歯科矯正の人口歯は材質にも注意が必要なの?

歯科矯正で使われる材質次第で金属アレルギーなどが引き起こされます


人口歯を使ったインプラントですが、材質にはこだわらなければなりません。

例えば銀歯や金歯ですと、天然の歯と色が違う場合もあり審美的な面で問題が生じます。

最も注意したいのは、金属アレルギーの問題です。

金属アレルギーの原因は金属歯から金属が溶けることで引き起こされることもあります。

他にもストレスで免疫が下がると金属アレルギーのリスクも高くなります。

気になる場合はセラミッククラウンにすることで、金属アレルギーのリスクを低くできます。

審美的な面にこだわりましょう

歯並びの悪さで人口歯の歯科矯正を行う際、材質には注意が必要でしょう。

生え方に問題のある歯が数本でしたら、人口歯などのインプラントがあります。

しかし人口歯もすべて同じではなく、色々な材質があることを忘れてはいけません。

例えば虫歯を治す際のかぶせ物として、銀歯や金歯などがあります。

しかし、銀歯や金歯では天然の歯と色が大きく異なるという点は無視できないでしょう。

歯並びの悪さを矯正したいというだけならば、気にしなくても良い問題かもしれませんが、審美的な面でもこだわりたいという人は、材質も選ぶ必要があります。

その点をこだわった場合に出て来る選択肢として、セラミッククラウンなどが挙げられるでしょう。

セラミッククラウンによる施術は、天然の歯と変わらない色ということが大きなメリットと言えます。

また、時間が経過して色がくすむこともないようです。

歯並びの悪さは、人生に大きな影響を与えるものであり、悩んでいる人も多いでしょう。

そのことを考える上では、セラミッククラウンという選択肢はけして悪くはありません。

金属を使用した矯正器具でアレルギー症状が出てしまうことがあります


一般的に想像する歯の矯正と言えば、ワイヤーやブラケットを使用して歯を動かすというものでしょう。

しかしこのとき、材質に金属が使われていることで、思わぬトラブルが引き起こされることがあります。

それが金属アレルギーの問題です。

金属アレルギーは発症してしまうと、口内炎、口角炎、舌炎などの症状に苦しめられてしまうことがあります。

金属アレルギーが起きてしまう金属の材質として、ニッケルやクロムが代表的です。

ワイヤーやブラケットなどの矯正器具には、ニッケルやクロムをはじめとした金属アレルギーを引き起こしてしまう材質が使われている場合があり、それが反応して、アレルギー症状へとつながってしまうのです。

金属アレルギーを持っている場合、下手をすれば、症状が重度になってしまうケースもあります。

しかし、どうして歯科矯正で金属アレルギーが生じてしまうのでしょうか。

これは、金属歯や矯正器具などから金属が溶け出してしまうことが原因とされています。

金属が溶けないよう、日常的な習慣には注意をしなければなりません。

例えば口内が強い酸性にならないよう口内のケアが大切です。

また、コーヒーやチョコレート、インスタント食品も金属アレルギーに影響を与えると言われています。

また、ストレスにも気をつけなければなりません。

金属アレルギーは免疫反応が過剰に出てしまうことで引き起こされます。

ストレスにより自律神経などが乱れると、免疫機能にも悪影響を与えてしまい、アレルギーに対抗ができない体になってしまうのです。

セラミックを使った歯科矯正がおすすめです

金属アレルギーに悩まされないためには、そのリスクが低い材質を使用した歯科矯正を心がけなければなりません。

ワイヤーやブラケット以外の矯正方法としては、マウスピースを使うものがあります。

この場合、材質はプラスチックなどですから、金属アレルギーの問題もありません。

しかし、マウスピースはあくまで歯並びの症状が軽いものから中度のものに対応している施術方法です。

不正咬合の症状が重度の場合は、あまり改善が期待できないと言えるでしょう。

そこでおすすめなのが、セラミッククラウンを使った歯科矯正です。

セラミッククラウンであれば、材質がセラミックですので、金属アレルギーの心配はいりません。

さらに、セラミッククラウンを使った歯科矯正は、ワイヤーやブラケットなどを使ったものよりも施術期間が短いことでも知られています。

毎日の仕事で忙しいという方や、接客業などで矯正器具を他人になるべく見せたくないという業種の方などにも、セラミッククラウンはおすすめです。

また、前述の通り、セラミッククラウンであれば審美的な問題もクリアすることができます。

施術が早く終わり、トラブルもなく、綺麗な歯並びを手に入れることができるのであれば、良いこと尽くしといっても過言ではないでしょう。

(まとめ)歯科矯正の人口歯は材質にも注意が必要なの?

1.歯科矯正で使われる材質次第で金属アレルギーなどが引き起こされます

人工歯の材質次第では、トラブルが生じるケースもあります。

たとえば、審美的な面や金属アレルギーなども注意しなければなりません。

材質がセラミックのものであれば、金属アレルギーのリスクが低いです。

2.審美的な面にこだわりましょう

歯科矯正で人工歯を利用する際、材質にも気をつけなければなりません。

銀歯や金歯は天然の歯と違いますし、時間が経過するとくすみが生じることもあります。

その場合、セラミッククラウンなどが選択肢として有効でしょう。

3.金属を使用した矯正器具でアレルギー症状が出てしまうことがあります

ワイヤーやブラケットですと、材質に金属が使われており、金属アレルギーのリスクがあります。

金属アレルギーは、矯正器具などの金属が溶け出してしまうことで引き起こされるとされており、ストレスや食生活などもその原因になるようです。

4.セラミックを使った歯科矯正がおすすめです

人口歯を使用するなら、金属アレルギーのリスクが低いものが良いです。

セラミッククラウンを使った歯科矯正であれば、そもそも材質がセラミックなので安心して利用できます。

また、施術期間が短いという点などメリットが多いことも魅力です。

1897
Return Top