歯科矯正で口が閉じない症状を治すことができる?

歯並びを治す歯科矯正で、口が閉じない症状を改善できます


歯並びの悪さによって口が閉じないこともあるようです。

一般的に出っ歯や受け口や乱杭歯などでは、口を閉じにくくなります。

口が閉じない場合、口呼吸になりやすくなったり、口臭や虫歯や歯周病にもつながったりしてしまうのです。

他にも睡眠時無呼吸症候群や、顎関節症につながるケースもあるようです。

セラミック矯正や、セットバック法などを利用した歯科矯正は、歯並びを治すのに効果的です。

口が閉じないという問題も解決に導くことが可能になるでしょう。

口が閉じないのは、歯並びの悪さや不正咬合が原因です

歯並びの悪さにより、口が閉じないことがあります。

もしかしたらそれは、不正咬合が原因になっているのかもしれません。

不正咬合にもさまざまな種類があります。

例えば出っ歯や受け口や乱杭歯などが、一般的に知られている不正咬合です。

特に出っ歯は、不正咬合の中でも特に口が閉じにくいものの一つです。

正式には上顎前突と呼ばれますが、子どもの頃の指しゃぶりや口呼吸と言った悪癖が原因として考えられているようです。

前歯の角度が正常ではない、上顎だけが過剰に成長する、下顎の成長が十分ではないなどの原因が、この出っ歯を引き起こすと考えられています。

出っ歯になると上唇が上がっていることで、口が閉じづらい状態になるようです。

他にも無理をして口を閉じようとすると、口元に歪みが生じることもありますし、意識して力を入れなければ、口を閉じることができない状態となってしまうのです。

上顎だけではなく、下顎まで同じく前方に突出しているケースもあります。

つまり出っ歯とともに、受け口にまでなっている状態となる不正咬合もあるのです。

その場合、いつも口を尖らせているような感じであり唇が閉じづらく、閉じると口元にシワができてしまいます。

口が閉じないと口呼吸になり弊害が出ます


口が閉じない場合、複数の悪影響が出て来ます。

例えば、口呼吸になりやすくなるのも注意が必要です。

口呼吸にはさまざまな弊害があり、例えば風邪がひきやすいと考えられています。

口呼吸をすることで、風邪の原因菌が侵入しやすくなるため、風邪をひきやすくなってしまうのです。

また、口ばかりで呼吸をするために、唾液が出にくくなるため、ドライマウス、つまり口の中が乾燥しやすい状態になります。

唾液が出づらくなると口の中が粘ついてしまい、口臭が出る原因となるようです。

口の中が乾き、唾液が出づらい口内環境では、虫歯や歯周病のリスクを高めることにもつながります。

さらに口がいつも開いた状態ですと、表情の筋肉が弱まり、小じわや、顎下の筋力も低下すると考えられているのです。

老け顔になりやすい状態につながってしまうので、アンチエイジングを考えている人には大敵と言えるかもしれません。

このように、口が閉じないだけでもさまざまな悪影響が出て来るので、口が閉じないような不正咬合を甘く見ることはできないでしょう。

無呼吸症候群や顎関節症も引き起こします

口が閉じないことは、睡眠時無呼吸症候群になりやすく、他にも顎関節症を引き起こしやすいとも考えられているのです。

口が閉じない原因として出っ歯や受け口など、上下の顎が前方に突出している状態が考えられるのですが、その状態は歯並びの悪さも同時に生じていることが少なくありません。

歯並びが悪いと、顎関節症を引き起こしやすくなるのです。

歯並びが悪ければ食べ物を噛む時、バランス良く噛めませんからどうしても一部で噛むことになります。

歯に均等な力が働かないことによって顎のバランスに影響が出て、顎の関節にトラブルが生じやすくなるのです。

良くあるトラブルとしては、顎の関節や筋肉の炎症が考えられるでしょう。

顎関節症は無自覚な人も居るのですが、ある日、ふと口が開けづらい状態になっていたということもあるようです。

歯並びが悪いと、口元だけではなく顎への負担が原因で、顔の歪みも生じてしまうと言われています。

このように、歯並びが悪いことがさまざまな弊害を引き起こすきっかけとなるのです。

数本の歯が悪ければ、セラミッククラウンを使った矯正施術がありますし、もっと深刻な顎自体の問題があるのでしたらセットバック法という顎に直接アプローチをする施術もあるので、歯並びや不正咬合が大きな原因となっているなら、検討してみても良いでしょう。

(まとめ)歯科矯正で口が閉じない症状を治すことができる?

1.歯並びを治す歯科矯正で、口が閉じない症状を改善できます

歯並びの悪さや不正咬合などで口が閉じないことがあるようです。

口呼吸が生じた場合、口臭や虫歯にもつながります。

セラミック矯正やセットバック法などの歯科矯正を行うことで、改善が期待できるでしょう。

2.口が閉じないのは、歯並びの悪さや不正咬合が原因です

歯並びの悪さや不正咬合になっていると口がきちんと閉じることができない場合があります。

出っ歯や受け口などが一般的に知られている不正咬合です。

口が閉じづらくなると口元に歪みが生じる場合もあります。

3.口が閉じないと口呼吸になり弊害が出ます

口が閉じないと、口呼吸になりやすくなります。

ドライマウスになって、風邪を引きやすくなることや、虫歯や歯周病、口臭の原因にもなるようです。

また、顔の筋肉に影響して、老け顔にもなりやすくなります。

4.無呼吸症候群や顎関節症も引き起こします

口が閉じないと、睡眠時無呼吸症候群にもなりやすいようです。

また、顎への負担は顎関節症も引き起こしかねません。

改善のためには、セラミッククラウンを使った矯正やセットバック法などの施術を検討してみましょう。

5070
Return Top