歯科矯正で乱杭歯は治せるの?

乱杭歯は歯科矯正で改善を期待できます


乱杭歯は歯が曲がっていたり重なっているような悪い歯並びのことを言います。

原因はいくつかあり、歯が大きい、顎のバランスが悪いなどあります。

歯磨きがしにくく虫歯になりやすいなどのことがありますが、乱杭歯は歯科矯正によって改善し、歯並びを良くすることができます。

乱杭歯は歯並びの悪い歯のことです

乱杭歯は「らんぐいば」と読み、ガチャ歯や叢生などとも呼ばれており、歯がずれて生えていたり、重なっていたり、曲がって生えているなどの、歯並びが悪い状態を言います。

顎が小さく十分に歯がまっすぐ生えるスペースがない、顎と歯のバランスが悪い、歯が大きいなどのことが原因で歯並びが極端に悪くなります。

乱杭歯の一種として八重歯もありますが、このような歯が可愛いと思われるのは学生までの間であり、社会人となると綺麗な歯並びの方が見た目も良く、他人からの印象も良くなります。

顎や歯が原因でこのような歯並びになることもありますが、また永久歯が生えてくるタイミングでも、乱杭歯になるようなこともあります。

やはり歯の大きさが揃っておらずバランスが悪いなどのことで乱杭歯になりますが、歯並びが酷い人のケースでは、歯が重なって生えているようなこともあり、審美的にも機能的にも良くありません。

残念ながら自然に改善していくようなものではありませんので、やはり歯科矯正を行なって改善するのが一番です。

歯科矯正の方法としてもいくつもありますので、ご自身にあった方法を歯科医師の方と良く相談して決めると良いでしょう。

歯科矯正によって乱杭歯は、綺麗な歯並びにすることが可能です。

乱杭歯は虫歯になりやすいです


乱杭歯はまず見た目のイメージが悪いということがあり、他人からの印象は悪いということが多いです。

やはり綺麗な歯並びだとイメージも良くなりますが、歯並びが悪いと話したり笑ったりした際に、歯が見えてしまいますので、他人に悪い歯並びを見られます。

これは虫歯が無く綺麗な歯でも、乱杭歯だと印象は悪いです。

そして乱杭歯では、虫歯や歯周病になりやすいといこともあります。

歯が曲がっていたり重なっていたりしますので、どうしても歯と歯は段差が出来てしまい、また境目が深くなったりと、凹凸が大きく出来ます。

このために、歯ブラシを使ったとしても、なかなか歯の間まで毛先が届かないこともあり、虫歯になりやすいです。

歯磨きしても、口の中の細菌を綺麗に除去できないと歯周病のリスクも高まります。

若い頃は、抵抗力があり歯周病にもなりにくいですが、これが30歳を超えてくると徐々に抵抗力が落ちて、口の中を汚くしておくと虫歯のみならず、歯周病のリスクも高まります。

もしも虫歯になったとして、施術を行なうにしても、乱杭歯だと施術が難しくなります。

詰め物や被せ物を歯並びの悪い歯に合わせて作る、ブリッジなどの同じように作りにくくなり、施術が難しいとなると抜歯しないとなりません。

歯科矯正で乱杭歯の改善が期待できます

乱杭歯を改善するならば、歯科矯正という方法があり、それにはいくつか行い方があります。

セラミック矯正

自分の歯を削り、その上にセラミックの歯を被せる方法です。

痛みが少なく、短期間で矯正が完了するのがメリットです。

治療にかかる回数は4~5回程度で、期間も1~3ヶ月程度で済みます。

職業柄、ワイヤー矯正の装置を付けたくない方や、頻繁に治療に通えない方などに適しています。

また、歯の色や形を変えられるため、元の歯が虫歯などでボロボロになってしまっている方や、色を白く美しくして、より審美性を求める方にも良いでしょう。

ブラケット矯正

歯1本1本にブラケットを装着し、ワイヤーで固定して歯を徐々に動かしていきます。

前歯のみならず奥歯も改善が可能であり、もっとも乱杭歯を綺麗にするときに使われる方法です。

矯正期間は2年程度であり、費用はおおよそ80万円となります。

金属のブラケットは目立ちやすいですが、最近は白や透明など、目立ちにくいブラケットもあります。

マウスピース矯正

マウスピースを装着して、それにより歯を動かして歯並びを改善します。

ただ乱杭歯の場合は歯のずれが大きいと適しておらず、どうしてもこの方法を使いたいという場合は、半年ほど最初にブラケット矯正をして、歯をある程度整えてから行ないます。

費用は60万円から80万円ほどになります。

(まとめ)歯科矯正で乱杭歯は治せるの?

1.乱杭歯は歯科矯正で改善を期待できます

乱杭歯は歯が曲がっていたり重なっているような歯並びのことです。

歯並びが悪いので歯磨きがしにくいなどありますが、これを歯科矯正によって改善し、歯並びを良くすることは可能です。

2.乱杭歯は歯並びの悪い歯のことです

乱杭歯は、歯が曲がって生えていたり重なっているなどの、歯並びが悪い状態を言います。

顎が小さい、歯が大きいなどのバランスが悪いとなりやすく、歯科矯正で改善可能です。

3.乱杭歯は虫歯になりやすいです

乱杭歯は見た目が悪いという事以外にも、虫歯や歯周病になりやすいということもあります。

さらには、もしも虫歯や歯周病で施術をする場合、施術が難しいとなると抜歯しないといけないのです。

4.歯科矯正で乱杭歯の改善が期待できます

乱杭歯改善のための歯科矯正を行なうなら、ブラケット矯正が一般的です。

前歯だけ装着する方法や、裏側に装着する方法があります。

さらにはマウスピースを使用した矯正方法もあります。

5033
Return Top