歯科矯正中の虫歯予防って?

歯科矯正中専用の虫歯予防ケアが大切です


歯科矯正中は、確かに虫歯になりやすいです。

常時あること適さない仮歯などの施術具が長期間固定されるため、食べ物のかすが詰まりやすくなるためです。

ですが、歯科矯正中に適したケアの方法というのも存在します。

施術具が違和感感じる形状であっても、しっかりブラッシングできるようになるため、虫歯リスクが抑えられます。

また、施術前に効果的な虫歯予防を行うことで、より発症の可能性は軽減できます。

矯正中に適したブラッシングの仕方があります

施術具が装着されているにもかかわらず、普段通りのブラッシングをしてしまってはいけません。

使い続ける上で理想的な状態とは異なる形状になっていることで、隙間に食べかすが残りやすいためです。

ではいったい、どのようなブラッシングが理想的なのでしょうか。

仮歯などの施術具を装着している箇所は、いつもより入念に磨いてください。

施術中でも食事などがしやすいよう作られた仮歯ですが、元の歯や理想的な形状の最終的な仕上がりと比べると、多少大雑把な作りであるのが一般的です。

そのため、普段の感覚で磨くと思わぬ磨き残しが生じるかもしれません。

いつもの磨き方に加えて、施術中の部分のみより多くの角度から磨くようにしてください。

これにより、歯の隙間や歯周ポケットといった、磨き残りのできやすい箇所も入念にケアできます。

施術中の歯1本1本、それぞれ多面的に磨いていくというのは、決して簡単でもないかもしれません。

ですが、食べかすが残りやすい矯正中は、こうした意識が重要となります。

矯正が完了するまでの辛抱なので、ぜひ虫歯予防の観点からがんばってみてください。

ブラッシングだけでは防ぎきれない箇所もあります


前項で紹介した磨き方を駆使すれば、矯正中であっても丹念にブラッシングができます。

ですが、それでもなお汚れが取り切れない箇所も存在します。

たとえば、歯と歯の隙間のさらに奥です。

細いタイプのブラシを使用しても、どうしても汚れが蓄積してしまいがちです。

細かく仕上げ終えたセラミックでない仮歯の場合は、ブラッシングしてもなお虫歯が起こる可能性が残ってしまうので、注意点として覚えておきましょう。

そんな磨くことが難しい箇所については、歯ブラシ以外の歯科衛生ツールをもちいると効果的です。

おすすめは、フロスを使ったケアです。

歯科矯正中でなくても歯間のケアにフロスは有効ですが、虫歯に注意すべき矯正中はなおさら重要です。

角度をつけることで、隙間と隙間周囲の歯の面までしっかりケアできます。

セラミック矯正は、歪んだ歯を削って理想的な形状に近いセラミック具を装着することで噛み合わせを調整します。

ですが仮歯に関しては、100%理想に近い形状とも限りません。

施術中については、虫歯へのケアも心がけましょう。

歯科的なケアを行うことでさらなる予防も可能です

歯医者で施術を受けたにもかかわらず虫歯になりやすくなったとなると、元も子もありません。

そのため、歯科矯正時は医師によって専門的な観点からも虫歯予防をしてもらえます。

たとえば、スーパージェットクリーニングによる高度なケアです。

これは、スケーリングやステイン除去などをもちいて、徹底的に汚れを磨き上げる方法です。

施術前や初回のみならず、通院ごとに施してもらえば、どうしても個人ではケアし切れない箇所もしっかり磨いておけます。

またこれは、歯の着色汚れが気になる人にもおすすめです。

セラミックを装着するとなると、周囲の歯が黄ばんでいる場合、そこだけ白さが浮いてしまうことも考えられます。

その点、セラミック施術を行う箇所以外もクリーニングしておけば、口内が全体的に美しい仕上がりに近づきます。

これらが有効とはいえ、すべての歯科で利用できるわけでもありません。

歯科矯正にこだわっているところや、総合的なレベルが高い場所であれば、充実していることが期待できます。

まずはホームページや口コミをチェックして、安心して矯正を受けられる歯科を見つけることが肝心です。

(まとめ)歯科矯正中の虫歯予防って?

1.歯科矯正中専用の虫歯予防ケアが大切です

歯科矯正では、仮歯などを取り付けるため、虫歯になりやすくなってしまいます。

ですが、矯正中に適したケア方法というのものがあるので、効果的に実践することで虫歯予防は可能となります。

2.矯正中に適したブラッシングの仕方があります

仮歯がついていると、食べかすが残りやすく虫歯を引き起こす可能性も高まります。

そのため、歯の1本1本を多面的に磨くよう心がけてみてください。

残りやすい食べかすも、しっかり除去できやすくなります。

3.ブラッシングだけでは防ぎきれない箇所もあります

確かに、多面的なブラッシング方法は有効です。

ですがそれでもなお、歯間の奥などは磨き残しが生じやすいです。

そのため、フロスなどの補助用具も合わせて使用してください。

より高度な虫歯予防に繋げられるでしょう。

4.歯科的なケアを行うことでさらなる予防も可能です

矯正中の虫歯予防は、やはり個人の意識だけでは物足りない場合もあります。

ですが、スーパージェットクリーニングなどの歯科的なケアを利用できれば、そうしたリスクも抑えられます。

1151
Return Top