歯科矯正でインプラントは使えるの?

インプラントを使うと歯科矯正期間が短くなるといえます


歯科矯正を行なう場合には、インプラントを使用して行なうという方法もあり、これをインプラント矯正といいます。

インプラントを使うことによって、歯を効率的に動かすことができ、矯正期間を短くすることができます。

最近浸透してきた矯正方法であり、通常の歯科矯正よりもメリットも多いです。

インプラントを使って歯科矯正ができます

歯科矯正を行なう場合にインプラントを使用するときは、何も大がかりな器具などを使用することはありません。

小さなインプラントを使い、矯正を効果的に行ないます。

特に抜歯をしなければ矯正が出来ないような場合でも、抜歯をせずに矯正をすることができ、施術期間を短くして、違和感も少なく行えます。

矯正用のインプラントは、一般的な歯科用インプラントとは違い、長期間使うものではなく、噛むために作られたものでもありません。

長さは1cm程度であり、自然に矯正期間中でも抜けてしまうことがありますが、その場合は再度インプラントを入れます。

通常の歯科矯正では一方向からしか動かせないということがありましたが、インプラントでは3次元的に上下左右と動かすことが出来ます。

ただインプラントを使用したとしてもワイヤーでの歯を固定はしますが、約半年間で矯正は完了し、ワイヤー矯正よりも大幅に期間が短くなります。

施術を行なうときは、まずは麻酔をしてインプラントを埋込み、そのインプラントを軸として歯を支えてワイヤーを固定します。

インプラントとワイヤーをどのように固定するかによって、歯を上下や左右、前後や斜めなどと矯正したい方向に動かせるのです。

インプラントを使うと矯正期間を短くできるといえます


インプラントを使用することで、今までの歯科矯正よりも短い期間で行えるのは、これは歯を動かしたい位置に効果的に動かすことが出来るからです。

さらには抜歯しないといけないような方でも、抜歯せずに行えますので、自分の歯を失わずに済みます。

特に前歯1本だけ動かしたいなど、一部分だけを矯正したいというときには効果的であり、通常の歯科矯正だとそのような場合でも、多くの歯に矯正器具を取り付ける必要がありました。

しかしインプラントを使うと、動かしたい歯にだけ矯正器具を取り付けるので、違和感も少なくして行なうことができ、自然に近い矯正方法なのです。

通常の矯正器具だと、歯を引っ張り合いながら器具を取り付けるので、違和感が多く話しにくくなり、虫歯になりやすいということもありました。

しかしインプラントだと、矯正器具をシンプルにすることができ、ブラケットを装着する期間を短くして、歯磨きもしやすくなるので、虫歯になるリスクも減らせます。

矯正期間が半年ほどと短いので、虫歯になっても、それほど進行せずに、矯正後にすぐに虫歯の施術も行なえます。

通常の矯正器具を使う方法よりも、矯正期間が短くなり、患者様にとっても違和感を少なくして行えます。

矯正用インプラントは長くは使えません

歯科矯正用のインプラントは、食べ物を噛んだりするためには作られていませんので、矯正で使用すると自然と抜けてしまうことがあります。

また、強い力がかかると折れてしまうようなこともあり、折れたり抜けたりした場合は、再度新しいインプラントを取り付けることになります。

どのような場合にしても、インプラントを取り付けるときは歯茎に埋込みますので、麻酔をしてから埋込みます。

施術自体はそれほど時間はかかりませんが、麻酔が切れると痛みが発生することもあり、痛み止めを使った方が良いです。

そして矯正が終われば、埋込んだインプラントは取り出しますので、このときも麻酔をして行ないます。

気をつけなければいけないのは、インプラントによって、歯の根が当たり傷つけてしまうことがあるのです。

歯の移動距離を予想して、余裕を持たせてインプラントを取り付けるようにしないとなりません。

ただインプラントでの歯科矯正は、出っ歯になっており歯が前に飛び出している、ガミースマイルになっており笑うと口元が気になる、などの場合も行える矯正方法です。

もちろん一般的な歯科矯正でも対応できますが、インプラントを使用した方が短い期間で違和感が少なく行えます。

(まとめ)歯科矯正でインプラントは使えるの?

1.インプラントを使うと歯科矯正期間が短くなるといえます

インプラントを使用して歯科矯正を行なうと、通常の矯正よりも短い期間で完了できるといえます。

歯を効率的に動かして矯正するため、傾いて歯並びが酷いような場合にも使える方法です。

2.インプラントを使って歯科矯正ができます

インプラントを使用した歯科矯正では、通常の矯正よりも期間が短く、半年ほどで完了します。

抜歯しなければいけないような方でも抜歯せずに行なうことができ、左右上下など好きな方向に歯を動かせます。

3.インプラントを使うと矯正期間を短くできるといえます

インプラントを使用する歯科矯正は、やはり、その期間が短くなると言うのが一番のメリットです。

しかも違和感も少なくして行えますので、患者様にも負担少なく行えます。

4.矯正用インプラントは長くは使えません

インプラントは自然と抜け落ちたり、強い力で折れたりすることがあります。

そのような場合は、再度麻酔をして、取れてしまったところに新しいインプラントを取り付けます。

1147
Return Top