矯正歯科では抜歯は必要なの?

矯正歯科では抜歯をせずに矯正することも可能といえます


歯科矯正を行なうときは、抜歯すると健康な歯を抜くことになります。

ただできれば抜歯しないで矯正したいと考える人も多く、抜歯せずとも歯科矯正を行うことは可能となっています。

その場合は、歯の一部分のみならず、全体を動かすことで、矯正する歯が動いて整うスペースを作り、歯科矯正を行なっていきます。

矯正には抜歯する施術としない施術があります

歯の矯正を考えるような人は、何らかの原因によって、歯が顎の中にぎゅうぎゅうに並んでいる状態です。

無理に並んでいるので歯の噛み合わせがずれていたり、歯がでこぼこに並んでいたりします。

歯の並ぶスペースが狭いので歯並びが良くなく、スペースを作る方法としては以下の2種類があります。

抜歯してスペースを作る

歯の並ぶスペースが狭いために無理が生じており、その中で1本の歯を抜いて、余裕のあるスペースを作るという考え方です。

通常は歯の中でも中間にある歯を抜き、手軽にスペースが確保できるので、この施術方法が主流となっています。

抜歯するとすぐにスペースが確保できるので、施術は早く終わることが多いです。

歯を抜かずにスペースを作る

歯を本来の自然な状態に並べて、それぞれの歯を動かすことで、歯並びを全体的に整えます。

狭いスペースに無理に並べるのではなく、スペースを少しずつ確保することで、健康な歯を抜かずに矯正を行ないます。

ただ抜歯して矯正をするとすぐにスペースができ、抜歯しないときはスペースを時間をかけて作っていくので、施術に時間がかかります。

抜歯しないので、歯を抜いたときの痛みに悩まされることもなく、自分の歯を残して矯正したい人におすすめです。

歯を抜かずに矯正することも可能といえます


歯科矯正を行なうときは、まずは歯並びが悪い原因は何かを探ります。

顎の骨が小さい、骨の成長に問題がある、などいろいろと原因は考えられます。

そのような原因が判明すると、次はその原因を取り除いていきます。

ポイントとなるのは、歯並びの改善と歯の後方移動です。

歯並びを本来の形に改善

まずは狭くなった状態の歯並びを改善することから始めます。

歯列を本来の骨格にそったU字型にしていき、不自然な並びのV字型から改善していきます。

その過程で那智側に倒れている歯を垂直に起こしていき、上下の歯がかみ合うようにしていきます。

そのようにして歯並びや歯の状態を改善すると、顎関節や筋肉に対しても負担が少なくなり、硬い物なども噛みやすくなります。

歯を後方に移動

そして歯を抜かない歯科矯正で重要なのが、口の奥方向に歯を移動させることです。

歯科矯正でもインプラントが登場し、奥歯も後方に移動できるようになり、抜歯せずに歯全体の矯正が可能となりました。

こうして歯科矯正を行ないますが、歯を抜かずに歯の並ぶ十分なスペースを確保しますので、どうしても抜歯するよりは手間がかかり、時間もかかりますが、患者様には負担の少ない方法です。

歯科矯正では抜歯することもあります

歯を抜かずに矯正を行なうことは可能ですが、どうしても検討して抜歯しないとならないというケースもあります。

抜歯するかどうかを決めるには、歯列の乱れの程度はどのくらいか、上下の顎のずれ具合、審美基準にあっているかどうか、などを検討していきます。

たとえば、上顎が前に突出しており、歯を後方に移動させることを検討したときに、それだけでは噛み合わせが正しい位置に戻らないと判断した場合、噛み合わせは解消されても容姿のコンプレックスが解消されない場合などがあります。

特に審美的に上顎を下げるには、抜歯した方が良いケースが多いです。

また実際に矯正時に歯を抜かずに改善できそうだと最初は考えても、施術を進めていくと抜歯が必要というケースは出てきます。

しかし逆にいうと、このようなケース以外であれば、歯を抜かずに施術して矯正していくことが可能です。

抜歯すると歯を動かしやすく矯正しやすいので、抜歯して矯正した方が良いと考えることも多いです。

しかし抜歯すると痛みが伴うのはもちろん、健康な歯を抜いてしまいますので、歯科矯正を考えるなら、まずは歯を抜かずに矯正するようにしていくと良いです。

歯科矯正の方法や器具もどんどん進歩していますので、抜歯しないといけないようなケースでも歯を抜かずに行えるようになってきています。

(まとめ)矯正歯科では抜歯は必要なの?

1.矯正歯科では抜歯をせずに矯正することも可能といえます

歯科矯正を行なうときは、通常は抜歯して行なうのが日本での主流の方法です。

しかし場合によっては、抜歯せずとも十分なスペースを作り、歯並びなどを整えることができます。

2.矯正には抜歯する施術としない施術があります

抜歯して歯科矯正するときは、抜歯したスペースを利用して施術を行ないます。

歯を抜かずに歯科矯正するときは、少しずつ時間をかけて歯を並べていき、歯並びなどを改善していきます。

3.歯を抜かずに矯正することも可能といえます

歯を抜かずに歯科矯正を行なうときは、まずは歯並びを改善し、自然なU字型にしていきます。

そしてその後に、歯を後ろに移動させることで、本来の正しい歯並びや噛み合わせにしていきます。

4.歯科矯正では抜歯することもあります

抜歯するようなケースでは、どうしても歯を動かすだけでは正常な位置に改善できない時に歯を抜きます。

また施術を行なっていく段階で、抜歯が必要と判断することもあります。

4597
Return Top