湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

審美歯科の施術は受けた後にもメンテナンスがいるの?

審美歯科の施術後も見た目や健康をキープするためのメンテナンスが必要です


審美歯科で行う矯正やホワイトニングは、効果が永久に続くわけではありません。

人の歯は加齢や歯周病、虫歯を原因にして歯茎が下がったり見た目が悪くなったりします。

歯ぎしりなど生活習慣でも歯並びは変わるでしょう。

自宅で行う歯磨きのほか、定期的に歯科医院でのメンテナンスを行うことで美しく健康的な歯をキープしましょう。

審美歯科での施術後もメンテナンスは必要です

歯や口元の美しさに重点を置いた審美歯科では、お客様のニーズに合わせて多種多様な施術を行っています。

施術後のお客様からよく聞かれる質問に、どのくらい効果が持つのかというものがあります。

この質問には、具体的に何日持つというような答え方はできません。

なぜなら、行った施術や生活習慣などは個々人で違うからです。

歯や口元は毎日動かすパーツです。

おしゃべりや食事、呼吸、歯ぎしりなど、歯は毎日力の影響を受けているのです。

例えば、ワイヤー矯正は力の加わる方向を変えることで歯を少しずつ動かします。

矯正の施術が終了したときには、希望した歯の位置になっているでしょう。

しかし、歯にはもともと自分で動く力があるため、放っておけば後戻りしてしまいます。

人工の歯を使うセラミック矯正も定期的なメンテナンスが必要です。

汚れが付着しにくいと言っても歯磨きを怠れば、当然虫歯や歯周病になってしまいます。

ホワイトニングの施術も効果は永遠ではありません。

毎日の食生活によって、歯の表面には歯石・着色汚れ・タバコなどが付着します。

歯の美しさを保つためにも、健康のためにも定期的に歯科医院に通い、家でも歯磨きを励行しましょう。

セラミックの歯にもメンテナンスが必要です


セラミックは白さや透明感が普通の歯に近く、審美歯科で使用する素材としてはなくてならないものです。

汚れやプラークが付着しにくく、変色が起こりにくいのもメリットでしょう。

例えば、コンポジットレジンは歯科用のプラスチックとして歯の詰め物などによく使われていますが、時間が経つと変色するため将来的には見た目が悪くなるかもしれません。

セラミックが変色しにくいのは水分を吸収しにくいことが大きな理由です。

コンポジットレジンなどは水分を吸収するときに一緒に着色してしまいますが、セラミックではそのような心配はいりません。

ただし、セラミックもメンテナンスがいらないわけではありません。

セラミックは金属のかぶせ物と比較すれば割れる可能性が高くなります。

硬いため、柔軟性がなく衝撃に弱いという点があり、まれにかけたり割れたりすることもあるでしょう。

セラミック自体は劣化しにくい素材ですが、他の歯や噛み合わせはどうでしょうか。

歯の内部で虫歯が進行したり、歯ぎしりや歯茎が下がって歯並びが変わったりすることもあります。

セラミックの歯は劣化しなくても、人の身体は変化し続けます。

人の身体は完ぺきではないので、定期的に再調整が必要なのです。

歯のホワイトニングにも寿命があります

審美歯科で手に入れることのできる、輝くような白い歯も、効果は永遠ではありません。

ホワイトニングの効果は施術後すぐの白さがピークで、ゆっくりと元の歯の色に戻ってしまいます。

一般的にはオフィスホワイトニングの効果が続くのは3~10カ月ほど、ホームホワイトニングで半年から一年と言われています。

ただしこれらはあくまで目安です。

お客様の歯の質や日常生活、喫煙習慣などで大きな違いがあります。

着色汚れの原因になりやすいワインやコーヒー、カレーなどを摂取する習慣があるかどうかでも違います。

ホワイトニングの効果を長くするためには、汚れがつきやすいものを食べたときにはすぐに歯磨きかうがいをするといいでしょう。

それに加えて、メンテナンスとしてのホワイトニングも効果的だと言われています。

歯が施術前の色に戻ってしまってからではなく、効果が薄れかけてきたときに定期的にホワイトニングすることで、常に美しい白い歯をキープすることができるのです。

ホワイトニングをするときには、適切なホームケアやメンテナンスについても尋ねておきましょう。

普段の食生活や歯磨きのタイミングなどを伝えて、ケアについて担当の医師に相談しましょう。

(まとめ)審美歯科の施術は受けた後にもメンテナンスがいるの?

1.審美歯科の施術後も見た目や健康をキープするためのメンテナンスが必要です

人の歯は生きていいる限り変化し続けます。

歯ぎしりすることで歯が動いたり、加齢で歯茎が下がって歯並びが変わったりすることもあるでしょう。

審美面と健康面から施術後にも定期的なメンテナンスが必要です。

2.審美歯科での施術後もメンテナンスは必要です

審美歯科の施術は、通院が終了して終わりではありません。

ワイヤー矯正は徐々に歯が後戻りしますし、ホワイトニングされた歯も日常生活で着色が進みます。

虫歯や歯周病にならないためにも定期的に歯科医院に通ってメンテナンスを行いましょう。

3.セラミックの歯にもメンテナンスが必要です

汚れが付きにくく見た目も美しいセラミックは差し歯や被せ物としてよく使われています。

しかしセラミックはまれに割れることもありますし、歯並びが変わることもあります。

セラミックの歯であってもメンテナンスが必要です。

4.歯のホワイトニングにも寿命があります

歯のホワイトニングを受けたとしても、効果は永久に続くわけではありません。

効果を長続きさせるには、着色しやすい食品を避け、歯科医院で定期的にメンテナンスしましょう。

571
Return Top