歯科矯正で喘息は改善するの?

歯科矯正を行うことで、喘息が改善・軽減されるケースが多く見られます


あまり知られていないのかもしれませんが、歯並びと喘息には深い関係があります。

歯並びが悪いと口呼吸になったり、反対に口呼吸をしていると歯並びが悪くなったりします。

この口呼吸を続けていることによって、喘息を引き起こしてしまう場合があるのです。

歯科矯正を行い、歯並びを整えることで、お口の中の空間が広がって呼吸しやすくなり、口呼吸が改善されるケースが多いのです。

そのため、喘息が改善したり軽減したりすると考えられます。

その喘息は歯並びの悪さが原因かもしれません

最近は喘息に悩まされる人が増えてきていますが、口呼吸が喘息の原因になる場合もあることをご存知でしょうか。

先述しましたが、歯並びが悪いと口呼吸になったり、逆に口呼吸を続けていると歯並びが悪くなったりしてしまいます。

本来呼吸は鼻で行うものなのですが、最近は口で呼吸している人が増えてきています。

この口呼吸を続けていると、体内に溜めておかなければならないはずの二酸化炭素が、どんどん体外へと出て行ってしまうのです。

本来私たちの肺の中に必要な二酸化炭素の濃度は6.5%と言われています。

空気中の二酸化炭素濃度は0.04%で、呼吸を口で行うと換気量が多くなり、肺の中の二酸化炭素濃度は薄まってしまいます。

すると身体の平滑筋が収縮を起こしてしまうのですが、この平滑筋でできているもののひとつが気管なのです。

口呼吸をしていると平滑筋でできている気管が収縮し狭くなってしまい、呼吸がしづらくなるのです。

これは気管支喘息と呼ばれています。

そのため歯並びが悪いと口呼吸になり、口呼吸になるとさらに歯並びが悪くなって、気管が収縮して呼吸がしづらくなるという悪循環に陥ってしまうのです。

歯科矯正で歯並びを改善しましょう


歯並びは歯科矯正で改善することが可能です。

歯科矯正と聞くと子供が行うイメージが強いかもしれませんが、基本的には何歳からでも行うことが可能です。

実際に大人になってから矯正を行う方も多くおられます。

「できるだけ短期間で歯並びを良くしたい」「金属の装置を付けて周囲にバレたくない」「歯並びを整えて、今よりも真っ白な歯にしたい」というような方には、セラミック矯正をおすすめします。

セラミック矯正

「歯科矯正」と聞くと、金属のブラケットと呼ばれる装置やワイヤーなどを歯の表面に貼り付けて、少しずつ歯を移動させる矯正を思い浮かべるかもしれません。

セラミック矯正はこのような金属を貼り付けたり、歯ごと移動させたりすることはせず、自分の歯にセラミックの差し歯をかぶせて並べることで歯並びを改善する矯正方法です。

セラミック矯正の施術の流れを説明していきます。

まず、自分の歯を少し削って型とりをします。

その後できあがったセラミック製の差し歯を、削った歯の上からかぶせます。

噛み合わせなどを調整して、問題がなければ施術は完了になります。

施術は歯並びが悪い歯を含む隣接する歯数本に行います。

セラミック矯正は歯の向きや形、色などを自由に変えることができ、歯並びの改善だけでなく歯の色を白くすることも可能です。

一般的な矯正のように歯を少しずつ移動させるわけではなく、施術が必要な歯のみを施術するため、平均で数ヶ月という短期間で歯並びを改善することができます。

金属の装置などを付ける必要もなく、施術期間中は仮歯を入れるので周囲に気付かれることもほとんどありません。

歯科矯正は、喘息の症状を軽減する以外にもメリットがあります

歯科矯正で歯並びを改善することで、歯並びの改善はもちろんですが、喘息の症状が軽減したり改善したりするケースが多く見られるということを述べました。

しかし歯並びを改善することで、その他にもたくさんのメリットを得ることができると言えるでしょう。

歯並びを改善するメリットについてご紹介します。

コンプレックスの解消

悪かった歯並びが改善されることで、見た目もよくなりコンプレックスが解消されます。

これまで人と話したり人前で笑ったりすることに抵抗があった人でも、自信を持って人と話したり笑ったりすることができるようになるでしょう。

しっかり噛めるようになり、歯を長持ちさせることにつながる

歯並びや噛み合わせを整えることで、しっかりと噛むことができるようになります。

正しい噛み合わせになるだけでも、毎日の食事がしやすくなり食生活も豊かになっていきます。

また、正しい噛み合わせになることで、噛み合わせのズレによる物理的負担が減り、歯を長持ちさせることにも役立ちます。

慢性的な肩こりなどが軽減される

あまり関係ないように思っている方もいるかもしれませんが、噛み合わせは全身のバランスにも深く関わっています。

噛み合わせが悪いことが原因で肩こりや頭痛、吐き気、腰痛などを引き起こしていることも多く、噛み合わせを改善することでこれらの不定愁訴が改善、もしくは軽減される場合もあります。

(まとめ)歯科矯正で喘息は改善するの?

1.歯科矯正を行うことで、喘息が改善・軽減されるケースが多く見られます

歯科矯正を行って歯並びを整えることで、口呼吸が改善されると喘息の症状が軽減したり改善したりするケースが多く見られます。

喘息持ちで歯並びが悪い方は、一度歯科医院で診てもらうといいでしょう。

2.その喘息は歯並びの悪さが原因かもしれません

歯並びが悪いと口呼吸になりやすいです。

口呼吸をすることで肺の中の二酸化炭素濃度が薄まり、平滑筋でできている気管が収縮してしまい、呼吸がしづらくなるのです。

歯科矯正をすることで喘息の改善・軽減が期待できます。

3.歯科矯正で歯並びを改善しましょう

一般的な矯正は施術が完了するのに数年という期間が必要で、金属の装置が周囲に見えてしまいます。

短期間で周囲に気づかれず矯正をしたい方には、セラミック製の差し歯をかぶせて並べることで歯並びを改善するセラミック矯正がおすすめです。

4.歯科矯正は、喘息の症状を軽減する以外にもメリットがあります

歯科矯正で歯並びや噛み合わせを整えることで、見た目や喘息の改善だけでなく、コンプレックスの解消や肩こりなどの不定愁訴の改善・軽減、歯を長持ちさせることにもつながります。

歯科矯正を受けることでたくさんのメリットを得ることができるでしょう。

1126
Return Top