがあります。

自分の歯の状態や理想とする口元によって適した施術は違います。

カウンセリング時には医師と相談して適した施術を受けましょう。

1302
Return Top