湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

審美歯科では虫歯や歯周病の施術はできないの?

審美歯科でも歯周病に対処することは可能です


審美歯科であっても、虫歯や歯周病に対処することはできます。

審美的な側面と機能的な側面の両方を重視した施術が受けられるのが審美歯科です。

同じ施術であっても一般的な歯科医院の施術と、審美的な施術は詰め物の素材や施術方法などが違います。

審美性の考え方は歯科医院によって違うので、施術前には細かい点まで打ち合わせましょう。

審美歯科でも一般の歯科医院のように歯周病を施術できます

審美歯科を選択するお客様からよく聞かれる疑問が、虫歯や歯周病も対応してくれるかどうかというものです。

なぜ、このような疑問が生まれるかと言うと審美歯科と一般的な歯科がどのように違うかがわかりにくいからでしょう。

審美歯科と一般的な歯科の違いは日本歯科審美学会の日本歯科審美学会教授要綱でもまとめられています。

日本歯科審美学会教授要綱によると審美歯科とは「顎口腔系における形態美・色彩美・機能美の調和を図り、人々の幸福に貢献する歯科医療」のことを指します。

つまり、見た目を良くすることだけでなく、歯の施術や健康機能の維持が調和することで客様に満足してもらうのが審美歯科の目的です。

例えば、見た目を良くするために噛み合わせを犠牲にするというような施術は行うことができません。

機能を良くして、さらに見た目にもこだわるのが審美歯科の考え方です。

審美歯科も一般的な歯科も同じように歯科医師が施術します。

歯科医師は診療科ごとに免許が交付されるものではありません。

審美歯科の医師も一般的な歯科と同様の歯科医師免許の交付を受けています。

歯科医としての施術は当然のこととして、審美歯科の経験や知識を蓄積したのが審美歯科の医師です。

審美歯科の施術は機能面だけでなく審美面にも配慮しています


歯の機能回復だけでなく、機能性と美しさの両立を目指すのが審美歯科の施術です。

この違いは施術に使う素材などの差にもつながります。

通常の保険診療であれば、虫歯の詰め物にコンポジットレジン(歯科用樹脂)、奥歯のかぶせ物には金銀パラジウム合金(銀歯)が使われます。

しかし、コンポジットレジンは3年ほどで徐々に劣化して黄ばむことがあります。

また、金銀パラジウム合金は銀色なので、どうしても普通の白い歯列の中では目立ってしまいます。

これでは施術として問題がなくとも、審美的には優れていると言えません。

そこで審美歯科では、このような素材に代わり、見た目が自然の歯に近いセラミック素材が使われています。

セラミックであれば、白くて歯に近い透明感があるため、見た目にも通常の歯に近い仕上がりになります。

審美歯科の施術を行う前には歯周病のケアも必要になります。

歯茎が腫れた状態で型取りなどを行えば、歯周病が悪化することもあるでしょう。

審美歯科では見た目を改善し、噛み合わせを良くする歯科矯正も行っています。

これらの施術も歯の機能性を回復することが大前提で、プラスアルファとして見た目も美しくしているのです。

審美歯科が選ばれるのには理由があります

審美歯科の施術内容は審美歯科だけで行っているものではありません。

いわゆる町の歯医者さんであっても、虫歯や歯周病の施術のほか審美歯科の施術を行っています。

一般歯科、口腔外科、審美歯科施術というように診療メニューを分けていることもあるでしょう。

歯科医師免許が科目別になっているわけではないため、歯科医師はこれらの施術を総合的に診ることができます。

では、審美歯科に特化するのはなぜなのでしょうか。

審美歯科に特化するのは専門性や技術力を高めるためです。

審美歯科の施術は精密で、やり直しが困難なものもたくさんあります。

さらに新しい技術がすぐに誕生するため、知識の探求が常に必要な世界です。

そこで審美歯科に特化することで、より多くの症例を扱い審美歯科の専門性と技術を高めています。

審美歯科に特化すれば、施術もバリエーション豊かに用意でき、お客様も豊富な施術の中から自分に適した施術を選ぶことができます。

施術後の見た目を気にするのであれば、審美歯科の利用をおすすめします。

(まとめ)審美歯科では虫歯や歯周病の施術はできないの?

1.審美歯科でも歯周病に対処することは可能です

審美歯科では歯の機能面と見た目の両方に配慮した施術を受けられます。

見た目は良くても歯の機能を損なうような施術はできません。

例えば詰め物を白くして見た目を良くするなど、仕上がりにこだわるのが審美歯科の特徴です。

2.審美歯科でも一般の歯科医院のように歯周病を施術できます

審美歯科は美しい見た目を目指すホワイトニングや矯正を受けられるとともに、一般的な歯科施術も可能です。

審美歯科の医師は歯科医師免許を受けたうえで、審美歯科に関する専門性を高めています。

機能と美しさの両立を目指したのが審美歯科です。

3.審美歯科の施術は機能面だけでなく審美面にも配慮しています

審美歯科は歯の機能面と審美面両方に配慮した施術を行っています。

例えば、機能的に問題のない歯の詰め物や被せ物でも、見た目はあまりよくないこともあります。

審美歯科ではそのようなケースでも見た目に配慮した素材で施術を行っています。

4.審美歯科が選ばれるのには理由があります

審美歯科は一般の歯科医院でも行われています。

審美歯科専門の歯科医院は、専門性を高めることが狙いです。

見た目の美しさを追求する審美歯科は高い技術力が必要とされて、知識や経験の蓄積が不可欠です。

708
Return Top