審美歯科のメタルボンドってどんなもの?

審美歯科のメタルボンドとは、外見がセラミックになっている差し歯などです


審美歯科で扱われているメタルボンドはかぶせ物の一種で、前から見えるセラミック部分は白くてきれいな状態になっていますが、裏からは金属が見えるようになっています。

美しさと強度を兼ね備えているほか、予知性が高いなど適用範囲が広い優秀な補綴物です。

しかし、歯の裏側は金属が見えてしまうという点から、より高い審美性を求めると難しいというようなデメリットもあります。

セラミックと金属の良いところを持っているのがメタルボンドです

審美歯科で取り扱っているかぶせ物の中のひとつにメタルボンドがあり、見た目はセラミック、中身は金属でつくられています。

別名陶材焼付鋳造冠とも呼ばれているクラウンの一種で、色や形が本物の歯によく似ていることから美しさも特徴で、他のかぶせ物と比較すると費用を抑えることができる点もメリットです。

メタルボンドは中身が金属であることから、非常に強度が高く変色もしにくいだけでなく、どの部位にも使える大変適用範囲の広い優秀は補綴物となっています。

それに中身の金属は選ぶこともできるので、金などの貴金属にすれば金属アレルギーが心配な方も使用することが可能です。

しかもメタルボンドはかぶせてから何かあった時でも修理がしやすく仮止めもできるという丈夫さを持っていることから、長期的な使用にも向いていると言えます。

しかし、メタルボンドの中身にする金属によって長年使い続けているうちに溶け出してきて、金属アレルギーが発症したり歯茎の変色が起きたりというデメリットもあります。

この点からもメタルボンドを選ぶ時は中身にする金属をよく検討しておきましょう。

メタルボンドは歯の矯正や大きな虫歯ケアのあとに使います


審美歯科で扱うメタルボンドは歯のかぶせ物ですが、かぶせ物は自分の歯を削りその穴をふさぐために使うものです。

大きく削れば詰め物だけでは強度に心配があるため使用できず、かぶせ物での対応が必要になります。

そしてメタルボンドのようなかぶせ物を使う時は、まず土台となる歯をつくりそこへかぶせて形を整えていく施術が行われます。

もし大きな虫歯がある時は先にそちらへの施術から行われ、全ての処置が終わったあとで土台作りや型どりなどをします。

セラミックは本来の歯の色に近いため、外側にセラミックが使われているメタルボンドを使用すると自然な見た目に近い仕上がりが期待できるのです。

ちなみにメタルボンドは自由診療にあたるため、保険適用がされないことから、費用について事前に確認した上で施術を受けることをおすすめします。

長期使用を重視するならオールセラミックがおすすめです

難しい症例にも対応するような適用範囲の広さでメリットの大きいメタルボンドですが、より美しく長持ちする素材でのかぶせ物をと考える場合にはオールセラミックをおすすめします。

メタルボンドでは中身が金属になっている分、金属の種類によっては溶け出す心配もありますが、オールセラミックの場合は溶け出すような心配はまずありません。

それにセラミックは天然の鉱石でありそれを削り出してかぶせ物をつくることから、体にも優しく金属アレルギーの心配もないだけでなく、金属と同じくらいの強度も持っていることから大変優秀なかぶせ物として使われています。

ただしオールセラミックの場合もメタルボンドと同様で自由診療にあたるため、費用は保険適用のものと比べると高くなります。

それに他の自由診療のかぶせ物のよりも比較的高くなる場合が多いので、かぶせ物の種類を選択する時はメリット・デメリットを考慮しつつ費用の面も合わせて把握しておくと安心です。

しかし、長期的な使用の快適さについて考えてみると、たとえ高額であってもオールセラミックにしておいた方が、将来的な安心は大きいかもしれません。

そしてオールセラミックは、外見だけでなく裏側まで全て自然な歯の色に近いセラミックになっているので、メタルボンドでは審美性に劣ると感じる方にもオールセラミックはおすすめです。

(まとめ)審美歯科のメタルボンドってどんなもの?

1.審美歯科のメタルボンドとは、外見がセラミックになっている差し歯などです

メタルボンドは歯のかぶせ物の一種で、前側はセラミック、歯の裏側にあたる部分は金属が見える形になっています。

美しさと強度の両方が期待できる補綴物ですが、裏側は金属が見えるためより高い審美性を求める際にはデメリットに感じることもあるでしょう。

2.セラミックと金属の良いところを持っているのがメタルボンドです

メタルボンドは外側をセラミック、中身を金属でつくられたかぶせ物です。

中身を貴金属にすると金属アレルギーが心配な方も使うことができ、長期の使用で金属が溶け出す心配も少なくなります。

3.メタルボンドは歯の矯正や大きな虫歯ケアのあとに使います

歯を削った部分が大きい時、詰め物では強度に心配があることからメタルボンドのようなかぶせ物を使うことになります。

セラミックを使用しているメタルボンドは歯の自然な色に近いため、仕上がりも自然な状態に近づけることが期待できるのです。

4.長期使用を重視するならオールセラミックがおすすめです

オールセラミックのかぶせ物にすると金属が溶け出す心配がなく、天然のセラミックで作られるので体にも優しい素材になります。

しかも金属と同程度に丈夫な素材でもありますから、安定して長期にわたり使用することが可能になるでしょう。

1879
Return Top