妊娠中でも歯科矯正を行うことはできる?

歯科矯正は妊娠中でも基本的には継続して行うことができます


歯科矯正中に妊娠が分かるという女性もいます。

そうなると、歯科矯正を続けても母体や胎児に影響が及ばないか心配になります。

基本的には妊娠中に歯科矯正を行っても、問題はありません。

ただし、薬剤を使う施術は避けるなど配慮は必要となります。

妊娠中の矯正は歯周病になりやすいなど口腔内の環境悪化のリスクが高まります

歯科矯正中に思いがけず妊娠が発覚することもあり得ますが、妊娠後も歯科矯正を継続させても特に問題はないとされています。

ただ、妊娠中は胎児の成長を促すなどのために、女性ホルモンの一種エストロゲンの分泌量が盛んになります。

口腔内にはこのエストロゲンを栄養分にする歯周病菌が存在するので、増殖を繰り返すため歯茎は炎症を起こして腫れたり、出血するなど口腔環境が悪化する可能性があります。

また歯科矯正で矯正器具を装着すると、ただでさえ歯磨きしづらくなるのに妊娠して歯周病菌が増えると、更に歯周病や歯肉炎を発症するリスクも高まります。

そして、妊娠初期から中期にかけては悪阻がひどいと、気分が悪くて歯磨きもこまめにできなくなる人も多く、食べかすが溜まって虫歯になる可能性も通常時より高くなると考えられます。

また、痛み止めや化膿止めなどの薬剤のうち、母体や胎児に悪影響を及ぼす可能性を考えて服用を控えたほうがよいものもあります。

そのため、口腔内環境が悪化しても改善するのが難しいというマイナス要素もあるのです。

抜歯を伴う歯列矯正は薬剤使用制限のある妊娠中は控えられます


歯科矯正中に妊娠しても、母体や胎児に影響がないという医師の判断により基本的には歯科矯正を続けることはできますが、場合によっては中止を余儀なくされることもあります。

例えば、歯並びによっては抜歯しなければ歯列が整わないケースもありますが、抜歯には強い痛みを伴うので麻酔が必要となります。

麻酔が血液中に入ることで、胎児の発育などに悪影響を及ぼす可能性もあります。

更に、抜歯を行うと歯茎に雑菌が入って炎症を起こしたり、抜歯後は痛みがつづくので化膿止めや痛み止めの服用が必要ですが、妊娠中はそれらの薬剤の投与や服用も好ましいとはいえません。

こういった理由から、抜歯を伴う歯科矯正は妊娠中は控えるのが一般的だとされています。

また、妊娠中は歯周病や虫歯になる可能性が高いとされています。

そのため悪阻がひどい場合でも、体調の良い時を見計らって歯磨きをしたり、子供用の小さめのブラシを活用したり、香りや刺激にすくない歯磨き粉を使うなどしてできる限り歯磨きをするように気を付けることが大事です。

妊娠中の歯科矯正はセラミック矯正なら体への負担も少ないでしょう

歯科矯正を行っている際に妊娠しても、抜歯などの例外を除き、医師の判断で問題ないという事ならそのまま歯科矯正を続けることはできます。

また、矯正器具を装着したままで出産を迎えることも可能です。

そもそも歯科矯正の方法には色々な種類があって、以前まで主流だったワイヤーで歯を固定して歯並びを改善するブラケット矯正だと、矯正終了までに2、3年かかるのが一般的です。

そのため、妊娠して医師の判断により途中でやめたり中止してしまうと、やり直しが必要になった場合通常より長期間かかってしまうという面倒があります。

また、器具を装着していると歯磨きしづらいので、口腔内の環境も悪化して歯周病や虫歯になりやすいという欠点もあります。

一方で、自分の歯を削って土台にし、セラミックでできた人工歯を被せるセラミック矯正の場合は、器具を装着する必要もなく、歯の状態によって違いはありますが短いと2ヶ月位で施術が終了できる場合もあります。

そのため、歯科矯正中に妊娠が分かっても出産までに施術が終わる可能性が高く、また出産後まで待ってから短期間で施術を終わらせることができるというメリットもあります。

しかも、被せる人工歯の色や形、大きさなども周りの歯に合わせて選べるうえに、審美性もかなり高いという特徴もあります。

(まとめ)妊娠中でも歯科矯正を行うことはできる?

1.歯科矯正は妊娠中でも基本的には継続して行うことができます

歯科矯正中に妊娠が分かっても、通常は問題なく継続できるとされています。

ただ、母体や胎児のことを考えて、痛み止めや麻酔が必要な施術は延期するなど、配慮すべき施術もあります。

2.妊娠中の矯正は歯周病になりやすいなど口腔内の環境悪化のリスクが高まります

妊娠中は、歯周病菌の栄養となる女性ホルモンの分泌量が増え、歯周病になるリスクが高まります。

また、悪阻などで歯磨きしづらくなるので虫歯になるなど、口腔内の環境が悪化する可能性があります。

3.抜歯を伴う歯列矯正は薬剤使用制限のある妊娠中は控えられます

妊娠中の歯科矯正は、麻酔や化膿止めの投与が必要となる抜歯を伴う施術は控えるのが一般的です。

更に、虫歯や歯周病になる可能性が高まるので、小さめのブラシを使うなどして歯磨きしやすいよう工夫することが大事です。

4.妊娠中の歯科矯正はセラミック矯正なら体への負担も少ないでしょう

歯科矯正というと、器具を装着して行うブラケット矯正が一般的でした。

ただ、妊娠中に行うことも含め、短期間で済んでしかも審美性が高く、体等への負担が軽いとされるセラミック矯正の方がメリットが多いと言えます。

13058
Return Top