歯科矯正でポジショナーを使う意味や効果とは?

ポジショナーを使うことで噛み合わせを安定させ歯科矯正の効果を高めます


歯科矯正を行うと歯並びと噛み合わせを調整することができます。

理想的な噛み合わせにすることができるのですが、どれだけ丁寧な歯科矯正を行ったとしても、最終的に非常に細かいズレが発生してしまいます。

そのような細かいズレを微調整するうえで、ポジショナーが役立ちます。

ポジショナーを使用することによって、噛み合わせを非常に安定したものに仕上げることができるのです。

ポジショナーは歯科矯正のサポート役です

そもそもポジショナーというのは、どのような時に使用されるものなのでしょうか。

矯正治療を始めたい方、治療を行っている方の中には矯正器具が外れた時点で治療が全て終わると感じている人も少なくないかもしれません。

しかし実は、矯正器具が外れたからといって、そこで治療が終了なのかといえばそんなことはないのです。

矯正装置によって歯を理想としている位置にある程度動かした後には、ポジショナーを使用することによって大きく動かした歯を今度は微調整していきます。

矯正器具を使用することによって歯を大きく動かし、ズレている位置から本来あるべき位置まで調節することは可能です。

しかし歯というのは、さらに細かく動かさなければなりません。

理想としている位置に微調整することによって、本当の意味での調整が終了します。

少しぐらいズレていても問題はないと思われるかもしれませんが、ほんの小さなズレでも長い時間をかけて顎のねじれや身体のねじれなど様々なことに影響を与えるようになってしまいますので注意しなければなりません。

ポジショナーは医師と一緒に作り上げていくべきといえます


ポジショナーというのは、非常に柔らかく柔軟性の高い特殊なゴムで作られていることが大半です。

マウスピースのように口に咥えることで装着します。

上下の歯がしっかりと噛み合った状態で固定されますので、装着をしている時には話をすることができません。

ポジショナーを使用することによって歯の微調整を行いますが、微調整とはいうものの歯を少しずつ動かすことには違いありませんので、ポジショナーを装着した最初の頃は締め付けを感じることもあります。

そのため装着している期間の間は不便さを感じることも少なくないでしょう。

そのような不便さを感じてまで、どうしてポジショナーをつけるのかといえば、ブラケットを使用した治療においてワイヤーについているブラケットによって力を加えるだけではなくひねりなどの力も働くからです。

歯が本来の理想的な位置に移動したにもかかわらず、このようなひねりなどの力が加わると今度はその圧力が邪魔になってしまいます。

そのためポジショナーの様な非常に小さな力で、少しずつ無調整をするということが欠かせません。

ポジショナーはお客様の歯型を取り、そのうえで専門の技工士とともにシミュレートしながら作り上げていくことが大半です。

やはりそうしなければ、歯を微調整することができないからです。

ポジショナーを使う時には衛生面に注意しましょう

矯正装置を外した直後には歯がとても動きやすい状態になっています。

そのためポジショナーをできるだけ着け続けるようにするべきです。

食事をするときと歯磨きのとき以外はできるだけ装着するようにするとより歯を理想的な状態で固定できます。

矯正器具を外した後3日間はできるだけ常に着けておくようにし、その後1週間は8時間、といったように少しずつポジショナーを使用する時間が短くなっていきます。

面倒に感じるかもしれませんが、理想的な噛み合わせを手に入れるためには我慢も必要です。

ここで注意すべきは、脱着をするため衛生面において不衛生になりやすいということです。

例えば食後に再度ポジショナーを口にはめる場合には、ブラッシングで食べかすなどを除去してから装着してください。

歯が汚れている状態でポジショナーを装着すると、唾液が循環しにくくなり虫歯のリスクが非常に高くなってしまいます。

せっかく矯正器具とポジショナーによって理想的な噛み合わせが手に入る、というときに虫歯だらけになってしまうと意味がありません。

(まとめ)歯科矯正でポジショナーを使う意味や効果とは?

1.ポジショナーを使うことで嚙み合わせを安定させ歯科矯正の効果を高めます

歯科矯正は歯並びと噛み合わせを調整することができますが、同時にポジショナーを使用して微調整をしなければ本当に理想的な噛み合わせにすることはできません。

ポジショナーを使用すると、より安定した噛み合わせになります。

2.ポジショナーは歯科矯正のサポート役です

矯正器具を使用して矯正を行いますが、矯正器具が外れたらそれで治療が終了なのかといえば、そうではありません。

矯正器具を使用して歯を動かしたら、ポジショナーを使用してしっかりと歯の動きを微調整する必要があります。

3.ポジショナーは医師と一緒に作り上げていくべきといえます

ポジショナーは柔らかい柔軟性の高いゴムで作られています。

ポジショナーを装着して最初は締め付け感を感じることがありますが、ポジショナーを使用しなければ歯の位置を微調整できないので、技工士と細部までチェックしながら作り上げる必要があります。

4.ポジショナーを使う時には衛生面に注意しましょう

ポジショナーを使用する場合には、歯の汚れをしっかりと取り除いたり、脱着をするときに衛生面に配慮したりする必要があります。

歯が汚れている状態でポジショナーを装着すると、虫歯のリスクが高くなってしまいます。

2469
Return Top