歯科矯正のワイヤーって痛いの?

痛みは少ないと言われているが多少の個人差があります


歯科矯正の治療は、歯並びを良くしてくれますが実際痛みがあるのか気になるところです。

結論から言いますと、日常生活で支障を感じるような激しい痛みというのはほとんどないと考えられています。

ワイヤーを使用した歯科矯正で痛みを感じる場合は、いくつかの原因が考えられるためその点を知っておくと良いかもしれません。

痛みの原因は大きく分けて3つです

ワイヤーで歯科矯正をして、痛いと感じた時にはいくつかの原因によって引き起こされたと考えられます。

まず1つ目が、ワイヤーを装着したばかりで歯が動き始めたことによって痛いと感じるというものです。

そして2つ目が食事をする時などに、物を噛むことによって痛みを感じるパターンです。

歯の矯正中は歯に圧力がかかっているので敏感な状態になっているため、今までは何も感じなかった行動でも痛みを感じてしまうこともあります。

最後に3つ目が、口内炎や口の中が傷つくことによって感じる痛みです。

口の中は傷つきやすい部分なので、歯につけている矯正器具が当たることで口の中が傷ついてそれで痛いと感じてしまいます。

ワイヤーが口の中に当たって痛い場合には、口の中に当たらないようにカバーなどをかぶせてもらうこともできるので、ワイヤーで口の中が傷つくなどのトラブルが起こった場合にはカバーを被せてもらうなどの対策をしてみましょう。

こういったものが原因で、ワイヤーによる歯科矯正で痛みを感じることもありますが時間の経過によって治まることがほとんどだと言われているので、経過を見守ってみましょう。

痛みが強かったり、持続する場合などは病院に相談してみることをおすすめします。

痛いと感じたときの対処法もあります


ワイヤーを使った歯科矯正で、痛いと感じた時にはいくつかの対処法がありそれらをすることによって痛みが改善することもあります。

歯科矯正をしたことによって感じる痛みが気になる場合には、痛み止めを使用することもできます。

また、自分で簡単にできる対処法としては氷嚢を使用して皮膚の上から患部を冷やしたり、口の中に小氷を含んで転がすことによって口の中が冷やされて痛みを軽減するという方法もあります。

さらに、矯正装置が口の中に当たって痛い時にはワックスというアイテムがあるので、それを痛みを感じる箇所の装置の上に付けることで、痛む部分に刺激を与えるのを防いでくれるでしょう。

そして、装置を付け始めてから数日間の間は歯を動かす力などが働くため食べ物を噛むだけでもいつもと違う感じを感じてしまうこともあります。

装置になれるまでの期間は、あまり硬いものは食べないようにすると良いかもしれません。

装置に慣れていない間は、歯に力を入れることで痛いと感じることがあります。

そのため、硬いものを噛もうとするとどうしても歯に力が入ってしまいますから装置に慣れるまでは食事の内容なども気を付けてみると良いでしょう。

歯科矯正にかかる期間を理解しましょう

ワイヤーで歯科矯正を行う場合、矯正器具を歯につけることで少しずつ歯を動かしていきます。

一気に歯を動かしたい方向に動かすことは難しいので、どれくらいの期間を要するのか知っておくと安心です。

まず、どれくらい歯を動かすのかは人それぞれになりますが1ヶ月に歯が動くスピードは大体0.3ミリだと言われています。

なので、大体3ミリ動かすのにも10ヶ月程度かかると考えておいた方が良いかもしれません。

大体多くの人がワイヤーで歯科矯正を行った場合、2年から3年程度かかるというケースが多いです。

また、矯正が終わった後も歯が元の場所に戻らないためにリテーナーという保定装置の装着をしなければいけません。

この保定装置を付ける期間は大体1年以上で、矯正器具を付けていた期間と同等の期間の装着が必要だと考えられています。

長期間歯に器具を付けるのは大変に感じることもあるかもしれませんが、しっかりと器具を装着し続けることによって歯の矯正が可能になりますし、矯正された効果を保っていくことができるという点は忘れないで欲しいポイントです。

(まとめ)歯科矯正のワイヤーって痛いの?

1.痛みは少ないと言われているが多少の個人差があります

ワイヤーを使用した歯科矯正での痛みは、日常生活に支障を感じるほどの大きなものではありません。

痛みを感じる場合はいくつかの原因が考えられるため、知っておくと安心して治療が受けられるでしょう。

2.痛みの原因は大きく分けて3つです

ワイヤーの歯科矯正で痛みを感じた場合、3つの原因が考えられます。

ですが、数日で痛みが引くケースがほとんどでさほど気にするものではありません。

痛みが続いてしまうことがあれば、病院に相談をしてみましょう。

3.痛いと感じたときの対処法もあります

ワイヤーの歯科矯正で痛みを感じた場合には、原因によって痛みの対策法などもあります。

極力痛みを少なくするためにも、対策法を上手く活用して歯科矯正を進めていきましょう。

4.歯科矯正にかかる期間を理解しましょう

歯科矯正は、大体歯の位置を適切な場所に動かすのに2年から3年かかります。

また、動かした歯の位置を保つために数年間保定器具を付ける必要性があることもしっかり覚えておきましょう。

16528
Return Top