噛み合わせのズレは矯正歯科で改善できるの?

矯正歯科ではセラミック矯正など噛み合わせを改善する施術があります


噛み合わせが合わないと、体や口の中の健康に悪影響を及ぼします。

矯正歯科では乱れた歯並びを正すために、セラミック矯正などの様々な矯正施術が行われています。

歯列を整えることで、ズレていた噛み合わせを正しい位置に改善できるとされています。

元からの歯並びの乱れや奥歯の虫歯の処置など噛み合わせのズレには原因があります

噛み合わせが悪くなる原因としては、元々歯並びが悪くて加齢と共に筋肉の柔軟性がなくなってきて、噛み合わせが徐々にずれてくることが挙げられます。

更に、抜歯により隣り合う歯を失うことで、周囲の歯が動いてズレてしまうのも噛み合わせが悪くなる要因と考えられます。

また、虫歯などの処置により銀歯を入れたり、被せ物をすることで従来の歯と違和感が生じやすくなり、すり減り方なども違うため徐々に噛み合わせがズレてしまうこともあります。

そして、無意識の歯ぎしりが癖になっていると、知らないうちに歯が摩耗して中には神経が突出してしまうほど歯がすり減っている場合もあり、そうなると噛み合わせが悪くなります。

更に、奥歯を入れ歯にしている人だと、奥歯にはかなり大きな力が加わるので入れ歯が柔らかい歯茎に埋もれていき、徐々に噛み合わせが合わなくなってくることも多々あります。

他にも、骨や顎関節などの病気により顎が変形してくると、それに伴い噛み合わせもずれてしまう場合があります。

噛み合わせのズレは口腔内や体の健康に影響を及ぼすリスクがあります


噛み合わせが悪いと、口の中や体に色々な弊害が生じる可能性があります。

まず、口の中の食べかすなどの汚れは食べ物を噛んだり、歯同士がぶつかって落ちるとされていますが、噛み合わせが悪いと歯同士が当たらず、汚れが溜まって虫歯になりやすい傾向にあります。

更に、噛み合わせのズレは物を噛む際に、ダイレクトに歯茎に力が伝わらないので、歯が揺さぶられてかなりの圧力がかかり、歯周病になるリスクが高まります。

また、噛む際に使う筋肉は、顎から側頭部にかけて、首から肩にかけてつながっているので噛み合わせが悪いことで、筋肉にかかる負荷のバランスが偏り、肩こりや頭痛、首の凝りなどに悩まされやすくなります。

そして噛み合わせがずれていると、顔の左右の咀嚼筋などにかかる力に偏りが出てくるので、筋肉の厚みに差が生じ、顔や顎が歪んでしまうリスクも高いとされています。

他にも、噛み合わせがズレていると知らないうちにストレスがかかり、気持ちが不安定になって自律神経失調症を発症する確率も高まるといわれています。

噛み合わせのズレを正すには短期間でできるセラミック矯正が主流になりつつあります

矯正歯科では噛み合わせを改善するための施術というと、ワイヤーで歯を引っ張るなどして固定し、歯列を正すブラケット矯正が一般的でした。

ブラケット矯正は終了までに平均して2、3年程かかるとされており、その間矯正器具を装着したままなので、食事の際に噛みにくかったり、歯磨きが行き届かないので食べかすが詰まりやすく虫歯や歯周病になる確率が高いとされていました。

最近では、自分の歯を削って土台とし、セラミック製の人工歯を被せて行うセラミック矯正に注目されており、短いと2ヶ月余りで施術が終了できるとされています。

更に、人工歯も色や形などを元からある自分の歯に合わせてカスタマイズすることも可能であるため、より審美性に優れた歯並び、噛み合わせが実現できるというメリットがあります。

施術中は仮歯を入れるので、矯正器具を装着しないため食事や歯磨きなどへも影響がなく、見た目もキレイなので心理的な負担も軽いとされています。

セラミックは耐久性にも優れており、丈夫なので噛み合わせですぐにすり減るということもないとされているため、施術後は噛み合わせもぴったり合って、日常生活も快適に過ごせると言われています。

(まとめ)噛み合わせのズレは矯正歯科で改善できるの?

1.矯正歯科ではセラミック矯正など噛み合わせを改善する施術があります

矯正歯科では、歯並びをキレイに整えるためのセラミック矯正などの様々な矯正施術を行っています。

矯正施術により歯並びが整えば、噛み合わせのズレも改善できるとされています。

2.元からの歯並びの乱れや奥歯の虫歯の処置など噛み合わせのズレには原因があります

生まれつきの歯並びの乱れや、抜歯による周囲の歯の移動など噛み合わせのズレには原因があります。

更に、虫歯の処置による詰め物の摩耗や歯ぎしりによる歯のすり減りなども、噛み合わせが悪くなる原因とされています。

3.噛み合わせのズレは口腔内や体の健康に影響を及ぼすリスクがあります

噛み合わせが悪いと、虫歯や歯周病などのお口のトラブル発生のリスクを高めるとされています。

更に、体の筋肉にかかるバランスが崩れ、肩こりや頭痛などの体調にも悪影響を与えるとされています。

4.噛み合わせのズレを正すには短期間でできるセラミック矯正が主流になりつつあります

噛み合わせのズレを矯正するには、矯正器具を装着するブラケット矯正と、人工歯を被せるセラミック矯正などの施術があります。

短期間でできて、矯正器具を装着しないセラミック矯正は、人工歯の形や色なども選べるのでより審美性が高いとされています。

7223
Return Top