矯正歯科での施術後にメンテナンスは必要?

良い歯並びの維持には矯正歯科での施術後もメンテナンスが欠かせません


矯正歯科で施術を受け、歯並びが整えばそれで終わりではなく、その後もメンテナンスが不可欠な理由は歯が元の状態に戻ろうとするからです。

その働きだけでなく日々歯を使っていることから、整った歯並びの状態が少しずつ変化しているといえます。

メンテナンスせず時間が経てば、再び時間と費用をかけた矯正が必要になってしまう可能性もあることから、定期検診がすすめられています。

矯正施術後は歯並びの定着が大切です

矯正歯科での施術では、正しい位置に歯を並べることを目的として行われますが、その定着には時間がかかります。

そのため施術が終了したからと言って放置してしまっては、正しい位置に歯がとどまることができず、元の状態に戻っていってしまうのです。

なぜ戻っていくのかと言うと、それは人間の体の仕組みが関わっています。

たとえ悪い歯並びであったとしても、その歯並び・骨格といった体は、これまでずっと変わらずに生活してきた体です。

矯正はその状態に無理矢理手をくわえて、良い状態にするというものなのですが、当たり前となっていた悪い歯並びの状態から突然体をずらされると、体の方は「良くない状態だ」と判断し、勝手に元々の状態へ戻そうとしてしまうのです。

施術後の不安定な状態ではその戻り方も早くなってしまいがちなので、定期的にメンテナンスを行って定着させていくよう、矯正歯科ではすすめられています。

メンテナンス期間は通常の場合で2年間ほどとなっており、その間つけ心地のチェックや歯並びで気になる点の相談を行っているのです。

あわせて歯周病ケアも行って歯並びを維持しましょう


歯並びが戻ってしまわないようにメンテナンスを受ける時には、虫歯や歯周病のチェックもしてもらうことがおすすめです。

正しい歯並びが定着したとしても、もし虫歯や歯周病になってしまえば施術が必要になってしまうからです。

それに予防や早期施術を行えば神経への施術や歯を抜くようなケースを避けることにもつながり、きれいな歯並びと健康な歯・歯茎の維持に役立ちます。

そして、虫歯や歯周病予防のために定期的なクリーニングを受けるほかにも、必要があれば正しいブラッシング指導で日頃の歯磨きを振り返り確認することもあるでしょう。

食後の歯磨きは自分でできる大切な口内ケアになるため、歯磨きの仕方や歯ブラシの使い方など正しいポイントを知っておくことも必要です。

簡単に歯磨きのポイントを紹介しておくと、磨き忘れのないように磨いていく順番を決めていつもそのようにすること、磨く場所によって歯ブラシの持ち方を、ペンを持つようにしたり握ったりすることでしょう。

歯ブラシ以外にも歯間ブラシやデンタルフロスを使ったケアをたまに行うことも、きれいな口内を保つために役立つのでおすすめです。

施術期間が気になる方にはセラミック矯正をおすすめします

矯正歯科での施術後には、メンテナンスや歯周病ケアなどが大事ということがわかりました。

しかし、施術が終わるまでや終わってから期間、どれだけ長いこと歯を治すために付き合わされるのだろうか……と気に病んでしまうひともいるでしょう。

矯正の施術をなるべく早く済ませたいという方には、セラミック矯正と呼ばれる施術方法をおすすめします。

これは、元あった歯を削り、その上にセラミッククラウンと呼ばれるかぶせ物をすることによって歯並びを良くさせるという施術です。

一般的に「歯の矯正」と聞いて想像するのは、ワイヤーやブラケットを口腔内に装着したイメージであると思います。

ワイヤーやブラケットのような矯正装置を着けた矯正方法の場合、年単位の施術期間がかかることが多いです。

しかし、セラミック矯正であれば、施術期間は数か月ほどと言われており、早ければ2ヶ月ほど完了してしまう場合もあります。

また、大がかりな装置をつけることもないので、他人から矯正がバレにくいというのもメリットの一つです。

ただ、セラミック矯正に関してもメンテナンスやケアを怠ってしまっては残念な結果になってしまいます。

専門医の指示に従って、正しいセルフケアを行い術後のメンテナンスも欠かさないようにしましょう。

(まとめ)矯正歯科での施術後にメンテナンスは必要?

1.良い歯並びの維持には矯正歯科での施術後もメンテナンスが欠かせません

矯正施術後の歯はきれいに整った状態を維持しようとせず、元に戻ろうとするため定期的なメンテナンスで調整していくことが必要です。

定期検診を受けず放置すると再び矯正が必要になる可能性も出てくるでしょう。

2.矯正施術後は歯並びの定着が大切です

正しい歯並びに矯正歯科で整えてもまだその位置が定着していないことから、歯は元の悪い状態に戻ろうとしてしまうためメンテナンスしていく必要があります。

定着までのメンテナンスに2年間ほどで、その間つけ心地のチェックや歯並びの相談を行っていきます。

3.あわせて歯周病ケアも行って歯並びを維持しましょう

正しい歯並びを維持するためのメンテナンスの他、虫歯や歯周病のケアも行っておく必要があります。

そうすることで早期発見と施術ができ、きれいになった歯並びを健康な歯で大切にすることにつながるのです。

また正しいブラッシングなどのケアも必要でしょう。

4.施術期間が気になる方にはセラミック矯正をおすすめします

矯正歯科の施術期間が長くなることに不安があるという方は、セラミック矯正を選ぶと良いでしょう。

ワイヤーやブラケットを使ったものより、短期間で施術が完了するはずです。

もちろん、セラミック矯正に関してもメンテナンスやケアは欠かせません。

1022
Return Top