歯科矯正の器具にはどんな種類があるの?

歯科矯正の器具にはワイヤーやマウスピースなどの種類があります


歯科矯正の器具の種類は、ワイヤーやマウスピース、インプラントなどがあります。

昔から使われてきたのがワイヤーであり、歯科矯正ではもっとも一般的な器具です。

その他にもマウスピースやインプラントがあり、歯の裏に取り付ける目立たないタイプもあります。

ワイヤーは一般的に使われる器具です

昔から一般的に使われてきた歯科矯正の器具がワイヤーであり、ワイヤーにブラケットを取り付け、これによって歯を固定します。

もっとも一般的なのが金属ブラケットであり、ワイヤーに金属製のブラケットを取り付けます。

歯科矯正と聞いて多くの人がイメージする器具がこれであり、他の器具に比べて安価ですが、違和感は強く、口元を見るだけで歯科矯正していることがすぐにわかります。

どうしても金属のブラケットなので、装着すると目立ちます。

金属ブラケットの代わりに、目立たなくした白や透明のブラケットもあり、審美ブラケットと言われます。

非金属のブラケットであり、アレルギーのある人でも心配はいりません。

ただ金属ブラケットに比べると、歯科矯正の費用は少し高くなります。

金属ブラケットよりも若干強度が弱くなりますので、場合によっては割れたり外れることもあります。

このようなブラケットの器具よりも、ワイヤーとブラケットの摩擦を軽減させて、効率的に痛みを軽減させて歯科矯正出来る器具がセルフライゲーションブラケットです。

より効率的に歯が動くので、従来のブラケットよりも通院頻度を少なくできます。

ただ従来の器具よりもサイズは大きくなり、費用も若干高くなります。

ワイヤー以外の矯正器具もあります


歯科矯正というとワイヤーとブラケットを使用した方法が一般的ですが、その他にも様々な器具が存在しています。

まず、口元を見るだけでは歯科矯正をしていることがわかりにくい、裏側矯正があります。

歯の裏側に装着するブラケットであり、表には一切ブラケットは装着しませんので、周囲から口元を見られても、歯科矯正しているとは知られません。

ただ慣れるまでは違和感があったり発音がしにくいなどありますが、虫歯にはなりにくいです。

そしてブラケットを裏側と表側に部分に応じて装着するハーフリンガル矯正という方法もあります。

目立ちやすい上の歯は裏側に、目立ちにくい下の歯は表側にブラケットを付けるというような事もできます。

通常ブラケットを一度取り付けると矯正が終わるまでは外すことが出来ません。

しかしマウスピースを使用した矯正方法もあり、これなら数週間ごとに新しいマウスピースと交換し、歯を磨くときなど外すこともできます。

ただマウスピースは指定された時間は装着しないとなりませんので、ブラケットよりも不便です。

そして最近登場したのが、矯正用インプラントを使用した方法です。

アンカーとしてインプラントを歯茎に埋込み、そこを軸にしてワイヤーを通し歯を動かします。

通常の方法よりも効率的に歯を動かすことができます。

矯正器具は状況に応じて選ぶべきです

歯科矯正の器具でも、今はいろいろな種類があり、1つの器具でも改良された器具などもあり、使いやすくなっていることも多いです。

どのようにして矯正を行ないたいか、また予算とも相談し、どの器具を使うか決めるべきです。

費用を安くして矯正を行ないたいのであれば、やはり、金属ブラケットを使用するのが良いでしょう。

ただし違和感の強い方法であり、口内炎や虫歯になることもあり、治療期間も長くなります。

どうしてもブラケットを装着して矯正を行なうなら、歯磨きがしにくくなるために虫歯のリスクが高まることに注意しましょう。

自分の思い通りに器具を外したいときに外して矯正をしたいというなら、マウスピースを使うのがおすすめです。

マウスピースなら歯磨きや食事の時は外すことができ、2週間に1回程度の頻度で通院し、歯が動いてきたらその都度新しいマウスピースに変えます。

また目立たず歯科矯正を行ないたいというなら、裏側矯正がおすすめです。

この方法なら見た目はほとんど矯正しているとはわからず、歯の表側も普通に歯磨きをすることができます。

ただこの場合でも、矯正が終わるまでは裏側に取り付けたブラケットは外すことはできません。

また技術のいる矯正方法なので、行なっている歯科医院が少ないです。

(まとめ)歯科矯正の器具にはどんな種類があるの?

1.歯科矯正の器具にはワイヤーやマウスピースなどの種類があります

一般的に使われるのがワイヤーであり、これにブラケットを装着して歯を固定します。

その他にも、マウスピースや矯正用のインプラントなど、実に様々な矯正用器具があります。

2.ワイヤーは一般的に使われる器具です

一般的に使われているのが、ワイヤーとブラケットの矯正器具です。

金属のブラケットの他に透明や白のブラケットもあり、さらに摩擦を弱めたセルフライゲーションブラケットもあります。

3.ワイヤー以外の矯正器具もあります

周囲から歯科矯正をしていることを知られずにすむ方法が、裏側矯正です。

他にもマウスピースを使用した方法、さらにはインプラントを使い軸にして歯を動かす方法などもあります。

4.矯正器具は状況に応じて選ぶべきです

歯科矯正を行なうなら、費用を安くして行なう、目立たないようにして行なう、自由に取り外しして行なうなどあります。

希望や目的に応じてどの器具を使うか選ぶと良いです。

4886
Return Top