矯正歯科でリテーナー費用はどのくらいかかる?

矯正歯科におけるリテーナー費用はそれぞれ違います


矯正歯科において使用するリテーナーの費用ですが、それぞれのクリニックによって全く異なります。

というのも、矯正歯科というのは基本的には自由診療になりますので、リテーナーにかかわらず、全てそれぞれのクリニックが費用を設定して良いのです。

その費用には大きな差がありますので、施術を受ける前に必ず料金を確認しておいてください。

リテーナーは施術の後退を防ぐうえで欠かせません

長い期間をかけて矯正を行い、やっと矯正器具を外すことができたと思ったら、今度はリテーナーを渡されてしまった、とがっかりしてしまう人も多いと思います。

矯正において欠かすことができないリテーナーですが、矯正の施術が終わってすぐは歯がまだまだ動きやすい状態になっているので、それを固定するためには必要なものです。

歯の安定はもちろん、保持といったものを目的として行われます。

リテーナーを使用しない場合、矯正における施術期間は非常に長くなってしまうと言われています。

リテーナーは施術における後戻りを防ぐためのものであり、リテーナーを使用しないのであれば、まだまだ矯正器具を装着しておかなければならないのです。

矯正器具は歯を大きく動かす働きがありますが、リテーナーの場合には歯を大きく動かすのではなく調整をする役割もしています。

そのため噛み合わせなどを整える上でも効果的とされており、非常に重要な役割を担っているのです。

リテーナーは、使用することで矯正による効果をさらに高めることができるものだと言えます。

リテーナーが痛い場合にはすぐに医師に相談をしましょう


リテーナーが歯茎に当たっていたり、しっかりとフィットしていなかったりする場合、痛みを感じることがあります。

本来はリテーナーというのは、痛みがほとんどない器具なので、使用することによって違和感を抱いたり、痛みを感じたりした場合には、できるだけ早く医師に相談するようにしましょう。

痛みが出ているにもかかわらず、そのまま我慢をしているのは非常に苦痛ですし、舌などに常に同じ刺激が与え続けられると、口内炎などの炎症を引き起こしやすくなってしまいます。

ですが、だからといって何日も外してしまうと、歯の位置を固定することができなくなってしまい、矯正の効果が薄れてしまうでしょう。

痛みが出ているからといって、数日間リテーナーを外していると、歯がすでに動いてしまっていることもあります。

動いているという事はリテーナーのサイズや位置といったものがずれている可能性がありますので、あまりにもサイズが合わない場合はリテーナーを最初から作り直さなければならないこともあります。

リテーナーが痛い場合にはすぐにでも然るべき専門家に相談をして、調整や対処してもらう必要があります。

リテーナーのメンテナンスを忘れずにしましょう

基本的に食事中にはリテーナーを取り外します。

リテーナーは非常に繊細な作りなので、強い力が加わると曲がってしまうことがあります。

さらに、リテーナーが破損してしまい口の中を傷つけてしまうことなどもありますので、食事前にはリテーナーを外すようにしましょう。

リテーナーの洗浄は歯磨きをする際に一緒に行います。

柔らかい歯ブラシなどを使用して汚れを落とした上で、専用の洗浄剤でお手入れをしてください。

これを怠ると細菌が増殖してしまうことに繋がり、歯周病の発症リスクなどを高めてしまいます。

また、場合によっては細菌が増殖することによって、口臭の原因になることもあります。

歯に歯垢が付着するのと同じように、リテーナーにも歯垢が大量に付着してしまうようになりますので注意が必要です。

リテーナーの手入れの方法はその種類によって全く違ってきますので、リテーナーを装着してくれたクリニックで確認をするようにしましょう。

リテーナーの費用は、クリニックによって違いますが、安いものではありませんので良い状態を維持できるよう、お手入れを極力欠かさないようにしてください。

(まとめ)矯正歯科でリテーナー費用はどのくらいかかる?

1.矯正歯科におけるリテーナー費用はそれぞれ違います

リテーナーにかかる費用は、クリニックによって全く違います。

自由診療であることを理解したうえで、そのクリニックにおけるリテーナーの費用について確認しておくようにしてください。

2.リテーナーは施術の後退を防ぐうえで欠かせません

リテーナーを使用することによって、矯正における施術の後退を防ぐことができます。

また矯正器具は歯を細かく動かすことができますので、歯の位置を微調整するというえでも欠かせません。

3.リテーナーが痛い場合にはすぐに医師に相談をしましょう

リテーナーのサイズが合っていない場合、違和感を抱いたり、痛みを感じたりすることがあります。

そのまま放置していると非常に強い違和感を抱くようになりますし、だからといって外してしまっていると歯がまたずれてしまうことがあります。

4.リテーナーのメンテナンスを忘れずにしましょう

リテーナーを大切に扱うためにも、食事中は極力取り外すよう心がけましょう。

また、歯磨きをする際に必ず洗浄するなど、毎日のお手入れも欠かせません。

メンテナンスを怠ってしまうと、歯周病の原因になることもありますので十分に注意してください。

2980
Return Top