歯科矯正を行う場合にはタバコは吸っていいの?

歯科矯正中に限らずタバコは歯に悪影響を及ぼします


歯科矯正中はもちろんですが、タバコは歯に対して悪影響を様々と引き起こします。

喫煙をすることによって血行不良の状態に陥ってしまい、歯が正しい位置に改善されようとしているのを妨げてしまいます。

少しでも早く歯科矯正による効果を得たいと思っているのであれば、せめて治療中だけでも禁煙をするようにしましょう。

そうすることでより早く、確実に矯正による効果を期待することができます。

歯科矯正中にタバコを吸うことによる悪影響は様々あります

タバコを吸うということは、歯科矯正中に悪影響を与えるのはもちろん、健康的な歯さえも歯周病の原因となってしまいます。

タバコを吸っていることで、矯正に使用している装置に黄色が付着してしまうことがあります。

装置の構造は非常に複雑ですので、病院でクリーニングをするだけでは着色した色が落ちないことも少なくありません。

また装置を取り外した時に、気をつけていた部分は白いにもかかわらず、装置がついていなかった部分には黄色が付着していて歯がまだら模様になってしまうこともあります。

せっかく歯並びを綺麗にしたにもかかわらず、このような汚い色が付着していると台無しです。

矯正器具を使用する場合、歯茎などに装置を直接埋め込む場合もあります。

この場合タバコを吸っていると、矯正においてできた傷の修復が遅くなってしまうこともあります。

矯正治療によって歯並びが改善される仕組みというのは、歯に力をかけることによって歯の土台となっている骨が作り変えられるためです。

しかしタバコを吸っていると、歯の作り替えが遅くなってしまい治療の効果も低くなってしまいます。

このようにタバコを吸うということは、歯科矯正による効果に大きく悪影響を及ぼすので注意が必要です。

タバコは歯周病の大きな危険因子となります


タバコを吸っている人は、歯周病発症しやすいと言われています。

というのもタバコに含まれるニコチンには、血管の収縮を促進する働きがあります。

歯肉炎症を引き起こしている状態で本来であれば出血をしているはずが、血管の収縮によって出血が抑えられてしまい、知らないうちに症状が進行してしまっていることもあります。

また歯周病治療を行ったとしても、喫煙を続けていればその効果は全く意味がありません。

ニコチンには免疫機能の低下を引き起こす働きがあります。

そのため、歯周病菌に対しての抵抗力が低下してしまって、歯周病をさらに悪化させてしまうことがあるのです。

さらに喫煙によって、歯周病の進行が早くなってしまい、歯を失ってしまう可能性も高くなってしまいます。

またタバコを吸うと口腔内の唾液の分泌量が抑制されますので、唾液量が少なくなり、口の中が常に乾燥している状態になります。

唾液は口の中の雑菌や歯周病菌といったものを殺菌する働きを持っていますので、タバコを吸っていることによって唾液の分泌量が低下しているということは、それだけで歯周病や虫歯を発症しやすくなっているのです。

歯科矯正中だけでなく、いついかなる時でもタバコは歯の健康を維持する上で大敵となるのです。

タバコを吸うことによる影響は歯科矯正にだけ出るのではありません

タバコを吸うことによって歯肉の色が黒く変色してしまったり、舌に黄色い舌苔が付着しやすくなります。

さらに口の中だけではなく、喫煙による血行不良によってお肌の色も健康的ではなくなりシワやシミといったものが増えます。

近年では本来は高齢になってから発症するはずの歯周病によって、治療を行う若い人が増えていると言われています。

まだまだ若いにもかかわらず歯を全て失ってしまったり、様々の歯周病に悩まされているのです。

そういった人たちの大半は喫煙者であり、頻繁に歯周病の治療を受けなければならなくなるのです。

歯並びが悪いことによって虫歯や歯周病を発症しやすい、という状態を改善するために歯科矯正を受けたにもかかわらず、結局喫煙でさらなる歯周病を引き起こしやすい状態が維持されているのであれば意味がありません。

歯科矯正を受けるのであれば、やはりタバコをやめるのは必須であり、歯科矯正が完了してからも口の中を健康な状態で維持したいと思うのであれば、禁煙を続けるようにするべきです。

そうすれば本当の意味での口腔内の健康を取り戻すことができます。

(まとめ)歯科矯正を行う場合にはタバコは吸っていいの?

1.歯科矯正中に限らずタバコは歯に悪影響を及ぼします

歯科矯正を行うのであればできるだけ禁煙をしてください。

歯科矯正中にタバコを吸ってしまうと治療の効果を十分に得られなかったり、歯周病トラブルを引き起こす原因になってしまいますので注意しましょう。

2.歯科矯正中にタバコを吸うことによる悪影響は様々あります

普段はタバコを吸っているとしても、歯科矯正のときは必ず禁煙するべきです。

歯科矯正の効果を十分得られなければ、高額な費用を支払ってまで治療している意味が全くなくなってしまいます。

3.タバコは歯周病の大きな危険因子となります

歯科矯正をしている場合だけではなく、歯周病などを予防するためにもタバコを吸うのは控えるべきです。

口の健康を維持したいと思うのであれば、禁煙も頭に入れておくと良いでしょう。

4.タバコを吸うことによる影響は歯科矯正にだけ出るのではありません

タバコを吸うことで口腔内では様々な悪影響が出ています。

歯科矯正を受ける時だけではなく、口腔内の健康を手に入れたいのであれば本気でタバコをやめてみてはどうでしょうか。

5188
Return Top