歯科矯正すると虫歯になりやすい?

歯科矯正が完了するまでは虫歯になりやすいといえます


歯科矯正では、先端技術を駆使してさまざまな施術を行います。

セラミック装着や抜歯、メスを入れる施術など、多様な方法で症状の改善を目指します。

そのようななか、口の中が普段とは違う状況になるのも実際のところです。

そのため、施術内容や過程次第で虫歯になりやすいこともあるといえます。

しかし歯科矯正は、歯並びや噛み合わせを正常化することが目的の施術です。

そのため、施術完了までに虫歯になりやすい状況も改善しているのが一般的です。

虫歯になりやすいのは独特の施術方法が伴う場合です

口の中における状況を改善することが目的である歯科矯正ですが、残念ながら虫歯を誘発するケースも考えられます。

理由は、食べ物のかすが残りやすい、ブラッシングが難しくなるといった特徴が伴う場合もあるためです。

主には、美しい見栄えを作るため口内にセラミックや仮歯を入れるケースが代表的です。

この場合、異物と歯の隙間に食べかすが残り、虫歯菌の温床となってしまいやすいのです。

また丁寧にブラッシングをしていても、普段通りのやり方ではいつもと違う口内状況に伴い、磨き残しが生じるケースも懸念されます。

歯を治すための物が、逆に虫歯を引き起こす原因ともなるのであれば、本末転倒です。

また虫歯は、歯の健康や痛みに影響するだけでもありません。

虫歯菌が歯を浸食する際、特有のガスを発生します。

そしてこのガスは、特有のいやな臭いを伴います。

痛みに加えて周囲へ不快感を与えてしまうことともなるため、虫歯を防ぐ方法はしっかり理解しておくべきです。

医師のアドバイスを良く聞いておくべきです


前述の通り、確かに歯科矯正を行うと虫歯になりやすいです。

しかし、だからといってもちろん対策がないわけでもありません。

もしそうであれば、歯科が虫歯を促進しているかのような格好となってしまいます。

ではいったい、どのように対策しているのでしょうか。

矯正を得意とする歯科では、実際の施術を行う前に、口腔衛生指導をしています。

特別な施術具が入れば、やはり普段通りのブラッシングでは歯の健康維持を行う上で物足りません。

そのため、矯正中のケアに適したブラッシングやその他注意点などをしっかり指導して、不意な虫歯を防いでくれるのです。

虫歯の原因が残ったまま施術具を取り付けてしまわないよう、事前に歯石除去を行う場合もあります。

ポイントは、医師のアドバイスにしっかり耳を傾けておくということです。

施術そのものとは少し異なるため、少々軽視してしまいがちかもしれません。

ですが前述の通り、虫歯になれば痛みや口臭などのデメリットが伴います。

また場合によっては、矯正を中断なければならないケースも出てくるかもしれません。

貴重なアドバイスは、しっかり聞いておきましょう。

虫歯になりやすくても矯正施術は受けておくべきです

虫歯になりたくないからといって、歯科矯正が必要なのに避けるという選択は行うべきでありません。

それにより、矯正のリスクどころではないデメリットが複数伴うためです。

矯正が必要な状態ともなれば、結構な歯列や噛み合わせの問題が起こっていることでしょう。

歯科矯正を行うことで、これらは改善することが可能です。

乱れた歯列をそのままににすると、発音が悪くなる、歯が折れやすくなる、顎に負担がかかるといった懸念も出てきます。

そしてもう一点忘れてはならないのが、虫歯になりやすいということです。

そうです、矯正中もそうですが、実は矯正が必要な状態である乱れた歯列もまた、虫歯を引き起こしやすい状況なのです。

歯科矯正を行うと、矯正中に関しては虫歯になりやすくなります。

とはいえもちろん、施術が終了すれば施術具は外れるのでその状態も改善できます。

ですが矯正をしなければ、歯並びは悪いままなのでずっと虫歯になりやすい状況が続くでしょう。

一時的に虫歯になりやすくなるとはいえ、歯科矯正はやっておくに越したことがないのです。

虫歯が不安であっても、医師のアドバイスに耳を傾けつつ、適切な矯正を受けておくことをおすすめします。

(まとめ)歯科矯正すると虫歯になりやすい?

1.歯科矯正が完了するまでは虫歯になりやすいといえます

歯科矯正では、口内に特別な施術を行います。

そのため、内容や過程によっては虫歯になりやすい場合もあります。

しかし施術が完了する頃にはそうした不安も解消できるため、安心しておいて問題ありません。

2.虫歯になりやすいのは独特の施術方法が伴う場合です

歯の状態を改善するための歯科矯正ですが、残念ながら虫歯を誘発する要因ともなりかねません。

異物の周囲に食べかすが詰まり、虫歯菌の温床のような状態となるためです。

正しいブラッシングで、しっかり対策することが欠かせません。

3.医師のアドバイスを良く聞いておくべきです

歯科矯正によって虫歯になりやすくなるとはいえ、そこまで心配する必要もありません。

事前に口腔衛生指導を行って、対策してくれるためです。

面倒に感じても、しっかり耳を傾けておきましょう。

4.虫歯になりやすくても矯正施術は受けておくべきです

確かに、歯科矯正を受けると虫歯になりやすくなります。

ですが矯正が必要なほどの悪い歯並びを放置すると、それもまた虫歯の原因になりかねません。

医師のアドバイスにしっかり耳を傾けつつ、矯正は受けておくべきです。

2833
Return Top